10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

十勝連邦のアウトロー!境山(連峰周遊の巻) 

2014年11月30日 十勝連邦のアウトロー!境山(連峰周遊の巻)
(望岳台~十勝岳~上ホロ小屋~境山~上ホロカメットク~上富良野岳~凌雲閣~白銀荘~望岳台の周遊ルート)

今週は休山の予定でしたが、急遽別の予定がなくなり日曜日暇人に~
予報をみるとかなり晴天の気配~
では今度こそ過去6度敗退している縁のないあの山へ~(^_^ )
上ホロ小屋から境山間は雪の量や硬さ次第で時間が読めないので午前11時までの登頂リミットで設定~
状況と時間みて十勝岳経由の境山ピストンか連峰の周遊かを考えよっと!周遊ルートだとおそらく時間との戦いだな~
まだ真っ暗の5時すぎにライトで望岳台からつぼ足で入山です
DSCN6328_R.jpg

星がやばいくらい綺麗です!
星の観測している方がいました。
くらい夜道を一人とぼとぼ・・・(笑)
DSCN6331_R.jpg

ここんところ雪が降ってないのかトレースたくさんあります
DSCN6338_R.jpg

暫くするとやっと薄ら明るくなってきます~!
DSCN6340_R.jpg

今日は天気はバッチリだな!
DSCN6341_R.jpg

避難小屋。
DSCN6346_R.jpg

キタキツネがお出迎えしてくれました!(^_^ )
DSCN6350_R.jpg

夜明け~。3時ころでれば十勝のピークでご来光見れたのにな・・・
DSCN6358_R.jpg

下界は朝もやに包まれてる~
DSCN6364_R.jpg

おはようございます!
DSCN6369_R.jpg

最近こんなバッチリ十勝のピークみたことないな~(^_^ )
テンション上がる!
DSCN6371_R.jpg

美瑛岳もどもども!
DSCN6373_R.jpg

すり鉢火口付近まで来ると大雪もバッチリ
DSCN6379_R.jpg

平坦地をいく~
DSCN6384_R.jpg

肩に登る急斜面で足回りをアイゼンに
DSCN6389_R.jpg

久しぶりだ!こんな晴天!
DSCN6392_R.jpg

急斜面登りきると南側の兄弟たちが登場~
DSCN6394_R.jpg

造形美
DSCN6396_R.jpg

まずは本日1座目の十勝ちゃん!
最高だわ!もちろんトムちゃんも顔だしてます!
今日は山友のKちゃん、Pミンがトム行ってるので念を送る!(笑)
DSCN6407_R.jpg

このショットいいな~
DSCN6403_R.jpg

新得コース方面と美瑛への縦走路
DSCN6426_R.jpg

本日のメインデッシュの境山~!遠くから見る限り一応ハイマツは雪で埋まってる感じ~
DSCN6429_R.jpg

取りあえず上ホロ小屋目指します
誰か尻ですべった跡~(^_^ )
DSCN6431_R.jpg

稜線をいく
DSCN6439_R.jpg

しばらくするとズボズボ始まる。
ねばったがいい加減にあきらめて足回りのシューに変更
DSCN6440_R.jpg

十勝岳振り返る
DSCN6444_R.jpg

ステキな斜面~。まったくパウダーではないが・・・
DSCN6448_R.jpg

大砲岩
DSCN6451_R.jpg

吸い込まれそう~
DSCN6460_R.jpg

上ホロと小屋
DSCN6463_R.jpg

小屋の向こうの黒い山が境山
DSCN6468_R.jpg

まだ一階から出入りできそうなレベル
(施錠されてます)
DSCN6473_R.jpg

さ~いざ境山へ!
最短ルートで行きたいところだが~
今回は時間節約と体力キープを考えて1850ピークはトラバース
DSCN6476_R.jpg

まったく人の気配を感じさせないのが良い良い!(笑)
DSCN6480_R.jpg

1850ピーク
ハイマツの上の雪はかなり緩くズボズボ
DSCN6493_R.jpg

大自然一人占め!!(^_^ )
DSCN6498_R.jpg

ド晴れで今日はGPSも一度も見ず。
有視界飛行をつつける~(^_^ )
DSCN6500_R.jpg

1850トラバースしていよいよ境山登場
DSCN6503_R.jpg

デーン!
写真だと分かりにくいが一旦結構標高落とす感じです
DSCN6507_R.jpg

尻ボーに最高のゲレンデ!(笑)
DSCN6509_R.jpg

地獄のズボズボ地帯~
膝くらいまでぬかります
DSCN6512_R.jpg

境山の北側はロックガーデン?
DSCN6529_R.jpg

目前~
DSCN6533_R.jpg

7度目のアタックでやっとその頂き~(^_^ )
標識はないけど三角点がお出迎え!
南北に走る十勝連峰で唯一東西に走る尾根の東の端にある境山
このアウトローで誰もかまってくれてないところが前から気になっていた~(笑)
DSCN6549_R.jpg

お隣の1827峰(無名峰)
時間あったら行ってみたかったが、途中かなりキレてます
DSCN6551_R_20141130235839640.jpg

十勝岳、上ホロ、東から眺める~
初めてのアングルだな~(^_^ )
DSCN6555_R.jpg

富良野~
DSCN6554_R.jpg

美瑛、オプ、トム・・・・
DSCN6557_R.jpg

オプ!ズ~~ム
DSCN6565_R.jpg

トム!ズ~~ム
DSCN6566_R.jpg

南側はなかりの急峻
DSCN6575_R.jpg

十勝連邦のアウトロー!ドピーカンの境山


雲海に浮かぶニペ
ありえないほどの静けさ~
気温もポカポカ。
できれば2時間くらいいたい気分~
DSCN6578_R.jpg

境山からの360度パノラマ①(連峰一望)
IMG_1578.jpg

境山からの360度パノラマ②
IMG_1579.jpg

ここでまだ10時20分~
時間的に周遊ルートいけそう。
名残り惜しいが約15分で境山を後にする
しばらく来た道を戻る
DSCN6583_R.jpg

途中から直接上ホロピークに進路をとる~
相変わらずズボズボで辛い~
DSCN6593_R.jpg

突然雲がわく~
DSCN6596_R.jpg

おいおい!いつもの展開か!?
DSCN6606_R.jpg

焦らせやがって~(笑)
DSCN6617_R.jpg

本日3座目~
ここから先D尾根降り口とか考慮して足回りをシューからアイゼンに戻す
DSCN6626_R.jpg

三段山~
DSCN6630_R.jpg

雲に包まれる上富良野~富良野岳
DSCN6639_R.jpg

安政火口~
DSCN6645_R.jpg

あら~本日4座目の上富良野岳の標識ぜんぜん上に出てるじゃん~
先週爆風&ホワイトアウトで全然見つけれなかったな~(笑)
DSCN6661_R.jpg

D尾根経由で下山
DSCN6679_R.jpg

途中から再びズボズボ地獄~
再度アイゼンからシューに戻す
DSCN6697_R.jpg

踏み固められた一級国道に出る。
最後足回りをツボに変更
結局本日つぼ→アイゼン→シュー→アイゼン→シュー→つぼ(笑)
DSCN6719_R.jpg

上ホロは今週も雪訓祭り?
DSCN6722_R.jpg

さ、下山!さーて凌雲閣で温泉入って帰るか~!
って!オイラは望岳台に車があるのよ・・・・・
DSCN6723_R.jpg

ひたすら道路を歩く
途中乗っていきますか~?と声を掛けてくれた男性が1名
なんて素敵な方~
ですが、上富良野方面に帰るかたにさすがに白銀荘は願いできましぇーん~(T T)
DSCN6727_R.jpg

やっとバーデン分岐
まずは白銀荘まで頑張る~
DSCN6736_R.jpg

なげ~~~~~~
ミニスカートはいて女装してくれば良かったかな~(笑)
てかそもそも車があんま通らない・・・・
DSCN6745_R.jpg

白銀荘
道路を行くか一旦登山道の夏道入って望岳台に逆に下りるか悩んだ結果後者で
DSCN6747_R.jpg

トレースバッチリ
DSCN6753_R.jpg

渡渉ポイント
DSCN6760_R.jpg

このへんからからトレースはショトカットで十勝岳の方向へ。
右往左往しながら俺は上でなく下に行きたいんだ~!と心で叫びながらトーレスの楽さに負けかなり上につれて行かれる・・・
やっぱ白銀から望岳台に下りる人っていないんだな・・・・
DSCN6764_R.jpg

あまりにも道のりが損なので、いい加減にあきらめてわが道を行く。
もちろんズボズボ地獄。もう少しだからとツボのまま気合いでぬかりながら突進
途中腰までヌカリ、靴の中は雪だらけ・・・・
DSCN6766_R.jpg

望岳台にはちょうど日没直前に帰還~
DSCN6791_R.jpg

長い一日の終了~
天気に恵まれ最高の一日だった~!
何より境山にやっと登れたことが一番の収穫だったな~(^_^ )
DSCN6793_R.jpg

<登山データ>
■日時:2014年11月30日
■装備:日帰冬山登山装備
■時間:総行動時間 (休憩・写真含む)
515望岳台→610避難小屋→809十勝岳817→854上ホロ小屋900→1007境山1021→1138上ホロカメットク1150→1201上富良野岳1205→1318凌雲閣→1345バーデン分岐→1413白銀荘→1535望岳台
■人数:単独
■途中会った登山者 
・多数
sakailog_convert_20141130213350.jpg
sakai.jpg
スポンサーサイト

[edit]

白金温泉 山辺の家族 

2014年11月30日 白金温泉 山辺の家族

境山下山後に立ち寄り~
家族経営の小じんまりした温泉宿~
この界隈で一番コスパーが高い温泉か~(^O^)
国民保養センターは300円だが、露天がない。
こちらはしっかり露天もあります!
IMG_8790.jpg

温泉データ>

場所 北海道上川郡美瑛町白金温泉
料金 日帰り 600円
方法 源泉かけ流し
泉質 低張性中性高温泉 
加温 なし
殺菌 なし

勝手評価>

泉質 ★★★★
雰囲気 ★★
お気に入り度 ★★★

[edit]

上富良野岳(境山断念) 

2014年11月24日 上富良野岳(境山断念)

天気予報はイマイチだけど雪と戯れたく上フエリアへ
深夜に到着して凌雲閣駐車場で車泊~
奇跡の晴天になれば境山まで行きたいな~
境山は2週間前も途中断念してる縁のない山
この連休山岳会などが雪訓に入っているようで車が結構あります
DSCN6182_R.jpg

今日も1番で出発!薄暗い踏み後を行く~
前日結構の人数で入っているようでしっかりついてます
DSCN6184_R.jpg

しかし雪が少ない・・・・
2週間前と変わらない積雪量かな・・・・
DSCN6189_R.jpg

ピンボケですが・・・
前日から入っているバビシェさんの雪訓のようです~
DSCN6195_R.jpg

他にもいくつかテントあり
DSCN6202_R.jpg

火山観測塔
視界あんまりないです。。
DSCN6205_R.jpg

夏道でいう渡渉ポイント
DSCN6210_R.jpg

D尾根へのトラバース
DSCN6216_R.jpg

積雪状態によってはこのルート怖いな~
DSCN6224_R_201411242210096b8.jpg

ここから一気に積もったら弱層か!?
DSCN6244_R.jpg

ここまでツボで来たが、足回りをアイゼンに変更
DSCN6265_R.jpg

しかし視界がない。。。。(T T)
方向は合ってるが今どのへんだべな。。
もうこの時点で境山は完全にあきらめ決定!(笑)
DSCN6269_R.jpg

地形的にD尾根の発生部っぽいな~
DSCN6277_R.jpg

岩陵のヘリを行く
DSCN6289_R.jpg

稜線か・・・
急に強風が!
DSCN6292_R.jpg

ホワイトアウトの稜線上
爆風!まっすぐ歩けない。
DSCN6294_R.jpg

たぶん山頂標識?
GPSで山頂を確認。
立ってられないほどの爆風
なんもみえない。。。(T T)
もちろんここで本日終了!わずか3分で撤退。
DSCN6299_R.jpg

暴風&ホワイトアウトの上富良野岳山頂


来た道をダッシュで下山
安政火口方面への滑落に気をつける
DSCN6302_R.jpg

あちゃー気付けば自分の足あと見失う
どうやら化物岩方面に下り過ぎたな~
踏み後外すとぬかりまくり・・
たまらず足回りシューに変更
DSCN6306_R.jpg

念のため来た道へ修正をする
ちょっと視界よくなる
DSCN6307_R.jpg

D尾根見えだす
草ぼーぼーーーー
雪少なっ!
DSCN6309_R.jpg

さらに標高下げると
やっぱまだ板は無理だな~
DSCN6316_R.jpg

三段山方面
DSCN6324_R.jpg

ヤバイどんどん視界よくなる。。ちょっとちょっと・・・
IMG_1424.jpg

バビシェさんのテント
IMG_1433.jpg

ついでだから白銀荘へ移動
三段山の雪の状況は?
わー!普通に夏道で歩けそう・・
IMG_1435.jpg

白銀荘で温泉
聞いてみると昨日雨降ってさらに雪が、、、、
今年は凄い雪が少ないと。。。。
IMG_1440.jpg

<登山データ>
■日時:2014年11月24日
■装備:日帰冬山登山装備
■時間:登り1時間56分 下り1時間20分 (休憩・写真含む)
■人数:単独
■途中会った登山者 
・雪訓の方多数

uefurano20141124_convert_20141124215951.jpg
uefurao.jpg

[edit]

吹上温泉保養センター白銀荘 

2014年11月24日 吹上温泉保養センター白銀荘

三段山の雪の状況を見に行くつでに入浴~
IMG_1440.jpg

温泉データ>

場所 北海道空知郡上富良野町十勝岳
料金 日帰り 600円
方法 源泉かけ流し
泉質 酸性-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉 
加温 なし
殺菌 なし

勝手評価>

泉質 ★★★★
雰囲気 ★★★
お気に入り度 ★★★★

[edit]

ban.K Mountain Film Festival in Japan 2014(バフン2014) 

2014年11月15日 ban.K Mountain Film Festival in Japan 2014(バフン2014)

バックカントリーのオリジナルフィルムの祭典!?参加してきました!(^_^ )
粉雪好きの沢山の方と交流できて最高の夜!
IMG_1249.jpg

100人規模で飲んで楽しい夜でした!
たくさんの方と情報交換できて皆さまありがとうございました!!
IMG_1262.jpg

[edit]

オープン前の手稲女子大 

2014年11月15日 オープン前の手稲女子大

山友の手稲ナビゲーターHシーから”今日の手稲モフモフ”との情報をもらって早速足慣らしに行ってきました。
勿論まだスキー場はオープン前なので、山スキーでハイクです!(^_^ )
本日のメンバーは山スキー、ボード、テレマークの5人混合チームです!(^_^ )
DSCN6145.jpg 
情報とおりかなり積もってます!
昼近いですがまだラインも残ってます!(^_^ )
DSCN6161_20141117000045468.jpg

この時期にこんなモフモフ
DSCN6167_20141117000046294.jpg

深い粉雪に埋まるMさん
DSCN6181.jpg

初滑りなんで軽く1本で終了~
IMG_1223.jpg




[edit]

BC講習(BC経験者のための 雪山リスクマネジメント )塚原 聡さん 

2014年11月14日 BC講習(BC経験者のための 雪山リスクマネジメント )塚原 聡さん

山友のKちゃんのお誘いでHokkaido Backcountry Guidesの塚原さんのBC講習に参加してきました。
シーズンイン前に忘れていること、足りないことなど改めてお勉強~(^_^ )
とても有意義な時間でした~!

因みに塚原さんのガイドスケジュールはこちらです
→ http://namaranokuni.com/schedule.html

[edit]

フーゴル 

2014年11月9日 ふーごる(ゴルフ)

久しぶりのショット~
今年もそろそろもうシーズン終了かな~
IMG_7495.jpg

[edit]

十勝岳温泉 凌雲閣 

2014年11月8日 十勝岳温泉 凌雲閣

久しぶりの来湯~
IMG_1025.jpg

ここのお湯の色がたまらん~(^_^ )
IMG_1026.jpg

標高1200Mの露天ってなかなかないよな~!!
IMG_1028.jpg

温泉データ>

場所 北海道上富良野町十勝岳温泉
料金 日帰り 800円(冬季のみ600円)
方法 源泉かけ流し
泉質 カルシウム・ナトリウム - 硫酸塩泉、および酸性泉
加温 なし
殺菌 なし

勝手評価>

泉質 ★★★★★
雰囲気 ★★★★
お気に入り度 ★★★★

[edit]

上富良野岳→また焼肉パーティ 

2014年11月8日 上富良野岳→また焼肉パーティ

十勝連峰の東の派生山、境山を目指す~(^_^ )
過去3度途中断念のなかなか縁のない山である。
午前中は天気にやや不安はあったが、午後からの晴れ予報に期待して深夜札幌を出発。
前夜飲み会で酔っ払い状態で山友のKちゃんにピックしてもらう。(笑)
どもども~(^_^ )
薄くらいうちに凌雲閣に到着
DSCN6083_R.jpg

予想以上に雪がある
まずはいけるところまでツボ足で
DSCN6087_R.jpg

観測塔
視界があんまりないです
DSCN6093_R.jpg

積雪も多くなりシューをはきます
DSCN6101_R.jpg

上ホロ分岐
DSCN6104_R.jpg

予想以上の冬山感~(笑)
DSCN6107_R.jpg

強風&視界不良~
DSCN6119_R.jpg

真冬だな
DSCN6121_R.jpg

途中からアイゼンに足回り変更(帰り撮影)
DSCN6129_R.jpg

視界なし~
DSCN6110_R.jpg

20M以上の強風も~
1869M地点。ダメだこりゃ。。。
またもや撤退で境山はこれで4回目の断念~
ほんと縁がないな~(T T)
DSCN6122_R.jpg

下山途中~


下山途中少々ガスがとれて~
IMG_1018.jpg

赤サンゴならぬ白サンゴ?(笑)
IMG_1023.jpg

切り替えて2週間前と同じ行動をとる!(^_^ )
温泉入って、まるますで焼肉パーティ!
IMG_1034.jpg

ここのランチはおすすめです!(笑)
IMG_1038.jpg

山の不完全燃焼はゴルフで解消しスッキリ週末~(^_^ )
IMG_1092.jpg


<登山データ>
■日時:2014年11月8日
■装備:日帰冬山登山装備
■時間:登り2時間25分 下り1時間37分 (休憩・写真含む)
■人数:3人
■途中会った登山者 
・上ホロ分岐付近で単独男性
・その他数組

uehoro_convert_20141111220352.jpg
uehorolog.jpg

[edit]

札幌マイナー山巡り(兜岩~兜峰~豊栄山) 

2014年11月1日 兜岩~兜峰~豊栄山

①兜岩~兜峰
②豊栄山

①兜岩~兜峰
友達数人を巻き添えに、札幌のマイナー山ハイキングにいきました。(笑)
勿論自分は未踏峰ハンテイングの一環ですが、他の同行者はこれらの山は全く知りません~(笑)
数年前から狙っていた兜岩。ついでに兜峰まで足をのばす予定です。
実は2年前にこの山は冬季アタックして途中断念してます。今回リベンジです!(^_^ )
駐車スペースのゲート
IMG_0721_R.jpg

紅葉が終わって落ち葉で埋まる林道
IMG_0724_R.jpg

途中簾舞川に向かう二股を右に
最近ひそかに人気が出始めているようでテープがかなりついてます
IMG_0727_R.jpg

目指す兜岩と兜峰
IMG_0728_R.jpg

唯一の簾舞川の渡渉
IMG_0735_R.jpg

さ~渡渉後、壁を登ります。
写真より実際かなり急ですが、いつのまにかロープがしっかり設置されていました
IMG_0736_R.jpg

ずっとロープがかかる
IMG_0746_R.jpg

一気に標高あげる
IMG_0750_R.jpg

茂みの中から兜岩
IMG_0758_R.jpg

兜岩と兜峰の中間コル
IMG_0760_R.jpg

ピークへの最後の登り
IMG_0766_R.jpg

切り立っているのでかなり眺望はGOOD
IMG_0780_R.jpg

焼山やこのあと登る豊栄山ばっちり
IMG_0781_R.jpg

続いて中間コルを反対に行き兜峰へ
ピークまではこれまた急です
最後の細尾根
IMG_0796_R.jpg

ピークからは目の前にお気に入りの恐竜の背骨の盤の沢山(盤龍山)←この山は結構おもしろい。
IMG_0801_R.jpg

札幌岳はうっすら雪が
IMG_0809_R.jpg

②豊栄山
兜下山後、豊栄山へ
札幌市民ならご存知あのフッズの山です
この山に登頂すれば藤野3山完登です~(笑)
IMG_0816_R.jpg

今回はスキー場を直登します
IMG_0821_R.jpg

第二リフトからかなり急になります
IMG_0831_R.jpg

眺望もいい感じ
IMG_0836_R.jpg

リフトの終点から焼山
IMG_0855_R.jpg

最後階段の登ってすぐに山頂
裏は採石で山自体が半分切り取られています。
4人でのんびり時間をかけて秋のマイナー山巡りこれにて終了~
IMG_0868_R.jpg

からの~
実は本日はテニスメンバー。個人的な山にお付き合いしてもらってここからがメイン。
気合いいれて久しぶりにガッツリ汗をかいて満喫
IMG_0877_R.jpg

締めはお初の藤の屋でスープカレー
IMG_0880_R.jpg

<登山データ>
■日時:2014年11月1日
■装備:日帰装備(登山靴)
■時間:

①兜岩~兜峰
 (休憩・写真含む)
936登山口→1014兜岩→1048兜峰→1129登山口

②豊栄山
(休憩・写真含む)
1217登山口→1254山頂→1328登山口

■人数:4人
■途中会った登山者 
①兜岩~兜峰
・わんちゃん連れのご夫婦(登山口にて)
・男性1、女子2の3人組みパーティ(スライド)
②豊栄山
なし

①兜岩~兜峰
kabuto20141101.jpg
②豊栄山
houei20141101.jpg

kabutohoueilog.jpg


[edit]

小金湯温泉 湯元 旬の御宿まつの湯 

2014年11月1日 小金湯温泉 湯元 旬の御宿まつの湯

久しぶりにこの温泉~
暫く来てないうちに値上げされてました~(T T)
現在改装中です。

温泉データ>

場所 北海道札幌市南区小金湯
料金 日帰り 600円
方法 源泉循環
泉質 硫黄泉、 アルカリ性単純温泉
加温 あり
殺菌 不明

勝手評価>

泉質 ★★★
雰囲気 ★★★
お気に入り度 ★★★

[edit]

朝活テニス 

2014年11月1日 朝活テニス

テニスメンバーと登山行って朝活テニス
IMG_7265.jpg

[edit]

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター