06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

イドンナップ岳 

2013年7月20日 イドンナップ岳 ~サツナイ沢西尾根コース~
<北海道100名山>

以前から狙っていたイドンにいってきました。今年は新冠ダム東の登山口から作業道まで車で入れるとの情報。夏山ガイドで13時間20分なので、日の長い今い時期なら十分日帰り可能と判断してのアタックです。
まずはダム横の登山口。
DSCN8013.jpg

さらに車でブルトーザーで整地した作業道に進みます。
途中川を車で3回渡渉します。4WDで車高がある程度あれば行けるレベルです!
DSCN8016.jpg

作業道終点。5時入山です。先行者います。車からしてどこかのツアーだろうか・・・。ちょっと安心する。(笑)
DSCN8023.jpg

しばらく車で入れなかった作業道を行きます。
DSCN8029.jpg

ここから沢歩きです。このピンクテープが目印。
DSCN8030.jpg

薄暗いサツナイ沢右股をいきます~!巻き道もあるので登山靴で問題ないです。
DSCN8035.jpg

沢を離れ売山方面に登っていきます。一部作業道らしき跡があります。
DSCN8045.jpg

ところどころ笹の海を早速漕ぎます。それにしても噂とおりダニが浮遊しまくってます!
今回ダニ対策かなりしてますがヤバイです。泣
DSCN8050.jpg

第一の岩場にでます。ロープも多々あります。
DSCN8056.jpg

尾根を歩きながらP1050あたり。少しずつ樹林の合間から山並み見えだします。
日高らしい登って、降りてを繰り返します。
DSCN8077.jpg

第二の岩場にでます!両手をつかってよじ登ります!
DSCN8093.jpg

1404の南側を延々とトラバースするルートです。倒木、藪、道が荒れていて歩きにくいです。
また斜面で笹ですべり谷にずり落ちること何度か・・・。
DSCN8133.jpg

次なら次へとでてくる障害物に心がおれます。。。(^_^ )
この変で右足が痛み始めます。途中でやめることも頭をよぎります。
DSCN8137.jpg

新冠富士手前にでもロープ場で一気に標高をあげます。
DSCN8145.jpg

まずは新冠富士。最高の日高の山達がお出迎え!
ここで先行者をあいます。ツアーではなく小樽からきている御夫婦でしばらく山談義。(^_^ )
登山経験豊富で、バックカントリー、沢もやる素敵な御二人でした!
DSCN8159.jpg

さあ!ここから先がさらに藪、ハイマツ地獄です。
お二人もイドンまでいくとのことですが、自分が先に向かいます。
DSCN8158.jpg

まずはハイマツの海の先にある三角点を目指します。
枝にひっかかり、はね戻されの連続です。
DSCN8169_20130722110220.jpg

予想より踏み跡がりますが、それでもところどころこんな感じです。
まさにハイマツと格闘です!
DSCN8183.jpg

今にも藪で隠れそうな三角点到着。注意しないと見逃すくらいです。
DSCN8220.jpg

スタート地点の新冠ダムが綺麗。帰りの体力が心配だな~(笑)
DSCN8221.jpg

前回の山行で既に少し痛めていた右足が悲鳴をあげてますが、気合いを入れ直して最後イドンピーク目指してかきわけます。(^_^ )
DSCN8240.jpg

あともう少し。ここまできたら根性です!(笑)
DSCN8247.jpg

標識がない山頂。でも日高の奥深山を一人独占で贅沢な気分!
DSCN8260.jpg

憧れのカクエク、1839・・・。最高の眺望!
日高の主要な山達が疲れをいやしていれます。
DSCN8270.jpg

三角点方面振り返る。よく来たな~。(^_^ )
DSCN8267.jpg

ナメワッカ方面。
DSCN8276.jpg

幌尻~。いつか新冠林道から行ってみたいな~(^_^ )
DSCN8298.jpg

イドンナップ山頂から


もっと長くいたかったが、足が不安でペースをさらに落そうと思い20分で山頂をあとに。。
追い抜いてきた御夫婦に下山途中最後の沢の手前で再開!なんでもやはり新冠富士からイドンへのハイマツ海で足を痛め途中で引き返したそうです。
噂通りかなりきつい山行きで、その影響で次の日のマラソン大会はボロボロでした。

<登山データ>
日時:2013年7月20日
装備:日帰装備
時間:登り5時間21分 下り4時間26分 
500作業道終点→552第一の岩場→623P1050→640第二の岩場→836新冠富士855→948三角点1747→1021イドン山頂1040→1108三角点→1153新冠富士→1506作業道終点
人数:単独

idonnapu_convert_20130722093756.jpg

平面距離  15.7km
沿面距離  16.9km
総移動時間 10:14:55

最高標高 1755m
最低標高 436m

累計標高(+) 2396m
累計標高(-) 2322m

平均速度 1.5km/h
最高速度 29.6km/h
スポンサーサイト

[edit]

新冠温泉 レ・コードの湯 

2013年7月20日 新冠温泉 レ・コードの湯

露天風呂は高台から太平洋が一望で気持ちが良いです!


温泉データ>

場所 北海道新冠郡新冠町西泊津16-3
料金 日帰り 500円
方法 循環
泉質 ナトリウム・塩化物泉 
加温 あり
殺菌 あり

勝手評価>

泉質     ★
雰囲気    ★★
お気に入り度 ★★

[edit]

奥美利河温泉 山の家 

2013年7月15日 奥美利河温泉 山の家

数年ぶりの再訪です。携帯も繋がらない奥深い山の中です。
露天はほぼ混浴です。
okupirika.jpg

温泉データ>

場所 北海道瀬棚郡今金町字美利河352
料金 日帰り 300円
方法 源泉かけ流し
泉質 単純温泉
加温 なし
殺菌 なし
*営業期間中(4月末~10月末)

勝手評価>

泉質     ★★★
雰囲気    ★★★★★
お気に入り度 ★★★

[edit]

大田山神社 

2013年7月14日 大田山神社

ここを登山と言うべきか悩むところですが、実際言ってみて距離は短いもののそのワイルドな道はとても参拝というようなものではなく、ハード登山だと思いここに載せてみました~(笑)
以前から気になっていた道道740号のドンつまりにある大田集落。(今年約30年かかって740号線は全線開通)そしてここに室町時代に建立されたこの神社。北海道最古の霊場がなぜこんな不便な地に!?
神秘的な大田山神社登頂です!
DSCN7768.jpg

まずは見たことないような急な階段です!しかも長い!ロープ、手すりをつかまないと落ちそうな角度。
DSCN7770.jpg

階段をのぼり終えると今度はひたすら急登地獄です
DSCN7782.jpg

祠が登場ですが、もちろん本殿ではないです
油断して水も持たずきたのが失敗・・・。汗だくです。ここで会った人にまだ3分の1といわれ・・・。マジかよ~。
DSCN7800.jpg

鬼のような坂はとどまることを知りません!
DSCN7806.jpg

そして約30分。最後の鳥居が登場。
その先はスパっときれてます。
DSCN7816.jpg

頼りないワイヤーでつっただけの鉄の橋が岩壁沿いにぶら下がってます。
これがまた滑る。足元は当然なにもないです。。こわぇ~~!
DSCN7822.jpg

マジでここにこの吊り橋どやって作ったの?
最後の垂直壁・・・・。ほんとにやめようか悩む。ここで死んだらアホだし・・・・。
でも、みたことないほどの大海原が眼下に~感動!
DSCN7829.jpg

でも神様を信じて・・・・。
オーバーハングの岩を見ながら約7Mの垂直壁を下を見ずに登ります。滑ったらほぼ間違いなく死ねます~!(^O^)
自分は高いところ好きですが、ここはさすがに高すぎだわ・・・・。
ootayama2.jpg

なんとか岩壁の洞穴にある本殿に到着。
神様ありがとう。そこでの御祈りは「帰りも生きて返してね・・・。」
あ~!今までの登山で一番緊張したわ~(^O^)
DSCN7834.jpg

本殿から~


因みにちょっと離れた拝殿から本殿をみるとこんな感じです!まさに岸壁の中腹に洞穴がわずかに見えます!
ootayama.jpg

<登山データ>
日時:2013年7月14日
装備:日帰装備
時間:登り37分 下り26分
人数:2人 

ootayama_convert_20130719003726.jpg

ootayamalog.jpg

[edit]

乙部温泉 いこいの湯 

2013年7月14日 乙部温泉 いこいの湯


当初蛾虫温泉を予定していたが、乙部岳途中であった人から勧められて作戦変更で立ち寄り。
大正解!
土色の温泉は相当気に入りました~!(^O^)
otobeikoi.jpg

温泉データ>

場所 乙部町字館浦527番地の2
料金 日帰り 400円
方法 源泉かけ流し
泉質 ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
加温 なし
殺菌 なし

勝手評価>

泉質     ★★★★★
雰囲気    ★★★
お気に入り度 ★★★★★

[edit]

乙部岳 

2013年7月14日 乙部岳 1016.9m 
<北海道100名山>

今年冬に尾根コースからトライし細尾根上の雪庇を越えられず撤退した山です。
今回リベンジで同じ尾根コースからアタックです。はたして断念したポイントはどんな地形だったのか楽しみです!埼玉ナンバーの先行者の方がいるようです。
赤い鳥居が登山口です。
DSCN7524_20130718121431.jpg

まずはブナ林を森林浴です!このへんは登山道しっかりしてます。
DSCN7538_20130718121430.jpg

が、すぐに結構藪がせりでてきます。ダニ防止のため今回はいろいろ対策しての入山なのでガンガン漕ぎます!(^O^)
DSCN7566.jpg

さら~に!道笹で隠れてるところも結構あります~
入山届だと週に数組しかはいってないようなのであたりまえか~。
DSCN7581.jpg

冬に来た時休憩をとった台地の上の大木の切り株。あのときで2M以上は積雪あったんだな~。
そしてほぼ夏道の上にいたのも確認~。
DSCN7579.jpg

*冬期の状況(2013年4月)
DSCN3409.jpg

さ~ここから前回苦戦したやせ尾根雪庇エリアです。
夏は草木で視界が限られ怖さがないです。
それにしてもガス抜けてほしいものです。
DSCN7597.jpg

*上記の冬期の状況(2013年4月)
DSCN3421.jpg

問題の撤退ポイント。改めて冬場の通過が困難であったと実感・・・。
地形図で見るより切れてます。
DSCN7611_20130718121552.jpg

*冬期の状況(2013年4月)
DSCN3457.jpg

冬季雪崩そうな斜面にみえた稜線手前の急登。一面笹藪でクラックが入っていたのも納得・・・・。
漕ぎ漕ぎで進みます。そしてめでたくガスの上に抜けました!
DSCN7662.jpg

分岐標識。藪の中に無造作に転がってます。
DSCN7674.jpg

目印のレーダードーム確認!
途中先行者の埼玉から北海道100名山挑戦中のご夫婦としばし立ち話~。
DSCN7689.jpg

山頂!雲海広がってます!山頂にはトイレもあります。
羊蹄山、狩場、駒が岳など一望です!
DSCN7727.jpg

標識
DSCN7709_20130718121603.jpg

管理道路が山頂まできてます!
DSCN7712.jpg

同じ道戻るのもなんだから管理道路をタラタラおります~。
これが異常に長い~!
DSCN7736.jpg

なんと車が上がってきます!話をするとレーダー施設の管理者の方でした。
登山口まで残り約2K地点で戻ってきた上記の管理者の人に乗せてもらいました。(^O^)
(ログも反映してます。)
下山後立ち寄った乙部温泉で再び埼玉のご夫婦と遭遇して山談義~!ありがとうございました~!(^O^)

<登山データ>
日時:2013年7月14日
装備:日帰装備
時間:登り 2時間43分 下り1時間57分(管理道路途中から車)
人数:2人 
otobe_convert_20130718113908.jpg

平面距離  15.7km
沿面距離  16.3km
総移動時間 05:01:07

最高標高 1021m
最低標高 206m

累計標高(+) 1518m
累計標高(-) 1507m

平均速度 3.1km/h
最高速度 63.3km/h

[edit]

湯の元温泉旅館(三笠) 

2013年7月7日 湯の元温泉旅館(三笠)

以前からきになっていた桂沢湖にある温泉。
透明な単純泉でした。
unomotomisaka.jpg

露天も静かな感じです。
yunomotomikasa2.jpg

温泉データ>

場所 三笠市桂沢94番地
料金 日帰り 500円
方法 ろか循環
泉質 単純温泉
加温 あり
殺菌 あり

勝手評価>

泉質     ★★
雰囲気    ★★★
お気に入り度 ★★

[edit]

富良野西岳 

2013年7月7日 富良野西岳
 <北海道100名山>

十勝界隈で車泊して札幌へ帰る途中で未踏の山だったので寄ってみました。
前日の疲れがあるのか、ダニに食われまくった影響かテンションが上がらずゆるーくいきました。
文明の力は大いに使う。ゴンドラルート利用です。(^_^ )
観光の3人組と自分のみでゴンドラ山頂駅まで楽チン移動です
DSCN7344.jpg

山頂駅からは北の峰方面の最終リフト沿いにゲレンデを登り始めます。
しかしこの山人気無いですね~
DSCN7358_20130711010849.jpg

リフトの山頂付近の広場から茂みにピンクテープついてます。
DSCN7373_20130711010850.jpg

ほそーい登山道が続きます。でも分かりやすいです。
途中雪渓もあります。
DSCN7383.jpg

西岳ピーク見えます。なんとか天気もってほしいです。
DSCN7395.jpg

オヤジの○ン○。結構新鮮です。
DSCN7421.jpg

切り立った崖の上が山頂です!標識見えます!
DSCN7430.jpg

ガスで眺望ほぼありません。
チーン・・・・・・。
DSCN7434.jpg

山頂から


<登山データ>
日時:2013年7月7日
装備:日帰装備
時間:登り1時間15分 下り50分(ゴンドラ山頂駅起点)
人数:単独 

furanonishi_convert_20130711000548.jpg

*往復ゴンドラ利用です
平面距離  12.1km
沿面距離  12.7km
総移動時間 03:16:12

最高標高 1331m
最低標高 290m

累計標高(+) 1460m
累計標高(-) 1408m

平均速度 3.7km/h
最高速度 43.2km/h

[edit]

糠平温泉 湯元館 

2013年7月6日 糠平温泉 湯元館

糠平温泉でいちばん歴史ある温泉宿
川沿いの露天も大自然を堪能できます!
yumotokan.jpg

温泉データ>

場所 北海道河東郡上士幌町字糠平本通4
料金 日帰り 500円
方法 源泉かけ流し
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
加温 なし
殺菌 なし

勝手評価>

泉質     ★★★
雰囲気    ★★★★
お気に入り度 ★★★

[edit]

西クマネシリ岳 

2013年7月6日 西クマネシリ岳 
 <北海道100名山>

ニセイカウシュッペ山に登り、帰りに三国峠に寄ったら一気に天候が回復しだして、西クマネシリがはっきり~。急遽時間も早いしオカワリ登山!
大雪、十勝しか興味がないメンバーのKちゃん、Uさんをなんとか説得して一緒に入山(笑)
最近シンノスケ林道は開通したことは確認していたので登山口まではいれます。
さびれた?登山口
DSCN7212.jpg

すぐに藪です。登山道も一部はっきりしません。
DSCN7221.jpg

しばらく沢を詰めます。
DSCN7222.jpg

かなり荒れ放題のワイルドコースです!倒木も多々あり手こずります。
DSCN7232.jpg

ルートの後半は鬼急登りです。
DSCN7250.jpg

とにかく果てしなく急登りです。笑
DSCN7261.jpg

ピーク下の岩頭はヘツリます。
DSCN7270.jpg

ルンゼを四つん這いで・・・・。
DSCN7280.jpg

苦労したかいがある山です!最高の眺望です!ニペソツ、ウペペ、石狩山系、高根ヶ原方面も見えます!
DSCN7321_20130711020350.jpg

山頂晴天なり!
で、、、このあと下山後事件が・・・。
Uさん1か所、自分3か所ダニにやられました~!泣
DSCN7309.jpg

<登山データ>
日時:2013年7月6日
装備:日帰装備
時間:登り1時間44分 下り1時間10分
人数:3人 

nishikuma_convert_20130711001016.jpg

平面距離  7.3km
沿面距離  7.8km
総移動時間 03:17:19

最高標高 1639m
最低標高 909m

累計標高(+) 1128m
累計標高(-) 1101m

平均速度 2.2km/h
最高速度 8.7km/h

[edit]

ニセイカウシュッペ山 

2013年7月6日 ニセイカウシュッペ山 
 <北海道100名山>

当初石狩山系にテント泊予定だったが、天候がイマイチだったので急遽日帰りでこの山に。
朝一ということもあって誰も来てない登山口。ガスがかかって眺望期待できませんが、ここまできたのでせっかくだから登り始めます。
DSCN7135.jpg

ひろーく狩り払われた登山道。
DSCN7139.jpg

しばらく行くと雪渓もあります。ほんと今年は雪多かったんですね~
DSCN7152_20130711014049.jpg

見晴台!?へ~。いい眺望だわ~泣
DSCN7157.jpg

一面の花畑~
唯一の救い!?(^_^ )
DSCN7177.jpg

結局ガスの中・・・・。
当初アンギラス、平山まで縦走も考えていたがやーめた~!
大雪の展望台のはずのこの山・・・・。無念!
DSCN7201_20130711014123.jpg

<登山データ>
日時:2013年7月6日
装備:日帰装備
時間:登り1時間54分 下り1時間25分
人数:3人 

nisekau_convert_20130711000519.jpg

平面距離  11.2km
沿面距離  11.8km
総移動時間 04:09:16

最高標高 1885m
最低標高 1143m

累計標高(+) 1369m
累計標高(-) 1378m

平均速度 2.7km/h
最高速度 7.7km/h

[edit]

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター