05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

ピンネシリ ~砂金沢ルート~ 

2013年6月30日 ピンネシリ 1,100m 砂金沢ルート
 <北海道100名山>

ちょうど林道の開通に合わせて山行をしました。
今回は15人の団体登山で山頂でランチ会を行います!
ピクニック的ににのんびりいきます!
登山口は仮設トイレも設置されています。
DSCN6966.jpg

今日は大晴天で気温も高く暑い~!
よく整備された登山道。
DSCN6975_20130702095729.jpg

約1時間弱で管理道路との交差地点です。
DSCN6986.jpg

たくさんの花も楽しませてくれます!(^_^ )
ちょうどタケの子時期で登山道両サイドにニョキニョキ。
ザックのサイドポケットがいっぱいに人も~
DSCN6999.jpg

マチネシリとの分岐です
一気に眺望が広がります!
DSCN7035.jpg

花畑ひろがります!
なんの花かわからない自分が情けない~!(T T)
お花の勉強もしなくてはダメですね!
DSCN7040.jpg

目指すピンネシリへの道が綺麗に確認できます!
最後急登りが辛いところ・・・。
DSCN7039.jpg

みんなで山頂ランチ。ジンギスカンとノンアルコールビールでかんぱーい(笑)
気象用レーダードームがそびえる山頂です!
DSCN7088.jpg

冷やし中華作るPキオさん。
いつもとおりグルメです~!
DSCN7089.jpg

暑寒はもちろん、大雪、十勝岳連邦、夕張山地も一望の大パノラマ~
DSCN7098.jpg

<登山データ>
日時:2013年6月30日
装備:日帰装備
時間:登り3時間29分 下り2時間54分
人数:15人 

pine20130630_convert_20130702001325.jpg

平面距離  14.2km
沿面距離  14.9km
総移動時間 07:48:51

最高標高 1100m
最低標高 264m

累計標高(+) 1744m
累計標高(-) 1738m

平均速度 1.8km/h
最高速度 11.5km/h
スポンサーサイト

[edit]

新十津川温泉 

2013年6月30日 新十津川温泉

ピンネシリ登山後立ち寄り。露天風呂がないのが残念!
shinntotsukawa.jpg

温泉データ>

場所 北海道樺戸郡新十津川町総進189-1
料金 日帰り 500円
方法 ろか循環
泉質 単純温泉(アルカリ性単純温泉) 
加温 あり
殺菌 あり

勝手評価>

泉質     ★★
雰囲気    ★★
お気に入り度 ★★

[edit]

岬の湯 しゃこたん 

2013年6月29日 岬の湯 しゃこたん

ロケーションと眺望は一級品!夕日が沈む露天風呂は最高の一言!
misaki.jpg

温泉データ>

場所 北海道積丹郡積丹町野塚町212-1
料金 日帰り 600円
方法 ろ過循環
泉質 塩化物泉 
加温 あり
殺菌 あり

勝手評価>

泉質     ★★
雰囲気    ★★★
お気に入り度 ★★★

[edit]

忠別岳~五色岳(忠別岳避難小屋泊) 

2013年6月22・23日 忠別岳 1,962.8m 五色岳 1868m
 <北海道100名山>

6月の限られた時期しか使えない三笠新道から忠別岳、五色岳をめざして忠別岳避難小屋で宴会です!
まずは大雪高原温泉がスタートです!天気予報に反してガスがかかり心配です!
DSCN6321.jpg

ヒグマ情報センターで沼巡りルートの注意点を確認します!
もうヒグマが活動しはじめているようです!
ここは厳しく制限されていて朝7時以降でなければ入山できません。
DSCN6344.jpg

入山してすぐに残雪がでてきます!
ほんと今年は雪解けがおそいようです!
DSCN6352.jpg

雪の合間から遅い春の息吹が・・・。
DSCN6367.jpg

ヤンベ温泉の渡渉ポイント。2日前日に橋が設置されたそうです。
分岐から右回りコースで三笠新道を目指します
DSCN6372.jpg

雪解けで沢がかなり増水してます!
GPSのログはかなり誤差が生じてます。
DSCN6400.jpg

空沼手前から雪を埋め尽くされた沢を詰めます。
DSCN6410.jpg

稜線方面はガスで視界不良です。
結構急斜面です。
DSCN6412.jpg

高根ヶ原分岐へは少々ハイマツ地獄があります。
ほぼ使われていないルートなんで想定済みですが・・・。(笑)
DSCN6429.jpg

高根ヶ原は沢山の花がお迎えしてくれました。が、霧雨とガスで見通しはあまりないです
浸水した登山道。雪上を歩くか所が結構あります。
DSCN6475_20130623215527.jpg

雪で埋もれた忠別沼
DSCN6510.jpg

忠別岳山頂。なんも見えねぇ~(T T)
DSCN6533.jpg

今日は五色岳へは取りやめ避難小屋に直接向かいます。
分岐からすぐさま大雪渓です。巨大なクレパスが口をあけています。あぶね~!
結構巻かなくては小屋にいけません。
DSCN6561.jpg

小屋到着。事前情報の屋根の破損など修理されていて寝るには全く問題ないです。
窓からの吹き込みのあとはありますが快適です!
DSCN6563_20130623215714.jpg

さ、明日の晴れを祈って宴会の開始です!勿論貸状態切です。
21時ころには寝おちます~!(^_^ )
DSCN6578.jpg

夜中1時にトイレに起きる。視界がなく霧雨。こりゃ明日はゆっくり起きてそのまま帰るか・・・・
しかし早朝!メンバーの「超晴れてる!」で飛び起きる!すかさず外に飛び出すと大晴天!
忠別岳バッチリ
DSCN6586_20130623215826.jpg

名残惜しいが小屋を後に。一気に気合いがはいり五色岳に向かいます。
DSCN6631.jpg

例のクレパス。こんなの初めて見たなぁ~。
DSCN6637.jpg

ハイマツの海を泳きます!
DSCN6690.jpg

絶景の五色岳本ピーク


沼の原遠望。
DSCN6708.jpg

しばらく大絶景に見とれて今度は晴れの忠別岳を目指します!
DSCN6740.jpg

ニペ、トム、旭、オプなど主要な山たちが全て丸見えです!


高根ヶ原。遠くに白雲岳
DSCN6804.jpg

稜線から空沼
途中よくブログを拝見させていただいている尾身さんと始めてお会いする。
DSCN6865.jpg

なんと三笠新道オール尻滑り(笑)超ロングコース!
2日目は天候に恵まれ最高の山行になった。
DSCN6898.jpg

<登山データ>
日時:2013年6月22・23日
装備:小屋泊縦走装備
時間:22日 6時間44分(写真・休憩含む)
   657登山口→719ヤンベ温泉分岐→931高根ヶ原分岐→1013平が岳横→1135忠別沼→1240忠別岳→1331避難小屋分岐→1341忠別岳避難小屋

   23日 6時間53分(写真・休憩含む)
549忠別岳避難小屋→604避難小屋分岐→652五色岳山頂→851忠別岳903→948忠別沼→1127高根が原分岐→1246登山口  
人数:5人 
 
22日
cyuubetsu20130622_convert_20130623183730.jpg
平面距離  12.1km
沿面距離  12.8km
総移動時間 06:44:53

最高標高 1975m
最低標高 1193m

累計標高(+) 1737m
累計標高(-) 1308m

平均速度 1.8km/h
最高速度 6.4km/h

23日
cyuubetsu20130623_convert_20130623183808.jpg
平面距離  15.3km
沿面距離  16.0km
総移動時間 07:13:22

最高標高 1968m
最低標高 1224m

累計標高(+) 1578m
累計標高(-) 1990m

平均速度 2.1km/h
最高速度 25.1km/h

[edit]

大雪高原温泉 

2013年6月23日 大雪高原温泉

忠別岳下山後に立ち寄り。
登山のベースキャンプに最適な場所。
露天風呂も大自然を味わえる贅沢な温泉
DSCN6320.jpg

奥にはこんな温泉も自噴してます
DSCN6341.jpg

温泉データ>

場所 北海道上川郡上川町
料金 日帰り 700円
方法 源泉かけ流し
泉質 単純酸性泉 
加温 なし
殺菌 なし

勝手評価>

泉質     ★★★★★
雰囲気    ★★★★★
お気に入り度 ★★★★★

[edit]

オンネトー(雌阿寒)温泉 京福 

2013年6月16日 オンネトー(雌阿寒)温泉 京福

道東の名湯といえばここな有名ですね~!
やっと行くことができました。施設云々ではなく泉質です!
シャワーもない殺風景な浴場がまたいいです!(^_^ )
keifuku201306.jpg

濃い泉質は目にしみます。。(笑)
露天はかなり広いです。簡単な仕切りで男女が分かれています!
温度はちょっとぬるめで長湯にはいいですね~!
keifuku2201306.jpg

温泉データ>

場所 足寄郡足寄町茂足寄162-1
料金 日帰り 300円
方法 源泉かけ流し
泉質 含食塩-石膏硫化水素泉 
加温 なし
殺菌 なし

勝手評価>

泉質     ★★★★★
雰囲気    ★★★★★
お気に入り度 ★★★★★

[edit]

西別岳~摩周岳(カムイヌプリ) 

2013年6月16日 西別岳~摩周岳(カムイヌプリ)

前日夕方に登山口前の西別小屋に到着して宿泊しました。
ほんと地元の管理者の方には頭が下がります!よく整備されていて北海道でもトップクラスの山小屋だと思います!
DSCN5977.jpg

小屋でお会いした方達と一緒にジンギスカンや焼き肉を食べて宴会です!(笑)
いろいろ山の話で盛り上がりました!ありがとうございます!
夜の星は見たことがないくらい綺麗でした!(写真に写らないのが残念)
DSCN5988.jpg

さ、16日朝5時入山です!
恐ろしく晴れです!今日は期待できます!
DSCN6002.jpg

登山道も広くよく整備されています!
DSCN6009.jpg

笹がしっかり広く狩られていて管理者の方の苦労がうかがわれます!ほんとありがとうございます!
DSCN6023.jpg

見渡す限り笹の絨毯!
DSCN6031.jpg

雲海も出て神秘的です!
国後島は見えないな・・。
DSCN6046.jpg

リスケ山との分岐
DSCN6074.jpg

リスケ山。山頂おびただしい数の虫が飛び回っています!
写真をとって早々に撤退です!
DSCN6079.jpg

西別岳への尾根上からは常に摩周岳、摩周湖がみえています
DSCN6108.jpg

西別岳山頂。ここはほんとヤバカッタ!景色は最高だが・・・・
ブヨ、蚊がハンパない!止まると一気に大量の虫の襲撃が!
ほとんど止まらず次へ・・・。
DSCN6124.jpg

途中の叉牛別岳。初めて聞く名前。。(笑)
DSCN6138.jpg

展望台コースとの分岐地点
摩周岳へは見た目より距離があります。登山道は尾根づたいにかなり巻いていくので。
DSCN6156.jpg

摩周岳の絶壁が近くなってきました
DSCN6175.jpg

岩頭の上に天空に立つ山頂標識!
空と湖面のブルーが素敵だな。
虫はいたがそんなことは忘れ暫く景色を堪能!
DSCN6197.jpg

摩周岳山頂


切り立っているのでとにかく眺望がいい!
斜里岳もバッチリ!
DSCN6201.jpg

雄阿寒岳遠望!
湖南側はガスで埋まってます!
DSCN6208.jpg

北側は・・・・。外輪山が湖面に鏡のように映っています!
こんな綺麗な湖面は見たことがないです。。
DSCN6213.jpg

あり得ないほど綺麗な湖面


歩いてきた西別岳方面
晴天も手伝ってことし一番の眺望だったかも・・・・。
しかし、下山後すごいことに・・・・。
相方は体中100か所以上ブヨや蚊に刺され翌日病院送りに・・・。
入山されるかた虫対策はしっかりと~!(笑)
DSCN6216.jpg

<登山データ>
日時:2013年6月16日
装備:日帰り装備
時間:登り2時間49分 下り2時間12分(写真・休憩含む)
452登山口→552リスケ山分岐→554リスケ山559→621西別岳→629叉牛別岳→704展望台分岐→741摩周岳山頂806→1018登山口
人数:2人

nishibetsu20130616_convert_20130616215924.jpg

平面距離  14.8km
沿面距離  15.5km
総移動時間 05:27:42

最高標高 871m
最低標高 330m

累計標高(+) 1729m
累計標高(-) 1756m

平均速度 2.7km/h
最高速度 9.1km/h

[edit]

養老牛温泉 湯宿だいいち 

2013年6月15日 養老牛温泉 湯宿だいいち

温泉好きには知らない人がいない道東の隠れ家的温泉。
歴史を感じる施設に最高のおもてなし。
とてもいい温泉施設です。
daiichi201306.jpg

浴場も自然の木材を利用した空間です
そしてなんといっても露天風呂は圧巻です!
daiichi2201306.jpg

7つの湯船があり広々とした空間を裸で歩きまわります。川と目線が同レベルの開放的ものも。
天然の大木をくり抜いた湯船も気持がいいです!
daiichi3201306.jpg

温泉データ>

場所 北海道標津郡中標津町字養老牛518
料金 日帰り 600円
方法 源泉かけ流し
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化 物 - 硫酸塩泉 
加温 なし
殺菌 なし

勝手評価>

泉質     ★★★★★
雰囲気    ★★★★★
お気に入り度 ★★★★★

[edit]

養老牛温泉 からまつの湯(野湯) 

2013年6月15日 養老牛温泉 からまつの湯(野湯)

道東の秘湯!カラマツの湯に行ってきました。
川沿いにひっそりと湧き出る自然味あふれる素敵な野湯です。
karamatsu201306.jpg

脱衣所もあり女子でも安心です
karamatsu2201306.jpg

この日は貸切で時間を忘れるまでほっこりしてきました
karamatsu3201306.jpg


温泉データ>

場所 北海道標津郡中標津町養老牛
料金 無料
方法 源泉かけ流し
泉質 不明 
加温 なし
殺菌 なし

勝手評価>

泉質     ★★★★★
雰囲気    ★★★★★
お気に入り度 ★★★★

[edit]

富士山(富士宮口) 

2013年6月9日 富士山(富士宮口) 3776M

当初富士山にはあまり興味がなったが、世界遺産への登録と来年からの有料化、弾丸ツアーの制限の検討などなど・・・今年中に登らないとさらに渋滞や制約の多い山になってしまうのでは・・・と10日前に突然行きたくなる。(笑)今はやりのLCCで土日を利用して行ってきました。札幌からでも2日で十分の日程で羽田からレンタカーでまずは御殿場へ。
早く着きすぎたのでプラプラ明日のために下見。ついでなんで御殿場口もみてきました。
DSCN5530.jpg

登山シーズンを来月に控え整備中の標高1400M地点の水ケ塚駐車場。今はガラーンとしてますが夏場のマイカー規制中はここがシャトルバスの起点になるそうです。オフシーズン富士山登山で気になるのが車泊ポイントとトイレ事情。まずはここは奥のトイレは常時開放されていてペーパーも完備でこの時期でも使用できます。
DSCN5548.jpg

そしてさらに上の高鉢駐車場にも使用できるトイレがあります。ここも綺麗なトイレです。もちろん車泊も可能です
DSCN5566.jpg

新五合目駐車場。ガスの中です。車が何台かあります。明日の登頂する人もここで車泊でしょうか・・・。
なにより明日は晴れてほしいです。五合目レストハウスの外にあるトイレは解放されていました。
これにより本日はこの三か所のどこでも車泊可能ということになりました。
まずは一旦御殿場市街までもどって夕食と食材の買出しです。
結局今回LCCの重量制限で荷物軽減でシュラフやダウンはもって来なかったので標高の一番低い水カ塚駐車場で車泊することに・・・。
DSCN5552.jpg

この時期の富士の朝は冷えます。翌朝3時前に新5合目に再度車で向かいます。
既に車が結構きてます。
DSCN5568.jpg

新5合目で富士の夜明けを迎えます。
DSCN5573.jpg

冬山の装備で入山です!先行者が数名います。
DSCN5593.jpg

登山道に平行してるブル道
DSCN5602.jpg

まだ山開き前でロープが切れていたりはしてますが、さすがによく整備されてます。
DSCN5608.jpg

6合目2500M付近山小屋の雲海荘。奥には宝永山荘。もちろんまだ閉鎖中です。
DSCN5615.jpg

うっすら影富士が・・・!感動です!
DSCN5616.jpg

ここから通行止め看板があります。
DSCN5618.jpg

梅雨時期の合間の晴天です!(^_^ )
DSCN5632.jpg

青空のピークめがけて先行者の後を追います
DSCN5629.jpg

7合目の御来光山荘見えてきます。
DSCN5630.jpg

真っ青な空の中にいる気分(御来光山荘前から)
DSCN5639.jpg

なんか要塞のよう~
DSCN5633.jpg

富士山って結構急なんだな~。
DSCN5654.jpg

7合目を過ぎると雪渓がでてきます
DSCN5660.jpg

石室風の山口山荘(元祖7合目)ここらで標高3000M越えてきます。
DSCN5666.jpg

帰りの尻滑りを考えながら登る。
DSCN5680.jpg

やはり結構冷えてます。
DSCN5684.jpg

8合目池田屋(3250M)
DSCN5702.jpg

大展望!来てよかった!(^_^ )
DSCN5704.jpg

宝永火口もばっちり
DSCN5714.jpg

ピークも見えてテンションあがります!
DSCN5726.jpg

万年雪山荘(9合目)
DSCN5757.jpg

万年雪山荘前から


その横から急なのでアイゼン装着して雪渓を直登します。
DSCN5759.jpg

万年雪山荘横雪渓


帰りが楽しみな大斜面!
DSCN5765.jpg

あと一息
DSCN5769.jpg

九合五勺(3,590m) 胸突山荘(むなつきさんそう)横目に・・・。
DSCN5776.jpg

さ、いよいよです!
DSCN5804.jpg

頂上浅間大社
DSCN5811.jpg

剣が峰目前
DSCN5823.jpg

山の神様ありがとうございます!(^_^ )
DSCN5868.jpg

富士山山頂


しかし山頂って建造物多いな~(笑)
DSCN5872.jpg

登ってみました!
DSCN5882.jpg

まさに天空の世界~!
DSCN5880.jpg

しばし堪能した後、大斜面を制御された滑落です!(笑)ピッケルで抑えこまないとほんと止まりません。
雲海へダイビングの気分です!
DSCN5945.jpg

結局8合目まで楽しんであっという間に下山完了です!(笑)
DSCN5946.jpg

<登山データ>
日時:2013年6月9日
装備:日帰り装備、アイゼン、ピッケル
時間:登り4時間31分 下り1時間59分
人数:単独
423登山口→440雲海荘(6合目)→513御来光山荘(7合目)→548元祖7合目山口山荘→618池田屋(8合目)→706万年雪山荘(9合目)→747九合五勺(3,590m) 胸突山荘横→829頂上富士館→854剣が峰913→1112駐車場

fujisann20130609_convert_20130611151731.jpg

平面距離  9.1km
沿面距離  10.0km
総移動時間 07:04:22

最高標高 3786m
最低標高 2371m

累計標高(+) 1685m
累計標高(-) 1688m

平均速度 1.3km/h
最高速度 17.1km/h

[edit]

御胎内温泉健康センター(静岡県) 

2013年6月9日 御胎内温泉健康センター(静岡県)

富士山下山後汗を流しに立ち寄りました。たぶん富士野宮口から一番近い温泉では・・・。
泉質は特に言うことはありませんが、綺麗で整備された温泉でした。

ontainai.jpg

温泉データ>

場所 静岡県御殿場市印野1380-25
料金 日帰り 500円(土日700円)
方法 源泉循環
泉質 アルカリ性単純温泉
加温 あり
殺菌 あり

勝手評価>

泉質 ★
雰囲気 ★★ 
お気に入り度 ★

[edit]

三角山 

2013年6月7日 三角山 ナイトハイク

山仲間17人で三角山にナイトハイク。この日は雲もなく最高の夜景日より~!(^_^ )

sannkaku201306.jpg

<登山データ>
日時:2013年6月7日
装備:日帰り装備
時間:登り    (写真・休憩含む)
人数:17人

sannkaku20130607_convert_20130611152216.jpg

平面距離  3.1km
沿面距離  3.5km
総移動時間 02:26:47

最高標高 338m
最低標高 -15m

累計標高(+) 619m
累計標高(-) 528m

平均速度 1.3km/h
最高速度 42.4km/h

[edit]

神居尻山 

2013年6月1日 神居尻山

山仲間17人で団体登山~!(^_^ )神居尻山登って道民の森でBBQ
直前まで残雪が多く心配だったがここのところの気温上昇で一気に春山全開に~!
登りは最短ルートのBコースから
DSCN5203.jpg

入山届を出して出発です!
DSCN5212.jpg

行列登山です!登山口から暫くそこそこ急です
DSCN5224.jpg

700付近の肩までくると一気に眺望がよくなります!
目指すピークもはっきりと!
この日は最高の天気!(^_^ )
DSCN5233.jpg

雪庇の最後のあがき・・・・。
DSCN5241.jpg

842Cコースとの分岐。暑寒まだ雪~!
DSCN5262.jpg

右に広大な沢をみながら山頂目指します!
DSCN5268.jpg

山頂!ピンネシリ、避難小屋。
DSCN5301.jpg

我々のせい?で山頂大混雑!(^_^ )
すいませ~ん!
帰りは分岐からCで下山~!
DSCN5304.jpg

<登山データ>
日時:2013年6月1日
装備:日帰り装備
時間:登り2時間17分 下り1時間40分(写真・休憩含む)
人数:17人

kamuishiri20130601_convert_20130603195527.jpg

平面距離   6.3km
沿面距離   6.9km
総移動時間  04:25:07
最高標高  953m
最低標高  291m
累計標高(+) 1060m
累計標高(-) 1068m
平均速度    1.4km/h
最高速度    7.1km/h


[edit]

月形温泉 ゆりかご 

温泉データ>

2013年6月1日 月形温泉 ゆりかご

神居尻山登山のあと立ち寄り。

場所 北海道樺戸月形町皆楽公園内
料金 日帰り 500円
方法 源泉循環
泉質 ナトリウム、カルシウム塩化物泉
加温 あり
殺菌 あり

勝手評価>

泉質 ★
雰囲気 ★★ 
お気に入り度 ★

[edit]

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター