07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

十勝岳~美瑛岳~美瑛富士 

2015年8月30日 十勝岳~美瑛岳~美瑛富士

ナイトハイクでご来光でもと思って、深夜望岳台についたが、前日からの睡眠不足が爆発して起きたら5時すぎ・・・
ヤバ・・・
あたりは車だらけ・・・
DSCN9539_R_20150906230922bf9.jpg

すっかり明るくなった望岳台からまずは十勝岳を目指す
DSCN9546_R_20150906230923ea4.jpg

朝日を浴びる白銀分岐
DSCN9558_R_20150906230925d35.jpg

紫の綺麗な・・・・えっと・・・・なんだっけ○×○×・・・・笑
DSCN9565_R.jpg

避難小屋まで約40分
今日は沢山の登山者が十勝岳を目指してる
DSCN9567_R.jpg

雲海の下界を眺めながらの”どらやき”
DSCN9569_R.jpg

まぶしい~
今日は晴天だ!
DSCN9589_R.jpg

白銀荘もちいさくなる
DSCN9590_R.jpg

十勝ピーク北のグランド火口にこんなに雨裂あったっけ?
先日の豪雨のせいか・・・・
DSCN9608_R.jpg

スリバチ火口からピーク目指す
DSCN9614_R.jpg

美瑛岳も美しい
DSCN9620_R.jpg

最後のウマの背までの急登
こちらもやっぱ雨裂が大きくなってるような~
DSCN9635_R.jpg

来た道を振り返る
今日は写真日和だ
DSCN9642_R.jpg

美瑛岳方面
DSCN9650_R.jpg

大正火口付近の墳煙
DSCN9649_R_20150906231159391.jpg

約2時間40分で大盛況の十勝岳山頂
DSCN9676_R.jpg

大混雑の山頂をそこそこに、自分はアミノ酸を補給して一路縦走路から美瑛岳へ
DSCN9683_R.jpg

月面を歩いている気分
←想像ですが・・・(^_^ )
DSCN9712_R.jpg

鋸山方面
DSCN9716_R.jpg

ギザギザ~
DSCN9725_R.jpg

ザレの急斜面
DSCN9738_R.jpg

気持ちの良い稜線歩きだな~
DSCN9758_R.jpg

荒々しい美瑛岳の南面
DSCN9778_R.jpg

雲が湧く
DSCN9810_R.jpg

美瑛岳ピークまじか
DSCN9814_R_20150906231451ef9.jpg

ピーク
2組ほど登山者が
DSCN9828_R.jpg

高度感結構ある
DSCN9835_R.jpg

続いておむかえの美瑛富士へ
何を隠そう今回はこの富士がメインの目的
DSCN9843_R.jpg

美瑛と富士のコル
DSCN9852_R.jpg

コルから登りかえして
美瑛富士ピーク
実は今さらながら美瑛富士は初登頂~(^_^ )
女性の2人組みの方がいます
DSCN9865_R.jpg

避難小屋ズーム
DSCN9870_R.jpg

ついでなんで北西に200Mほどのケルンまで行ってみる
三角点は見当たらない
DSCN9884_R.jpg

途中リスが癒してくれる
DSCN9899_R.jpg

ポンピ沢
DSCN9938_R.jpg

北向沢で先行者に追いつく
雪渓が崩れそう・・・
危ない
DSCN9956_R.jpg

天然の冷蔵庫?
DSCN9958_R_20150906231725186.jpg

のんびり周遊の旅も終了
白銀荘で汗を流して帰札の巻きでした。
DSCN9981_R.jpg

<登山データ>
■日時:2015年8月30日
■装備:夏山日帰装備
■時間: 
周遊8時間40分 (休憩・写真含)
■人数:単独
■途中会った登山者 
・多数

tokachibieilog_convert_20150906221037.jpg
tokachibei.jpg

スポンサーサイト

[edit]

三角山ご来光ハイク 

2015年8月29日 三角山ご来光ハイク

早朝早起きでご来光狙いで三角山
う~む。曇ってる
IMG_0133.jpg

これが限界・・・・チーン
今日はハズレ~笑
IMG_0159.jpg

[edit]

石狩ディキャンプ&花火大会 

2015年8月29日 石狩ディキャンプ&花火大会

石狩でプチディキャンからの石狩の花火大会
た~ま~や~
IMG_0259.jpg

[edit]

神恵内キャンプ 

2015年8月22・23日 神恵内キャンプ

12人集結で青少年村でコテキャン~
DSCN9416_R.jpg

ひたすら食って飲んで~
DSCN9409_R.jpg

ジャンベで演奏会!
→となりのコテージの人にうるさいと怒られる。。。
すいません
DSCN9413_R.jpg

花火~
DSCN9425_R.jpg

弁天島~
DSCN9471_R.jpg

魚多い
DSCN9508_R.jpg

昼食はMさん&Tさんお手製カレー
DSCN9531_R_2015082600024103f.jpg

海でリバーカヤック(^_^ )
DSCN9521_R.jpg

[edit]

余市岳 ~ゴンドラコース~ 

2015年8月16日 余市岳

5年ぶりに夏の余市岳へ
毎年冬はお世話になっているマウンテンセンターとゴンドラ
IMG_9717_R.jpg

夏ゴンドラは1200円です
IMG_9723_R.jpg

実は結構高さのある山頂の鐘
IMG_9726_R.jpg

ゴンドラ山頂駅横から登山道へ
IMG_9731_R.jpg

良く整備されていて登りやすい
山頂はガスってるな~
IMG_9738.jpg

眺望あるのはここまでか~(T T)
この先はガス中
IMG_9741_R.jpg

山頂はガスの中~(T T)
ゴンドラ利用でお手軽に札幌最高峰へ
IMG_9753_R.jpg

帰りはいつもの?銭函スター
IMG_9796_R.jpg

<登山データ>
■日時:2015年8月16日
■装備:夏山日帰装備
■時間: 
登り1時間50分 下り1時間20分 (休憩・写真含)
■人数:2人
■途中会った登山者 
・多数

[edit]

ピッシリ山 ~羽幌コース・林道周回~ 

2015年8月14日 ピッシリ山 ~羽幌コース・林道周回~
<北海道100名山>

天気がなんとも不安定なお盆休み・・・
久しぶりに北海道100名山未踏の道北ピッシリ山へレッツゴー
これでヤマケイの北海道100名山はゴールです!(^_^ )
まずこの山羽幌コース、幌加内コースともに林道崩落のため道路が通行止めで登山口までのアクセスが・・・
ここは自転車、、、ではなく気合いの徒歩です。笑
って、別に気合いはなく、前日海キャンプだったので道具が多く、車に自転車が載らなかっただけですが・・・。笑
計算では約30K越えのロングルート。この不安定な天気の中どうなるか~笑

羽幌コースの登山口までは2ルート。
ダム経由か愛奴沢川林道経由か~
まずはダム経由を下見
すぐに通行止め。
IMG_9536_R.jpg

全歩きなのでまずは距離の少し短いルートを選択
ということで超マイナーな愛奴沢川林道からアクセスします。
DSCN9119_R.jpg

林道は上羽幌橋から約700mで通行止めです。
アブの大量襲撃に耐えいざ出発~
DSCN9123_R.jpg

約500m進んで、ん?げ、、、やべ。早速間違える。
往復で1kのロス。。(T T)
ただでさえ今日はロングなので先が思いやらる。。
DSCN9130_R.jpg

スタート地点に戻ってチェーンで閉鎖されているほうが愛奴川林道だわな。。
DSCN9122_R.jpg

てかこの標識朽ち過ぎてなんて書いてるかわからんかった。。。
DSCN9135_R.jpg

気を取りなしてリスタート!
意外に綺麗な林道じゃん?
DSCN9138_R_20150815201844690.jpg

予想より荒れてないな。。。
これならデト二股林道より距離が近いこっちのほうがやっぱり良かった!(^_^ )
DSCN9140_R.jpg

道幅はかなり狭い
DSCN9143_R.jpg

ちょっとした崩落ポイントはあるもののゲートさえ開いていれば。。
DSCN9146_R.jpg

行けるじゃん!!
DSCN9150_R.jpg

この日はかたつむり大集合!
DSCN9154_R.jpg

使われてない林道なのでこんなものでしょう
DSCN9158_R.jpg

あら。
DSCN9159_R.jpg

じゃーん!見事にスッパリ寸断。
深さ3m幅5m程度で道消失。
使われなくなった理由はこれだわね。。。
(対岸に渡って撮影)
DSCN9166_R.jpg

え?林道跡と呼びましょう~笑
藪漕ぎの始まり始まり~笑
DSCN9169_R_20150815201947ee7.jpg

林道跡をひたすら藪漕ぎ
DSCN9181_R.jpg

この花なんていったけか?
DSCN9149.jpg

突如左手に大きな沼~
DSCN9182_R.jpg

お花畑
真ん中が林道跡です
DSCN9187_R.jpg

大崩落~
DSCN9194_R.jpg

お!やっと二股合流か!?
DSCN9197_R.jpg

きました!まずは愛奴川林道を約6K歩いて160Mの二股合流
登山口まではまだ先は長い!笑
青空・・この時点では。。。(後ほど凄いことに~笑)
DSCN9206_20150815211433fc3.jpg

ここからゲートが開いていれば車も通れる林道
DSCN9210_R.jpg

160M二股から約1K歩いてなんの目印もない二股
ピッシリ登山口のNO117方面へ
DSCN9215_R.jpg

NO117林道
DSCN9219_R.jpg

途中またもやこの黄色の花畑~
DSCN9216_R.jpg

まだ晴れてる・・笑
DSCN9217_R.jpg

荒れてはいるが歩きやすい
DSCN9219_R.jpg

整備しないと林道ってこうなるのね。
DSCN9228_R.jpg

美しい手順沢川
→後ほど激変!
DSCN9229_R.jpg

またまた大崩落
DSCN9234_R.jpg

分岐から約2.5K地点であきらかな行き止まり~
DSCN9238_R.jpg

左手の藪に突入
ここが登山口かな?
なんの標識もありませんが・・・
DSCN9237_R.jpg

しばらく藪漕ぎ
DSCN9241_R.jpg

お!間違いなし。
登山道の跡が登場して一安心~
DSCN9243.jpg

道は比較的はっきり分かったり~
DSCN9259_R.jpg

藪漕ぎになったりの繰り返し~
DSCN9262_R_20150815202920bb5.jpg

ボーボー笑
DSCN9268_R_201508152031117e3.jpg

初めてここが登山道だったんだという証~
DSCN9270_R.jpg

藪と戦いながら~
急速に天気が怪しくなってくる。
DSCN9273_R.jpg

すぐ500M南には雷雲がスコールを降らしている
やばいな~
そしてすぐに雨模様~
DSCN9274_R.jpg

カメラのレンズが雨で・・・
レインXでも塗ろうかな~笑
DSCN9282_R.jpg

唯一のロープ場
DSCN9284_R.jpg

山頂までいけるか心配になる
すぐに冷たい雨が容赦なく襲う~
雷が鳴り始める
靴もグチョグチョ・・・
DSCN9285_R.jpg

山頂まで約1Kあたりではかなりの荒れ模様
雨より雷が一番ヤバイ~
ゴロゴロの恐怖~
DSCN9292_R_20150815203245abe.jpg

あと400M程度~
稜線までくると上空に雷雲が立ち込め危険だな~
何度も身をかがめ停滞~
雷と雲の動きに注視
近くに落雷も
動けない~
DSCN9297_R.jpg

かがみながら前進したり停滞したりの繰り返し
はやく雷雲よ!あっちに行け!!
おそらくあと50M程度
DSCN9292_R_20150815203245abe.jpg

雷雲が断続的に入ってくる
DSCN9312_R.jpg

合間を縫って身をかがめながら登頂~
激しい雨でカメラのレンズはぼやけまくり~
DSCN9314_R.jpg

山頂標識
DSCN9320_R.jpg

山頂標識②
もちろん眺望は皆無!
DSCN9323_R.jpg

実はこれで北海道100名山(ヤマケイ版)全山登頂!笑
持参した登頂の記念標識は速効べちょべちょ・・・
最後がこの荒れ模様って、、、、笑
DSCN9329_R.jpg

危険!写真をとって速効逃げるように下山
DSCN9339_R.jpg

美しい手順沢川だったはずが・・・
泥川に・・・・(T T)
DSCN9358_R.jpg

160M二股まで下りると天気は快晴~!
コノヤロ~~~!
DSCN9363_R.jpg

帰りはあの藪だらけの愛奴川林道は行かず、ダム経由で~
なげーーなーーーー
DSCN9376_R.jpg

この道ナメクジの大量引っ越し中~笑
DSCN9374_R.jpg

流石にあまりのロングにMさん死亡中・・・・
DSCN9390_R.jpg

キツネと戯れる
IMG_9539_R.jpg

通行止めの理由は崩落?地滑り?
IMG_9540_R.jpg

そして今朝下見したゲートの裏側に出る
IMG_9542_R.jpg

愛奴沢川は今朝と全く違う様相~
濁流になってる!
あのスコールの仕業
IMG_9546_R.jpg

約12時間弱。36KMの長丁場。藪漕ぎ。雷。豪雨。・・・
あ~疲れた~笑
加えて、またダニにやられていた。(T T)
あれだけ藪漕げばしかたないわな~
ファイル 2015-08-15 19 54 29

二日連続でサンセットプラザへ
空腹を満たす
ファイル 2015-08-15 19 54 11

こんな天気はある程度予想できたので、晴天の前日すでに撮影しといてよかった。。笑
IMG_9479_R.jpg

その② なにはともあれ100名山登頂できてよかった!(^_^ )
IMG_9478_R.jpg

<登山データ>
■日時:2015年8月14日
■装備:日帰り装備
■時間: 登り6時間11分 下り5時間31分 (休憩・写真・停滞含)
645駐車スペース→655道間違い引き返し704→832 160m二股→846 NO117二股→925取り付きポイント→1256山頂1300→1508取り付きポイント→1554 NO117二股→1607 160二股→1700ダム管理事務所前→1755町道合流→1818通行止めゲート→1831駐車スペース
■人数:2人
■途中会った登山者 
なし
pisshirlog_convert_20150815200756.jpg
pisshiri.jpg

[edit]

羽幌キャンプ 

2015年8月13日 羽幌キャンプ

羽幌サセットビーチにてキャンプ
久しぶりに砂浜で海水浴
IMG_9453_R.jpg

BBQ
IMG_9461_R.jpg

サンセットは最高
IMG_9502_R.jpg

羽幌のローカル居酒屋で一杯
IMG_9535_R.jpg

庭のうぐいすと影虎・・・
いいお酒ありました!笑
IMG_9531_R.jpg

[edit]

積丹サバイバル 

2015年8月2日 積丹サバイバル

積丹某所で恒例のサイバイバル
DSCN8813_R.jpg

まずは藪漕ぎ登山です
DSCN8820_R.jpg

開けるとそこは沖縄のような海!?(^_^ )
DSCN8829_R_201508172349385fb.jpg

海好きの戦士集結
DSCN8838_R.jpg

この青さ!最高!
DSCN8874_R.jpg

途中カヤック組のKちゃん、Yさんも
DSCN8909_R.jpg

潜るとまさに竜宮城
DSCN8913_R.jpg

恒例の飛び込み大会!笑
Mちゃん完成度高い!
DSCN8946_R.jpg

K氏相変わらず高い身体能力!
DSCN8951_R.jpg

潜って、飛び込んで、BBQやって~
充実の海遊びでした!笑
DSCN8968_R.jpg

<登山データ>
日時:2015年8月2日
装備:軽登山装備、海装備(シュノーケル道具、釣り道具他)
時間:行き45分、下山40分
人数:9人
*ログの掲載は控えます。

[edit]

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター