01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

大麓山・トウヤウスベ山 

2015年2月21日 大麓山・トウヤウスベ山

地形図を見ていて以前から狙っていたマイナーな両山。
冬には滑るポイントも結構ありそうなので、厳冬期?にいくべくネットでみると登っている人もちらほらいる。
知人で山レコでお馴染みのPミンが今年登頂していて情報を確認して晴天予報の本日実行となりました。(笑)
なんといっても北海道一といわれる樹氷と主要な山が一望できる大展望が期待できるとの噂。
条件がよければ樹氷林を滑走できればベストと企む。

周回をルートを計画~装備はロング&キレている稜線あるきもあるので、BC装備に加えてアイゼン・ピッケル、いつもより多めの行動食類、そして時間との戦いになるので朝4時ライトでの入山予定。準備はバッチリだ!
さ~気合いをいれて~

----------------------------------
■今回の登山につきまして

・入山に関しては自然公園法第20条第3項を勿論遵守してます
・環境省の車馬等乗入れ規制制度(大雪国立公園乗り入れ規制)も遵守しています

*しかしながらいろいろなご意見があるのでログは控えます
-----------------------------------

はい!なんだかんだ手間取って6時すぎに入山!(T T)
チーン。。。。。
気合い空回り・・・・予定は未定ということで。。。。(笑)
ルートは状況に応じて調整しよ~
ゲート手前まで除雪が入ってるが、なんせ車を置くスペースがない。
車は乗り上げてなんとか置く
DSCN8757_R.jpg

まだ薄暗いなか林道を歩く
今年の富良野界隈はとにかく雪が少ない。
林道もご覧の通りで、森の中も既にブッシュがでてきてる。
さながら残雪期の登山のよう
でも、気温はマイナス14度で見た目とのギャップ大!(笑)
顔がつめてーーーー
DSCN8756_R.jpg

閉鎖されたゲートをすぎると早速地形図にはない沢に沿うように北に延びる林道が。この林道使ってみる
DSCN8762_R.jpg

途中林道は北と東へいく二股に
沢はすでにスノーブリッジに苦労しそうだったので、確実に渡れるうちに渡っておこう。二股を東に行き、すぐに尾根に取り付く
DSCN8772_R.jpg

緩やかな広大な尾根の裾は大量の小沢が走っていてる。
小沢をかわすように蛇行歩行状態。雪がたりないのか
DSCN8776_R.jpg

そしてもっと厄介なのがこれ。。。
大きな倒木がとても多い。雪がすくなく埋まってないのでパスするに疲れる。
DSCN8784_R.jpg

またまた地形図にない林道
しかも法面が急で登れない。
迂回させられる
DSCN8777_R.jpg

人があまり入らない森に朝日が
DSCN8793_R.jpg

森の住人は外出中のよう(笑)
お邪魔しま~す!
DSCN8817_R.jpg

標高上がってくると雪も安定してくる
DSCN8819_R.jpg

そして不思議な光景。
ちいさなウサギかリスの足あとが途中から幅10CM程度の滑走跡に。。。
もしや彼らの中でもボードがはやっているのか!!??
DSCN8828_R.jpg

いい感じの森林地帯
仮に同じルート戻ることになってもかなり滑って楽できそう~
DSCN8835_R.jpg

と、自分の約50CMすぐ横の樹木の下から白い物体が一目散に逃げる。
冬の野ウサギをこんな至近距離でみるのは初めてだ。
ちょっと得した気分
*一瞬の出来事で写真はありません
DSCN8836_R.jpg

少しずつ眺望がやっと出てくる
遠くに日高山脈が雲海に浮かんでいる。
今日は晴天、無風の絶好の山日和!
DSCN8853_R.jpg

大麓山東から南東に伸びる大きな尾根も見える
DSCN8858_R.jpg

この静かな森を帰り滑るのもいいな
DSCN8867_R.jpg

雪と空と木のみ
DSCN8870_R.jpg

今日はMさんはスプリッドボードで参戦
DSCN8871_R.jpg

稜線上にでた
目標バッチリ確認!
DSCN8872_R.jpg

東方面~
DSCN8873_R.jpg

南方面~
人の気配が全くない
DSCN8875_R.jpg

ん!? わ!!!
大麓山の南面ズーム・・・
うっすらシュプールが入ってる!!!!!
やはり樹氷林BCを考える人いるんだな~
それにしてここまで一切人気もなくトレースなにのにどこから。。。。
ま、数日前のラインだし、いずれにしてもあの樹氷林の滑走は格別だな!
DSCN8876_R.jpg

稜線から地形図にある林道方面に目をやると、、、、
なるほど。。。モービル痕
*モービルで山頂直下まで入り樹氷林BCを楽しんだと見える
DSCN8882_R.jpg

大麓山全貌
DSCN8883_R_2015022213220164b.jpg

森林浴をたのしみすぎて予定時間押し気味・・・
1230ピークは軽く東からトラバース
*振り返って撮影
DSCN8885_R.jpg

1178コル手前から山頂方向見上げる
樹氷がいっぱで素敵すぎる!
心の中で既に周回ルートはやめてここを滑ることで決定!(笑)
DSCN8886_R.jpg

ピーク西側もよさそう~
DSCN8904_R.jpg

1230ピークごしに浮き夕張山地
DSCN8917_R.jpg

ちょっとズーム!
今日はあまりの絶景に写真500枚くらい撮影~(笑)
DSCN8919_R.jpg

最後の急登り~
絶景すぎて同じ写真何枚も撮る!(笑)
DSCN8922_R.jpg

予想通りクラストしていてスリップしまくりでたまらずシーアイゼン装着
*帰りは気温上昇で柔らかく最高の状態に
DSCN8921_R.jpg

うひょ。
DSCN8931_R.jpg

樹氷達のお出迎え~
DSCN8940_R.jpg

最高の斜面
DSCN8945_R.jpg

山頂手前
DSCN8961_R.jpg

ハイマツの踏みぬき多し~
シューだと大変かも・・・・
DSCN8970_R.jpg

きたー!
お!なんと標識あり!
DSCN8976_R_20150222143009a11.jpg

厳冬期にこの快晴&無風のピークって、、、
もってるな~(笑)
DSCN8975_R.jpg

ウペペとニペに挟まれる下ホロ
境山もこのアングル初めてだな~
DSCN8979_R_20150222132827dd1.jpg

しかし絶景山だな
DSCN8980_R.jpg

十勝連邦~
DSCN8984_R.jpg

夕張山地~
DSCN8989_R.jpg

富良野岳ズーム!
DSCN9003_R.jpg

夕張山地ズーム!
DSCN9009_R.jpg

パノラマ ① 前富良野~日高方面
IMG_0770.jpg

パノラマ ② 日高方面~富良野岳
IMG_0771.jpg

下ホロ綺麗だ
DSCN9015_R.jpg

暑寒?まで見える!
DSCN9013_R.jpg

さ~時間と戦いなので次なるトウヤウスベに向かう
この天気と眺望なら何時間でも居れるな
次回狙っている前富良野岳
DSCN9021_R.jpg

目指すトウヤウスベ
DSCN9024_R.jpg

一旦圧巻の樹氷林を標高で150M落とす
しかしこの面は樹氷とハイマツで雪が薄く滑走は不可能
バリバリ踏みぬきながら下りる
DSCN9035_R.jpg

シールをつけたままスプリッドで下るのは難しそう~
DSCN9055_R.jpg

もはや樹氷ジャングル!?(笑)
DSCN9071_R.jpg

コルを過ぎて登り返す
DSCN9081_R.jpg

芦別岳が背後から応援!
DSCN9115_R.jpg

トウヤウスベ山頂
勿論標識はない
DSCN9129_R.jpg

このまま目の前の原始が原に向かって滑走も考えたが時間的に今日は無理~
ここまで約6時間30分。日没に間に合うか微妙になってきた。(笑)
ここは無理せず来たルートを効率的に戻ることにする。
DSCN9128_R.jpg

登りと違い滑走になると急に元気になるMさん。
DSCN9138_R.jpg

動物発見!
ラクダか!?笑
DSCN9147_R.jpg

日差しがまぶしい
DSCN9153_R.jpg

帰りのご褒美!
樹氷林滑り~
ちょうど良い硬さになっておもろい~!
DSCN9161_R.jpg

吸い込まれる~
DSCN9174_R.jpg

山頂からコルまでの圧巻の感動的斜面を堪能
1178コルからは林道や森の中など上手く使い、標高650Mまで緩斜面をほぼ滑り続ける
はや!!
一気に時間大幅短縮!
DSCN9190_R.jpg

斜度が緩んでからは林道を使う
DSCN9202_R.jpg

朝来たトレースに合流
下りが予想以上に滑れて日没までに余裕で下山!
DSCN9212_R.jpg

うっすら夕陽に染まる左に連峰と右に大麓山!
この山ほんと穴場だな。
眺望、滑走とても満足な山行だった
IMG_3270_R.jpg

帰りは富良野のくまげらでトンカツ~
IMG_0879.jpg

<登山データ>
■日時:2015年2月21日
■装備:日帰冬山BC装備・アイゼン・ピッケル
      (山スキー、スプリッドボード)
■時間:総行動時間 10時間9分(休憩・写真含む)
登り6時間34分(大麓山の40分のランチ休憩含む) 下り3時間16分
606入山→612林道分岐→623林道分岐→646地形図にない林道をクロス→937 1230ピーク東→1000 1178コル→1110大麓山1150→1240トウヤウスベ山1259→1357大麓山西滑走ポイント→1615駐車スペース
■人数:2人
■途中会った登山者 
・なし

スポンサーサイト

[edit]

フラヌイ温泉 

2015年2月21日 フラヌイ温泉

大麓山・トウヤウスベ山登山後に立ち寄り
ここの浴室は日替わりで男女交代制だったんだな~。
今回初めて東側の浴室。
どっちもあんまり変わらないが・・・・(笑)

温泉データ>

場所 北海道空知郡上富良野町新町4丁目4-25
料金 日帰り 600円
方法 源泉循環・一部かけ流し
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物質 (低拡張性中性温泉)
加温 あり
殺菌 不明

勝手評価>

泉質 ★★
雰囲気 ★★
お気に入り度 ★★

[edit]

羊蹄山 ~墓地の沢~ 

2015年2月15日 羊蹄山 ~墓地の沢~

全道的に荒れ模様。山は暴風の予報。
スロースタートでダメもとで羊蹄山を墓地の沢コースから入山
さすがにいつもより車少ないです~(笑)
DSCN8692_R.jpg

なんとか行けそうな空模様~
降雪もあったっぽくいい感じ。
DSCN8695_R.jpg

トレースはほとんど神社の沢方面へ。
わずかなシューのあとが墓地の沢方面へ。
あざーす!ありがたく利用させてもらいやす~(^_^ )
DSCN8700_R.jpg

お!青空きたー!
これ結構いけんじゃねーーーのー!!
天気予報外れろ!!
DSCN8703_R.jpg

はい!青空は一瞬!みるみる悪化!
強風&吹雪。
1000Mくらいまでいければいいか・・・・
DSCN8708_R.jpg

うげ~!地吹雪~
しかしこの天気で先行者いるとは・・・
DSCN8713_R.jpg

ほどなく早くも先行者ボード2人組み下りてきます!
ん!!!??あら、知人のOやんでーの。。。!!(笑)
今週2度目の遭遇!(^_^ ) よく会うな~
情報もらって”上はやっぱ厳しい状況らしー”
他誰もいらいとのこと。そりゃそーだべなこの天気じゃ。
DSCN8714_R.jpg

吹雪、風、、、、、顔つめてーよーーー
DSCN8731_R.jpg

870M付近でやーめたー(笑)
無理しても意味なし~!
それでも新雪はフカフカで1本のみ楽しんで終了~
DSCN8738_R.jpg

予想通り?の早め下山でお気に入りのイチフジでとんかつ&真狩温泉
IMG_3061.jpg

<登山データ>
■日時:2015年2月15日
■装備:日帰冬山登山装備(山スキー)
■時間:総行動時間 登り2時間
■人数:3人
■途中会った登山者 
・知人のOヤンの2人組みパーティのみ
youtei20150215_convert_20150215232110.jpg
youteilog20150211.jpg

[edit]

真狩温泉 

2015年2月15日 真狩温泉

羊蹄山BC後に立ち寄り
IMG_3063_2015021523584837f.jpg

温泉データ>

場所 北海道虻田郡真狩村字緑岡174-3
料金 日帰り 500円
方法 源泉循環
泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉 
加温 あり
殺菌 あり

勝手評価>

泉質 ★★★
雰囲気 ★★
お気に入り度 ★★

[edit]

ルスツ温泉 

2015年2月14日 ルスツ温泉

ルスツの裏を楽しんだあと立ち寄り
ここは何と言って最高のコスパー!!

温泉データ>

場所 北海道虻田郡留寿都村字留寿都156-2
料金 200円(清掃居力金)
方法 ?
泉質 ナトリウム-塩化物泉
加温 ?
殺菌 ?

勝手評価>

泉質     ★★★
雰囲気    ★★★
お気に入り度 ★★★

[edit]

ルスツ裏 

2015年2月14日 ルスツ裏

初ルスツ裏です!
今回は知人のルスツマスターA氏にウラを案内してもらいました~!(^_^ )
DSCN8644.jpg

滑りもイケてるA氏
DSCN8674.jpg

山頂は貫気別山のピークです!
DSCN8655.jpg

本日はフカフカでかなりの当たり日だとのこと!
上達著しいMさん
DSCN8651.jpg

初セッションのSちゃん!
朝から滑りまくりで満喫の1日でした!
DSCN8690.jpg

<登山データ>
日時:2015年2月14日
装備:山スキー
人数:4人
rusutsu20150214_convert_20150215231533.jpg




[edit]

余市岳(南東&北斜面) 

2015年2月11日 余市岳(南東&北斜面)

余市~プリン~アポロ周遊予定でゴンドラ山頂駅から4人で入山
DSCN8502_R.jpg

昨日の降雪で新雪が大量でゲレンデは大賑わい!
DSCN8501_R.jpg

天候がイマイチなのもあって余市方面はなぜか入山者が少なく、先行者1名の後を追う
DSCN8507_R.jpg

スノーモンスターもいい感じ。
DSCN8515_R.jpg

飛行場をいく
IMG_2982_R.jpg

うーむ、、、雪は最高なんだけど視界がないな~
DSCN8518_R.jpg

先行者は途中で進路を変えてしまい、自分たちが先行で余市方面へラッセルします!
DSCN8523_R.jpg

芸術的な1ショット!
IMG_2985_R.jpg

それにしても今日は雪が深い!
深雪に足を取られるNさん
DSCN8536_R.jpg

吹きだまりを超える!胸ラッセル。。。入浴か!?(笑)
あまりに雪がいいので、予定を変更してまずは南東斜面落とすとこで全員一致!
今日はツーリングより滑り重視で!(^_^ )
IMG_2984_R.jpg

遠くにキロロのゴンドラ山頂駅
DSCN8581_R.jpg

ドロップポイント一番乗りなのでチェック。
DSCN8546_R.jpg

視界待ちして開けたタイミングでドロップ~
みるみる晴れる!(^_^ )
DSCN8553_R.jpg

真っ白な斜面にラインはいる!ヤバイ今日の雪最高だ!
IMG_2962.jpg

アンコール!もう1本南東いこー!
登り返す
DSCN8583_R.jpg

途中偶然会ったOやんチームと!
DSCN8603_R.jpg

みんな超テンション↑
DSCN8586_R.jpg

南東2本滑って、今度は北斜面へ
DSCN8607_R.jpg

またこ北斜面がさらに最高のパウダー!
深さ、軽さ最高レベル~(^_^ )
DSCN8609.jpg

Mさんものりのり
DSCN8614_R.jpg

Nさんさすがの滑り!
DSCN8621_R.jpg

Kちゃんバンザイ?(笑)
DSCN8611_R.jpg

最高に満足の滑走後はキロロ方面へしばし滑りラッセルタイム
今日は今シーズン一番の当たりの日だったな~(^_^ )
DSCN8630_R.jpg

帰りは定番のSTARでネパールカレー
IMG_2988.jpg

<登山データ>
■日時:2015年2月11日
■装備:日帰冬山登山装備(山スキー)
■時間:総行動時間 
■人数:4人
■途中会った登山者 
・南東斜面で3~4組
(Oヤンの7人組みパーティ、男性単独、男性5人パーティなど)

yoichilog_convert_20150216000343.jpg
yoichi20150211.jpg

[edit]

極楽湯 手稲店 

2015年2月11日 極楽湯 手稲店

意外にここも温泉だったんです!

温泉データ>

場所 北海道札幌市手稲区前田二条13丁目
料金 日帰り 420円
方法 一部掛け流しまたは掛け流し・循環式併用
泉質 塩化物泉 
加温 あり
殺菌 あり

勝手評価>

泉質 ★
雰囲気 ★
お気に入り度 ★

[edit]

日勝ピーク~ペケレベツ岳BC 

2015年2月7日 日勝ピーク~ペケレベツ岳BC

晴れ可能性が高い北日高に6時過ぎに到着です。
日勝ピーク駐車場はまだ誰もいません。
DSCN8233_R.jpg

ん?噂通り今年も雪が少ないです。
取り付きポイントも笹がでてます。(T T)
DSCN8238_R.jpg

予想通りの晴天!
山裾から日がでてきます!
DSCN8251_R.jpg

ひどい!雪すくなっ。。。
DSCN8258_R.jpg

日勝ピーク方面。
ほんとここはゲレンデだな~(^_^ )
雪が降っていないのかリセットされてない。
しかも硬い!!
DSCN8259_R.jpg

北側、目の前に熊見山、遠くにウペペ、ニペ東大雪も見えます!
冬は遠くまで見通せますね~
DSCN8261_R.jpg

ピークは踏まずトラバースしてピーク東から南斜面をまずは狙う
本日の行き先のペケレベツもバッチリです!
DSCN8267_R.jpg

適当なライン探します。
パリパリ・・・・
DSCN8271_R.jpg

最高の眺望!!
DSCN8278_R.jpg

大樹方面、海??
DSCN8280_R.jpg

まずはペケレベツ方向の沢に向かって本日一本目の滑走~
IMG_2825.jpg

南斜面って広大!いいな~一人占め!
DSCN8284_R.jpg

ペンケヌーシ方面を右手に見ながら滑る~
めんつる~!
DSCN8298_R.jpg

空があおい!
DSCN8283_R.jpg

沢にぶち当たる~
DSCN8306_R.jpg

雪が少ないせいかスノーブリッジがない~
ウロウロ~(笑)
DSCN8311_R.jpg

なんとか渡れそうなポイントを見つけて、ペケレベツに登りかえします
DSCN8316_R.jpg

ペケレベツの北西の裾も樹林が綺麗
DSCN8317_R.jpg

緩斜面をワッセワッセ!
振り返ると沙流岳が見えだす!
DSCN8319_R.jpg

斜度も増してきて、日高らしい針葉樹を抜ける
DSCN8334_R.jpg

早起きして良かった!
DSCN8335_R.jpg

帰りが楽しみな斜面
DSCN8340_R.jpg

日勝南斜面振り返る~
こりゃ最高だわな!
DSCN8343_R.jpg

大斜面~
DSCN8355_R.jpg

稜線見えてくると雪が飛ばされて硬く、デコボコ状態~
DSCN8363_R.jpg

稜線上に出た!
DSCN8366_R.jpg

山頂までの稜線。
このところの気温上昇で雪庇崩れてます
DSCN8369_R.jpg

振り返る!
DSCN8371_R.jpg

綺麗なワンショト!やっぱアイフォンの方が写真綺麗だな~
IMG_2843.jpg

シュカブラ~
DSCN8379_R.jpg

山頂直下はハイマツ地獄。
スキーでないと相当ぬかりそう~
DSCN8385_R.jpg

ほどなく山頂!!
DSCN8395_R.jpg

標識も結構でてます!(^_^ )
DSCN8405_R.jpg

おいおい!登頂した瞬間ちょうど雲が・・・・(T T)
DSCN8403_R.jpg

強風のペケレベツ山頂~


眺望良くて意外といいお山だな~
強風なので、取りあえず少し下りる
DSCN8399_R.jpg

稜線下まで降りてランチ
DSCN8421_R.jpg

さ、沢まで本日2度目の滑走タイムです!
DSCN8428_20150210001014354.jpg

稜線下は硬い&細かな樹林多く滑りにくい
DSCN8426_R.jpg

すぐにパウダ~&大眺望になります!
ペケレもお向かえの沙流岳も、日勝もいい斜面が多いですね。
DSCN8427.jpg

もう一降りあると尚いいのだが~(笑)
でもペケ北西気持ちよくなかなか良いな~
DSCN8435_R.jpg

再び沢からシールをつけて南斜面を登りかえす
DSCN8432.jpg

広大な南斜面
DSCN8447_R.jpg

帰りは日勝ピークも踏みに行く
北日高大眺望
DSCN8460_R.jpg

北側
DSCN8468_R.jpg

沙流ズーム!
DSCN8467_R.jpg

トマムスキー場も遠くにハッキリ
DSCN8477_R.jpg

トマムズーム!
DSCN8480_R.jpg

と、バスで来たという団体様が続々登頂
DSCN8482_R.jpg

北斜面は硬いセンターを避けてできるだけ沢沿いを滑走~
バリエーション豊富で面白いルートでした!(^_^ )
満足度☆☆☆!!
DSCN8493_R.jpg

時間があったので、十勝をドライブ~
清水でラーメン食べて、念願の菅野温泉まで足を延ばす!
やっぱここのお湯はヤバイ!!最高!
IMG_2915.jpg

さらに帰りは新得そばを!(笑)
ミニ豚丼セットで!
食いすぎか!!
IMG_2929_R.jpg

<登山データ>
■日時:2015年2月7日
■装備:日帰冬山登山装備(山スキー)
■時間:総行動時間 登り2時間54分 下り2時間41分
702駐車スペース→747 日勝ピーク下→811沢→956ペケレベツ岳山頂1002→1048沢→1200日勝ピーク1216→1243
■人数:単独
■途中会った登山者 
・ペケレベツ北西斜面で5人組パーティ
・日勝南斜面で2人組み(上記と同パーティらしい)
・日勝ピーク・北斜面 多数

pekere_convert_20150209234515.jpg
pekerelog.jpg

[edit]

菅野温泉 

2015年2月7日 菅野温泉

復活したこの温泉!念願の初めての来湯です!
IMG_2915_20150210003235cca.jpg

施設はほぼ再建築されました!
やや風情がなくなったのは時代の流れでしょうがないか・・・・
IMG_2922.jpg

※因みに3年前閉鎖中に偵察に来た時はこんな感じでした~
DSCN5972.jpg

5つの泉質!すごい!
IMG_2919_R.jpg

露天もありますが、男女日替わりで交代制で今回は入れませんでした~
IMG_2920.jpg

温泉データ>

場所 北海道河東郡鹿追町
料金 日帰り 650円
方法 源泉かけ流し
泉質 含芒硝重曹食塩鉄泉、含炭酸重曹食塩泉、重曹食塩泉、含硼酸重曹食塩泉、含石膏食塩泉、含硼酸重曹食塩泉、重曹硼酸食塩泉、含石膏食塩鉄泉ナトリウム-塩化物強塩泉 
加温 なし
殺菌 なし

勝手評価>

泉質 ★★★★★
雰囲気 ★★★★★
お気に入り度 ★★★★


[edit]

ハッタオマナイ岳 

2015年2月1日 ハッタオマナイ岳

以前から狙っていた穂別の奥深山ハッタオマナイ岳。
全道的に荒れ模様なのに関わらずこの山域は奇跡的に良い感じ。
今回は274号沿いの八幡林道から直接アタックし、1018ピークまで登り稜線歩きを長めにとる計画です。
DSCN7917_R.jpg

林道ゲートは解放されてますが、勿論積雪で車は入れません。
シュー&アイゼンかスキーか迷って結局スキーで入山
DSCN7919_R.jpg

適当に1018Mピークから伸びて来る尾根に向けて取り付きます
今年は雪が少ないです。
倒木などが進路を妨げます
DSCN7922_R.jpg

落葉林ぬけます。
標高が高くない山なので稜線までの道中樹木が混んで歩きにくいです。
DSCN7930_R.jpg

尾根は次第に細く、急になってきます
しかも雪が少なめで飛び出たブッシュをかわすのにスキーは結構苦労します
DSCN7937_R.jpg

今年は寒暖が激しく雪が安定してません。
風があたる面はにコンクリートのような硬さの箇所もあります
帰り沢を滑ってと思っていたが難しそう~(T T)
DSCN7967_R.jpg

稜線見えてきます
南側はガスに囲まれてます
DSCN7969_R.jpg

しかし急です。
シグをきりながら、たまにずり落ちたり~
やっぱスキーよりシューの方が良かったな~(笑)
DSCN7983_R.jpg

1018ピークまじか
DSCN7986_R.jpg

1018ピークからハッタオ方面~
目指すピークはみえません。しかし今日はこの後晴れる予報~
期待します!
DSCN7995_R.jpg

西側は晴れ間が!
坊主山がくっきり
DSCN8001_R.jpg

ここから稜線歩きです。
雪庇もすくすく育ってます
DSCN8007_R.jpg

遥か遠くにハッタオマナイ岳ロックオン。
DSCN8020_R.jpg

980ピークはトラバッてショートカット。
東に延びる尾根に針路をとります
DSCN8021_R.jpg

ほどなく大岩登場!
直進は厳しそうです
さて、どうするか・・・・。
DSCN8031_R.jpg

岩の西から巻く
DSCN8032_R.jpg

広々とした稜線
ここにきて晴れ~!
予報見事に当たったな~
DSCN8040_R.jpg

ハッタオと987ピーク、そこから伸びる大斜面
時間あれば滑りたいところ~
DSCN8059_R.jpg

東側は山だらけ~(笑)
遠くに日高国際スキー場もみえます
DSCN8064_R.jpg

来た道を振り返る
980ピーク南側は大斜面
DSCN8067_R.jpg

987から北東に伸びる大斜面の雪チェックする
かた~~い!ザ・コンクリート(笑)
DSCN8071_R.jpg

今日は雪質は最悪!(笑)
コンクリート状態か雪が溜まる面はいたるところが雪崩れてます
せっかくスキーで来たけど登りデー
DSCN8074_R.jpg

雪庇の上を行く
DSCN8088_R.jpg

987ピーク手前
クラック入ってまるで春先のような光景~
DSCN8092_R_201502021803276bc.jpg

坊主山やっぱ標高低いな~
987ピークから
DSCN8095_R.jpg

歩いて来た稜線振り返る
DSCN8098_R.jpg

さ~、ハッタオ目前!
DSCN8104_R.jpg

ここも雪庇崩れ落ちてます
DSCN8107_R.jpg

ここらの雪庇はどっちに発達すればいいか迷ってる感じ~(笑)
芸術的!
DSCN8119_R.jpg

見事に上から壊す!(笑)
IMG_2796.jpg

ハッタオマナイ山頂!
しかし時間かかったな~
今回はスキーは失敗でした。
シューのほうがよかったです
DSCN8133_R.jpg

南に続く尾根
滑ると気持ちよさそーなオープン斜面
DSCN8137_R.jpg

でも雪崩てます~(笑)
DSCN8138_R.jpg

眺望は良好です!!(^_^ )
DSCN8140_R.jpg

時間がないので山頂を約15分で後に
しばらく来たルートを戻ります
DSCN8148_R.jpg

途中の大岩は大きく西側から巻いたほうがよさそうです
(帰りはさらに西側から巻きました)
DSCN8176_R.jpg

せっかくなので帰りは980ピークから別なルートを画策します
西に延びる尾根を使います
DSCN8188_R.jpg

急な樹林が混んだ尾根おります。
スキーではきびい~
DSCN8194_R.jpg

沢の滑走を考えましたが、雪崩の巣窟。
今回は条件悪すぎなので滑走はあきらめる
DSCN8190_R.jpg

尾根上もパリパリ割れ落ちる
DSCN8200_R.jpg

最後は南寄りの八幡林道に下りてテクテク歩いて無事ゴール
この尾根を下りるのはお勧めできません~。ゲートに戻るには遠回り&標高大分損しますね~(笑)
今回のコンディションならシュー&尻ボードが最速でいけそーでした~(笑)
DSCN8222_R_201502021807041d6.jpg

<登山データ>
■日時:2015年2月1日
■装備:日帰冬山登山装備(山スキー)
■時間:総行動時間 登り4時間54分 下り4時間38分
642ゲート→650取り付きポイント→909 1018ピーク→933 980ピーク東→1008 842ピーク→1107 987ピーク→1136 ハッタオマナイ岳山頂1152→1315 大岩手前→1347 980 ピーク→1537林道→1630ゲート (休憩・写真含む)
■人数:2人
■途中会った登山者 
・なし

hattao_convert_20150201233908.jpg
hattaolog.jpg

[edit]

長沼温泉 

2015年2月2日 長沼温泉

穂別登山後に立ち寄り
いつのまにか値上がりしてた~(T T)
IMG_2808.jpg

ついでに隣棟のジンギスカンコーナーで長沼食べ比べジンギスカンを頂く!!(^_^ )
IMG_2792.jpg

温泉データ>

場所 北海道夕張郡長沼町東6線北4
料金 日帰り 600円
方法 源泉かけ流し
泉質 ナトリウム-塩化物強塩泉 
加温 なし
殺菌 なし

勝手評価>

泉質 ★★★
雰囲気 ★★
お気に入り度 ★★
-- 続きを読む --

[edit]

松原温泉 

2015年1月31日 松原温泉

以前から気になっていた千歳の穴場温泉。
IMG_2694.jpg

露天はないが、泉質がかなり良いと感じた~(^_^ )
リピートするのがわかる!!
肌がツルツルになる!
IMG_2697.jpg

千歳の4大温泉か!?(^_^ )
IMG_2696.jpg

温泉データ>

場所 北海道千歳市泉郷708
料金 日帰り 500円(割引き券利用)
方法 源泉循環
泉質 含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉とナトリウム-塩化物泉
加温 あり
殺菌 あり

勝手評価>

泉質 ★★★★
雰囲気 ★★
お気に入り度 ★★★

[edit]

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター