03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

表大雪縦走BC(黒岳~白雲岳避難小屋泊) 

2014年4月19・20日 表大雪縦走BC(黒岳~白雲岳避難小屋泊)

BC仲間7人で黒岳から白雲岳避難小屋を目指し山中宴会です!\(^o^)/
ロープウエィ山頂駅で黒のスタッフの方としばし談笑。なんでも強風が続き約1週間ぶりに運行できたそうです!
バーンはかなり硬くアイゼンないと厳しいと。。。
やば。アイゼン持ってこなかった。。。汗
リフトに乗り換え7合目駅スタートです!
黒岳のブログにのっちゃいました~\(^o^)/
http://www.rinyu.co.jp/modules/d3blog/details.php?bid=1392

DSCN8399.jpg

晴天の中すぐに黒の急坂を登り始めます
勿論パウダーのわけないです。かた~い!
DSCN8421.jpg

迫力の北大雪をバックに~
ニセカウもまだ冬の様相だな~
DSCN8428.jpg

コンクリートのような急斜面に悪戦苦闘!
軽量化のためアイゼン持ってこなかったことを後悔。。。。時には四つん這いでなんとか山頂に。
宿泊装備で20K以上のザックが重くバテバテです~笑
黒岳ってこんな大変だったっけ~汗
予定時間を大幅に超えて3時間近くかかりなんとか黒登頂。
DSCN8452.jpg

白雲を目指します。
てか、やっとスタートのようなものなのになにこの疲労感。。。。(笑)
DSCN8445.jpg

できるだけショートカットで直線的にルートをとったのが、、、、裏目に。。(笑)
DSCN8468.jpg

地形図で見るよりアップダウン多いです。。
DSCN8474.jpg

岩をまき、小尾根を越え、板を担ぎ、またはめて、、休憩増えます~
後ろを振り帰るといつまでも黒岳が近くにあるのが疲労感を倍増させます~(T_T)
というか黒ピークまでで体力使いすぎました。汗
DSCN8478.jpg

みんな幻想?みるかのようにあり得ない小山をあれが白雲じゃないか~!願望です。笑
DSCN8481.jpg

地形図でいう沼のがあるあたり~。巨大な雪庇
DSCN8486.jpg

やっと本物の白雲が見えてきます。
もう完全に今回ルートをひいた自分とHシー肩身狭い感じです。
黒から白雲までショートカットで2時間くらいとかってないわ~
もう日も陰ってきてます。。。。チーン
みなさんゴメンなさい~(笑) みんな体力自慢でよかった~(笑)
DSCN8492_20140422180525d2e.jpg

日差し強くやけますわ~
それでもこの晴天と大雪の大絶景が後ろを押します!(^O^)
DSCN8495.jpg

表大雪っぽい~
DSCN8503.jpg

北海岳をバックに
白雲の北側をいきます
DSCN8511.jpg

さ~やっと白雲岳避難小屋確認!
長かった~!時間はもう17時近いです
カリカリ&シュカブラ地獄で滑るの大変。。。
DSCN8515.jpg

とうちゃーーーく!!小屋は完全にでてます!
一階は閉鎖されているので梯子をつかってニ階から入ります
なんせここまで8時間近くかかるとは。。。。
DSCN8519_2014042218124378f.jpg

くたくたで夕日も見ずすぐに宴会開始!笑
モツ鍋、餃子鍋など囲んでかんぱーい!
3時間30程度と読んでいたのでみんな酒は大量です!←これが重かった!(笑)
DSCN8524.jpg

二日目、風の音で4時30に目覚める
黒のロープウィまた運休だったら銀泉か東からのエスケープルートかな~
トムがおはよーって言ってます!(^_^ )
DSCN8531.jpg

また夏にくるよ~
DSCN8537_201404221812473b4.jpg

どうやら黒ロープウエィは運航してるらしい。
相談した結果ふた組にわかれて下山。
スプリット組は東岳経由で大雪湖へ、スキー組は北海岳経由で北海沢おとして石室寄って黒滑って帰る作戦です
DSCN8546.jpg

白雲の北から北海岳に向かう途中
白雲分岐から滑走態勢で北海岳を目指します。
カリカリでディープなシュカブラが進路を妨げます~
DSCN8553.jpg

旭岳!
DSCN8559.jpg

北海岳北側のコルへショートカットします。
あまりに広大で豆粒のよう。。。
DSCN8564.jpg

コルから白雲振り返る
やっぱ豆粒。。。(Mちゃん、Bさん)
DSCN8566.jpg

北海岳北側コルから北海沢が綺麗に確認できます。まさに高速道路です!(笑)
雪で埋まっている北海沢に向かって急斜面ドロップ
DSCN8571.jpg

夏は結構水量ある沢。
完全に埋まっているので沢をリュージュのように滑走します~
おもしろい~\(^o^)/ こりゃーはやいわ~!
DSCN8586.jpg

北海沢途中の大雪庇も少々崩落~
気をつけて通過~
DSCN8588.jpg

滑ってきたルート振り返る~
このルート楽しいな~
DSCN8594.jpg

石室に向け最後の登り
DSCN8610.jpg

お!石室出現!まだまだ雪深いです
DSCN8618.jpg

4M以上積雪はありそうです
こりゃはいれないわ~笑
DSCN8637.jpg

日なたぼっこ~
のんびりランチです!
DSCN8631.jpg

さ!最後黒岳への登りかえしです!
バックの陵雲、北鎮きれい
DSCN8640.jpg

黒山頂から滑走~
前日より少し柔らかくなって滑りやすくなったな~!
ロープウィ山頂駅まで滑走楽しんで今回の長旅終了でした~!
DSCN8654.jpg

<登山データ>
日時:2014年4月19~20日
装備:冬山小屋泊BC装備(スキー他)
時間:
・1日目 920リフト山頂7合目→1206黒岳山頂→1719白雲避難小屋(途中休憩含む) 行動時間8時間1分
・2日目 716白雲避難小屋→906北海岳北側コル→1057黒岳石室→1226黒岳山頂→1353ロープウィ山頂駅(途中休憩含む) 行動時間 6時間37分
人数:7人
hakuun201419-20_convert_20140422011129.jpg

1日目
hakuun20140419.jpg
2日目
hakuun20140420.jpg
スポンサーサイト

[edit]

黒岳の湯 

2014年4月20日 黒岳の湯

大雪縦走登山の帰りに立ち寄り。
さすがにこの時期はすいてますね!

kuronoyu20140420.jpg

温泉データ>

場所 北海道上川郡上川町層雲峡温泉 
料金 日帰り 600円
方法 源泉かけ流し
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
加温 なし
殺菌 なし

勝手評価>

泉質     ★★
雰囲気    ★★★
お気に入り度 ★★

[edit]

ウペペサンケ山 ~糠平川林道ルート~ 

2014年4月12~13日 ウペペサンケ山 ~糠平川林道ルート~
<北海道100名山>

天候の安定しそうな週末。山泊を企てて日高のピリカヌプリに向かう。
ところが野塚峠について雪の少なさにビックリ。
急遽場所を変更し東大雪のウペペサンケ山に進路変更。
結局糠平についたのは13時。
今日はいけるとこまで行って野営予定です。糠平川林道は浄水場まで車で入れました。
DSCN7971.jpg

スタート地点の積雪はこんな感じでスノーシューでスタートです。
本当はスキーが有利でしょうが今日はここに来るつもりでなかったので板持ってきてません~笑
DSCN7980.jpg

まずは約6Kのなが~い林道あるきです。
防寒具、食糧、大量の酒などで約25KGのザックは肩にくいこみます~泣
しかも湿り雪は重くしかも結構沈みます。
DSCN8008.jpg

ペースは上がらずのんびりです~
できることなら稜線上にテント張ってご来光見たいな~
途中夏道登山口まで行かず1039ポコに直接目指すルートを取ります
それでも重装備で林道5k以上はとてもつかれやした~~
DSCN8028.jpg

あとは日没との戦いです~(^_^ )
当然?だれーも入ってません。(笑)
DSCN8039.jpg

17時近くなり当初考えていた稜線上はあきらめ、1100M夏道近くのテラス地形の森の中でキャンプとなります。
DSCN8047.jpg

今日は3時間30分程度でしたが重いザックと湿ってぬかる雪質で結構疲れました。
静かな森の中で夕食です
DSCN8052.jpg

よせ鍋の宴。ビール、ワイン、梅酒などでかんぱーい!笑
←写真はまずそうですが実際激ウマです!笑
DSCN8060.jpg

意外と暖かい~風も少なく安定してます
星空もばっちりで月が綺麗です!
ホロ酔いで21時就寝~
DSCN8061.jpg

2日目4時に起床ししっかり朝食を済ませ、アタック用にザックを整理し5時45分スタートです!
今日も晴天です!眺望期待できます!
相変わらず沈む雪に悪戦苦闘しながら1200M過ぎからの急登に朝から大汗です。(笑)
DSCN8085.jpg

見上げると稜線もうすぐです。最後また四つん這いの斜度です。
(後から考えるとここトラバースして稜線でたほうがよかったです。。。)
DSCN8098_201404142105204c9.jpg

1399M稜線から1610Mピーク。
わ~!遠い&急だな~
DSCN8104.jpg

同じく南へ続く稜線
DSCN8107.jpg

1610ピーク望む


一旦コルまで下ります。
DSCN8119.jpg

さ、気合いをいれて登りつめます。
さすがに雪はパリパリ、ズボズボ、カチンコチン・・・めまぐるしくかわる中シューを走らせます。
DSCN8122.jpg

1610ピーク!鬼のような眺望!日高方面
DSCN8147.jpg

タウシュベツ橋梁もばっちり!
DSCN8142.jpg

これから行くウペペ方面。げ、、、とぉーいなぁ。。。。。汗
でも迫力満点な稜線が続きます!
DSCN8151.jpg

1610ピークから


しばらく広い尾根をいきます
ハイマツがわずかに浮き出てますが、当然夏道は不明です。(笑)
DSCN8181.jpg

1595ピークはトラバースして菅野温泉コース合流標識発見!
DSCN8178.jpg

さらに広大尾根
DSCN8187.jpg

1696ピーク目前
DSCN8191.jpg

1696ピークから~この先キレテるね~
うーむ。美しい~
DSCN8194.jpg

稜線歩く
DSCN8203.jpg

雪庇の造形美
DSCN8208_201404142114024ed.jpg

圧巻の眺望~
両サイドがキレはじめます
DSCN8214.jpg

ここらでギアをシューからアイゼンに変更
ん?ピークになんか立ってる。。。
DSCN8218.jpg

ありゃ。こんなところにウペペサンケの山頂標識
ここって糠平富士ですよね~笑
ここまでBCから約4時間、浄水場から合わせると約7時間30分、、、
相方はここでいいんじゃねーかオーラ全開~(笑)
DSCN8226_20140414211359bb0.jpg

ニペソツもどもです~!
DSCN8227.jpg

勿論さらに1.5K先の本峰に向かいます
ここから先はかなりキレテますね~
強風ならヤバイです。
今日は穏やかな微風~。問題なさそうです。
DSCN8236.jpg

慎重に~
風は微風で歩行に影響なないです
DSCN8250.jpg

絶対に滑ってはいけません!!
DSCN8257.jpg

目指す本峰もう少し
DSCN8260_2014041421175129e.jpg

一旦ガッツリ下がります。。
せっかくあげた標高もったいない。。。
(ここかなりの斜度で帰りはピッケル使用でした~)
DSCN8265.jpg

コルで一休み~多分山頂は風で休めないだろうーしー
軽くランチタイムです!
このコルは妙に暖かいです
DSCN8269_20140414212008c70.jpg

再度上昇~
DSCN8272.jpg

最後のガンバリ~
DSCN8281_20140414212007576.jpg

ウペペサンケ山本峰ピーク!!しかし遠かった!でもこの大眺望は来てよかった!(^_^ )
長かった~!ニペソツの横から忠別岳もこんちにわ!
この山主要な山達全てが見える展望台ですね~!(^_^ )
DSCN8301.jpg

オプタテず~~む!でけーなー
DSCN8303.jpg

ウペペ西峰越しに十勝連邦遠望
こちらは雪結構まだまだあるね~
DSCN8307.jpg

トムちゃん
まだまだ冬の様相だな~
DSCN8308.jpg

北大雪~クマネシリ方面
時間押してるので10分程度で速やかに下山開始。
なんせ登り約8時間30かかってるので。。。なんとか日没までに浄水場まで戻らねば。
DSCN8314.jpg

本峰から


帰りもナイフリッジを慎重に通過
DSCN8353.jpg

尻ボーフル活用~(笑)
だいぶ時間短縮したかな~
DSCN8374.jpg

下山途中テントも熊にあらされることなく無事~(笑)
BC撤収してまたまたなが~い林道地獄を耐えてゴールです!
冬のウペペ結構ゴツイ感じでした~(^_^ )
DSCN8379.jpg

<登山データ>
日時:2014年4月12~13日
装備:冬山テント泊装備(スノーシュー、アイゼン、ピッケル、テント類他)
時間:
・1日目 1311浄水場(標高613M地点)→1647 1100MテラスBC  行動時間3時間36分(途中休憩含む) 
・2日目 544BC出発→654 1399M稜線→801 1610Mピーク→900 1696ピーク→948 糠平富士(ウペペサンケ山標識)→1059 本峰ピーク1114→1207 糠平富士→1251 1696ピーク→1408テント場BC1449→1652浄水場(途中休憩含む) 行動時間11時間8分
・合計行動時間 14時間44分(登り8時間51分、下り5時間38分)
人数:2人

upekog20140412_convert_20140414164134.jpg
upe.jpg



















[edit]

糠平温泉 湯元館 

2014年4月13日 糠平温泉 湯元館

ウペペサンケ登山後に立ち寄り。
ここの露天は川っぺりで景色最高です!

IMG_3344.jpg

温泉データ>

場所 北海道河東郡上士幌町字糠平本通4
料金 日帰り 500円
方法 源泉かけ流し
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
加温 なし
殺菌 なし

勝手評価>

泉質     ★★★
雰囲気    ★★★★
お気に入り度 ★★★

[edit]

ニセコ駅前温泉 綺羅乃湯 

2014年4月5日 ニセコ駅前温泉 綺羅乃湯

チセヌプリBC後に数年ぶりに立ち寄り
立派なとても綺麗な施設
ただ残念なので塩素殺菌臭がすごい。。。。泣

kira.jpg

温泉データ>

場所 ニセコ町字中央通33番地
料金 日帰り 500円
方法 源泉循環
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 
加温 あり
殺菌 あり

勝手評価>

泉質 ★
雰囲気 ★★★
お気に入り度 ★

[edit]

チセヌプリBC 

2014年4月5日 チセヌプリBC

天気も微妙だったのでチセへ~
お手軽人気山なんで結構車います~
DSCN7896.jpg

スキー場跡に汗をかきます~
カリカリ斜面でテンション↓気味~
DSCN7906.jpg

リフト山頂駅
さ、去年までならここからが本番でした~(^_^ )
DSCN7917.jpg

チセピーク見えてます~
でも見るからにカリカリ。。。
DSCN7922.jpg

くぼ地を下り始めると、、、あれ!天候急変!
視界がなくなり、風が吹いてきます。
DSCN7925.jpg

強風~
カリカリ&視界不良で無理して登頂はしませーーん。(笑)
DSCN7943.jpg

雪がたまっている斜面探します
自衛隊斜面付近の雪がよかったので何度か登りかえし滑って終了。
こんな日もありますわね~
今日どうしてもニセコに来たかったのは、
前回食べそこねた真狩のイチフジでトンカツを食べるため!!笑
下山後イチフジの電話してみると、、げ!!!!また宴会が入っていて一般はダメ。ここのトンカツに縁がないなー。泣
目的のいちふじのトンカツにはまたしても見放され、プラティーボのビュッフェで腹ごしらえ~
purate.jpg



<登山データ>
日時:2014年4月5日
装備:冬山日帰りBC装備(山スキー)
時間:行動時間
人数:3人(スキー2、ボー1)

chise20140405.jpg

平面距離  5.1km
沿面距離  5.4km
記録時間 02:36:57

最高高度 912m
最低高度 551m

累計高度(+) 670m
累計高度(-) 685m

平均速度 1.9km/h
最高速度 41.8km/h

[edit]

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。