01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

日勝1179周辺BC 

2016年2月28日 日勝1179周辺BC

双珠別岳~狩振岳界隈の斜面を画策し入山
274三国の沢覆道手前約1Kに取りつきポイント適場所をみつけなんとか駐車。
1179ピークへ直接登る南東派生尾根から狙うことにする
DSCN1534_R.jpg

本日は晴天!期待できるな~(^O^)
DSCN1537_R.jpg

すぐに素敵な斜面が登場しだす
DSCN1544_R.jpg

日勝ピークも遠くに見える
DSCN1549_R.jpg

帰りが楽しみだ
DSCN1554_R.jpg

このエリアは疎林が多い
DSCN1558_R.jpg

まるでゲレンデ?笑
DSCN1560_R.jpg

こんな天気を待っていた!(^_^ )
IMG_5565.jpg

わっせわっせ~
DSCN1566_R.jpg

真っ白キャンパス
DSCN1565_R.jpg

支尾根までくると電波塔登場
DSCN1572_R.jpg

向かい側のおなじみ日勝ピークにはラインがいくつか
DSCN1583_R.jpg

電波塔
DSCN1587_R.jpg

西にまず目指す双珠別岳確認
晴れ登山はいいね~
DSCN1596_R.jpg

国境稜線上はシュカブラ&カリカリのデパート
DSCN1598_R.jpg

十勝平野一望~
DSCN1602_R.jpg

空が青い
IMG_5554.jpg

カリカリでスプリットボードのハイクきびしくなる。。
そして稜線上はやや風も強め・・・
縦走あきらめ完全にやる気をなくすMさんに従い今日はここまで~笑
DSCN1608_20160229234731dbf.jpg

1179の北西斜面で一本遊ぶ
IMG_5513.jpg

登り返して南東の大斜面へ
うわふわパウダー
今日は林道歩きゼロで車まで滑り下りて来れる効率ルート!
IMG_5543.jpg

<登山データ>
■日時:2016年2月28日
■装備:日帰BC装備
■時間:4時間40分
■人数:2人
■途中会った登山者 
・シューの単独男性(電波塔で)
1179.jpg
1179data.jpg
スポンサーサイト

[edit]

上滝山 

2016年2月27日 上滝山周遊

未踏の北日高の上滝山から沙流岳界隈のBCツーリングを画策
先行者が1組の274号線途中の駐車スペースから入山です
DSCN1392_R.jpg

フルラッセルを覚悟していたので先行者様に感謝です
アキレス腱炎からの復帰2戦目なので無理できませんので・・・・←いいわけ?笑
DSCN1398_R.jpg

今回は先行者と同じ傾斜の幾分緩めの西寄りの尾根を登ります
DSCN1402_R_201602292312400c7.jpg

たらの芽(木)が大量に顔をだしてる~
春に山菜目的でまたくるかな~(^O^)
DSCN1404_R.jpg

日高らしい深い森
DSCN1410_R.jpg

雪は予想より大量!
DSCN1464_R.jpg

いたずら~
DSCN1419_R.jpg

幻想的なトドマツ林に汗をかく
DSCN1423_R.jpg

妖精が出てくるか!?笑
DSCN1436_R.jpg

あいにくの天気だがわずかに陽が~
ここからたのむよ~(^O^)
DSCN1456_R_2016022923135645b.jpg

2時間強で1270ピーク
眺望は・・・・・(T_T) 北日高の山並は~な~~し~~~。。
この時点で沙流岳はやめる。笑
ここで先行者に追いつく。ラセッルのお礼とご挨拶~
DSCN1472.jpg

東に上滝山最高地点をロックオン
ここから先行を変わります。
DSCN1466_R.jpg

上滝山ピーク到着・・・・
う~む。。ガス多し・・・・
DSCN1484_R.jpg

おおおお!見えてきた~
DSCN1496_R.jpg

山頂で合流のお二人~
しばしお話~(^O^)
DSCN1500_R.jpg

まずまずの天気になり、天空の白い世界を楽しむ
DSCN1501.jpg

さ~ここからはらくらくに滑って下山
雪質は最高のカルカルパウダー!
DSCN1505_R.jpg

オープン斜面はピークから少しだけ~笑
だが日高らしいパウダーツリーランを楽しむ~
DSCN1513.jpg

下の方はやや密林?笑
枝を引っ掛けながら滑る・・・
そしてゴーグルにデッカイ傷が入る・・・・泣く
DSCN1516_R.jpg

林道手前の沢まで落としたらそこは地形図にはない沢が一本口を開ける。。。
スノーブリッジがなくウロウロ。
DSCN1523_R.jpg

なんとか弱弱しいブリッジをみつける
万が一落ちてもロープで上がれる程度なので突撃して突破
あとは林道を歩いて帰還
DSCN1528_R_20160229231651ea4.jpg

<登山データ>
■日時:2016年2月27日
■装備:日帰BC装備
■時間:約5時間 
■人数:2人
■途中会った登山者 
・スキーの夫婦?の二人組

uetaki.jpg
uetakidata.jpg

[edit]

社満射岳~たけのこ山 

2016年2月21日 社満射岳~たけのこ山

そろそろアキレス腱も治ってきたと勝手に感じて今シーズン初BCへ(^O^)
さて脚は大丈夫かな~
まずは手ごろな山から様子を見ながら再開です!(^O^)
駐車スペースで準備していると、何処のガイドツアー6~7人が入ってきます。
ガイドさんとしばしお話し。お客でもないのに親切にオススメポイントなど教えてくれます。。
この素敵な親切ガイドさんはゆきのこさんです↓
http://yukinoco.jp/intro/index.html
http://yukinoco.sblo.jp/
DSCN1274_R.jpg

もたもたしてるうちにツアーが先に入山します。
今日は最高のパウダー日和!
跡をおいます←わざとではないですよ~笑 
DSCN1288_R_201602292306161a6.jpg

途中で追いつきます。
ラッセルありがとうございます!
DSCN1300_R.jpg

ここから先行します!
DSCN1301_R.jpg

途中で単独男性に抜かれます。笑
DSCN1304_R.jpg

稜線はイマイチの天気
DSCN1318_R.jpg

なにもないたけのこ山山頂
DSCN1325_R_20160229230710674.jpg

このまま①たけのこシュートを滑る②北側のふくろうの谷を滑る③ガスガスの社満射岳へ行く
まさかの③を選択。笑
DSCN1333_R.jpg

晴れてればかなやま湖が綺麗なはずなのに・・・・(T T)
DSCN1344_R.jpg

社満射岳山頂~なんも見えね~笑
DSCN1358_R.jpg

たけのこシュートを滑る~
なかなかロングで楽しい~
IMG_5258.jpg

まめつぶMさん
IMG_5261.jpg

今さらシーズンin初滑りで全然乗れず後傾ヘタッピ滑り~
IMG_5307.jpg

そしてジンギスカンで昼食
そこに山中でスライドしなかった5人程度のグループが下山してくる。
なんと知人のヤンでした。笑←良く偶然山で会う人
IMG_5267.jpg

このジンギスカン美味しい~
ちょい高い1000円。笑
IMG_5296.jpg

<登山データ>
■日時:2016年2月21日
■装備:日帰BC装備
■時間:約5時間 
■人数:2人
■途中会った登山者 
・ゆきのこ(ガイドツアー)
・知人のヤンの5人組チーム
・単独男性
take.jpg
takedata.jpg


[edit]

湯の沢温泉 

2016年2月21日 湯の沢温泉

気になっていた交通の不便な温泉~(^O^)
BC帰りに回り道して寄ってみました。
IMG_5287.jpg

インテリアがとてもおしゃれです!
IMG_5289.jpg

泉質は・・・・・
IMG_5290.jpg


温泉データ>

場所 北海道勇払郡占冠村湯の沢
料金 日帰り 500円
方法 源泉循環
泉質 ナトリウム・カルシウムー塩化物泉
加温 あり
殺菌 あり

勝手評価>

泉質     ★
雰囲気    ★★
お気に入り度 ★

[edit]

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター