02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

摩周温泉 摩湖 

2016年3月20日 摩周温泉 摩湖(宿泊)

知床岳敗退のあと翌日も強風との予想ですっかり山意気込みが薄れ、摩周湖温泉の民宿に思いつきで宿泊しのんびり~(^_^ )
IMG_6489.jpg

自然大好きでこの地へ移住してきたご夫妻が家庭料理を出してくれます
IMG_6476.jpg

泉温が高い!
IMG_6472.jpg

民宿の割に広々な浴場
IMG_6471.jpg

朝食もこんな感じでした
IMG_6488.jpg

温泉データ>

場所 川上郡弟子屈町桜丘1-2-17
料金 1泊2食付き 5300円
方法 源泉循環
泉質 低張性アルカリ性高温泉
加水 あり
殺菌 ?

勝手評価>

泉質     ★★★
雰囲気    ★★
お気に入り度 ★★
スポンサーサイト

[edit]

羅臼温泉 峰の湯  

2016年3月20日 羅臼温泉 峰の湯

知床岳下山後に立ち寄り
IMG_6442.jpg

温泉データ>

場所 北海道目梨郡羅臼町湯の沢7-3
料金 日帰り 500円
方法 源泉かけながし
泉質 単純温泉
加温 なし
殺菌 ?

勝手評価>

泉質     ★★★
雰囲気    ★★
お気に入り度 ★★★

[edit]

阿寒温泉 まりも湯 

2016年3月21日 阿寒温泉 まりも湯

アットホームな温泉
2度目の来湯です
IMG_6807.jpg

場所が少し分かりにくいです
IMG_6805.jpg

ロビーも小じんまり~(^_^ )
IMG_6806.jpg

温泉データ>

場所 阿寒郡阿寒町阿寒湖温泉
料金 日帰り 500円
方法 源泉循環
泉質 単純泉
加温 なし
殺菌 なし

勝手評価>

泉質     ★★
雰囲気    ★
お気に入り度 ★

[edit]

白湯山~フレベツ岳 

2016年3月21日 白湯山~フレベツ岳

知床岳敗退後、摩周の民宿で宿泊後札幌に帰る途中にひっかけてきました。
阿寒湖半スキー場からの入山です。
今回スキー2、ボード1、シュー1の混成チームでのアタックです
IMG_6493_R.jpg

ゆるキャラ?
IMG_6498_R.jpg

なんとシューはリフト乗車不可。。。
Rさんのみ徒歩でリフト山頂駅までハイクアップです
IMG_6502_R.jpg

山頂駅でRさんを待つ
IMG_6504_R.jpg

阿寒湖、雄阿寒岳バッチリの眺望の良いスキー場です
IMG_6509_R.jpg

待ってる間暇つぶしに、最近はやっている山中逆立ちの練習~(^_^ )
IMG_6546_R.jpg

むずかし~笑
IMG_6609_R.jpg

無理だ!!笑
IMG_6616_R.jpg

遊んでいるうちにRさん来る
はやっ!!
IMG_6618_R.jpg

さ、4人そろってまずは白湯山へ
IMG_6628_R.jpg

樹林帯をいく
IMG_6640_R.jpg

あっという間に山頂~
標識がないのでこの木を山頂とする!
IMG_6642_R.jpg

つぎにフレベツ岳に向けてまずはコルへ下りる
IMG_6643_R.jpg

天気はgood
IMG_6693_R.jpg

フレベツとのコルまで下りてきて事件が!!!
Mさんの右のクランポンがない!!
わー白湯山へ逆ハイクアップ開始~笑
ほどなく雪原にポツンとクランポンが~
Rさんから今後こういうことがないようにお叱り!(^_^ )
IMG_6679_R.jpg

のんびり森林ハイク
IMG_6698_R.jpg

コルから約1時間でフレベツ岳山頂へ
IMG_6711_R_20160322184049215.jpg

ここも標識はなし
こんもり雪庇の山頂
IMG_6720_R.jpg

なので~これで代用
IMG_6735_R.jpg

南東方面
IMG_6725_R_20160322184142a45.jpg

かんぱーい!
IMG_6726_R.jpg

木の合間から阿寒富士
IMG_6717_R_20160322184349da1.jpg

雌阿寒岳
IMG_6718_R.jpg

天気もよくのんびりする
IMG_6754_R.jpg

山頂でしばらく遊ぶ
IMG_6835_R.jpg

帰りは混んだ樹林をさけて沢から滑りおりる
IMG_6764_R.jpg

すると温泉がぶくぶく湧くボッケ発見
IMG_6775_R.jpg

そして再びスキー場山頂にもどる
IMG_6792_R.jpg

スキー場あんまり行かないから新鮮~
IMG_6828_R.jpg

ローカルな味のあるスキー場だな~
IMG_6802_R.jpg

温泉は近隣のまりも湯で
IMG_6805_R.jpg

温泉街を散策
IMG_6813_R.jpg

美味しそうなパン屋
IMG_6821_R.jpg

帰札途中に足寄で牛カツカレー
IMG_6827_R.jpg

<登山データ>
■日時:2016年3月21日
■装備:日帰BC装備
■時間:5時間12分(休憩・写真含む)
■人数:4人
■途中会った登山者 
なし
furebetsu.jpg
furebetsulog.jpg

[edit]

知床岳 ~590m敗退~ 

2016年3月20日 知床岳 ~590m敗退~

数年前から狙っていた知床岳。
天候に恵まれず過去何度も直前で回避~。
いよいよアタックの機会がきました!

まだ暗い4時30分に怪しい集団が相泊漁港に集結~笑
今回は久しぶりのホッシー他5人での入山です
IMG_6303_R.jpg

今回知床岳を意識して、以前からやりたったDIY
TLTお使いの方ならおわかりかと・・・・笑
IMG_6283_R.jpg

ライトを照らしながら海岸を行く
IMG_6309_R.jpg

取り付きポイントはまだ雪がある
IMG_6315_R.jpg

渡渉ポイント
IMG_6324_R.jpg

大雪崩跡地を行く
それにしても天気が・・・・(T T)
IMG_6333_R.jpg

進路上は視界があまりない模様~
IMG_6371_R.jpg

樹木が吹き飛ばされた過去の大雪崩・・・・
凄いスケール・・・汗
IMG_6328_R.jpg

微妙な天気
IMG_6342_R.jpg

山好き5人衆~笑
IMG_6353_R.jpg

474mを過ぎると天候はかなり悪化
横殴りの地吹雪
強風&視界不良
IMG_6383_R.jpg

強風で吹っ飛ばされるホッシー
(過剰な表現の場合はご容赦ください)笑
IMG_6392_R.jpg

590m付近撤退を決断
かなしみのポーズ。(T T)
IMG_6376_R.jpg

山は逃げない。
無理は禁物といいかせ下山
IMG_6415_R.jpg

海岸で遊ぶ。
Mさん提案の最新ファッションの昆布ストールを試着するホッシー!
(試着後は海にお返ししてます)
IMG_6426_R.jpg

再び悲しみのポーズ
よし!割りきって道東グルメツアーだ!!笑
IMG_6419_R.jpg

前日登頂のFさんも合流して知床食堂でみんなでランチで反省会!(^_^ )
若干1名すでにビール!笑
IMG_6435_R.jpg

わお!さすが知床!ヒグマと遭遇です!笑
IMG_6424_R.jpg

前浜定食!これ絶品!
IMG_6438_R.jpg

帰る途中美味しそうなアイス屋さん
IMG_6452_R.jpg

お店のスタッフさんと
IMG_6458_R.jpg

からまつの湯
IMG_6469_R.jpg

そして思いつきで摩周温泉に泊る!笑
http://spyama2525.blog.fc2.com/blog-entry-588.html

そして翌日のフレベツ岳へ続く!
http://spyama2525.blog.fc2.com/blog-entry-585.html

この日同じ山域の海別岳では悪天候ビバークで死者がでてしまう。
自分たちの潔く撤退したことは当然ではあるが別山での事故を残念に思う。
また条件のいい時にリベンジを心にグルメ&温泉に向かう!!(^_^ )

<登山データ>
■日時:2016年3月20日
■装備:日帰BC装備
■時間:5時間30分
■人数:5~6人
■途中会った登山者 
・ツアー(途中テント)
shiretoko.jpg
shiretokolog.jpg

[edit]

前富良野岳BC 

2016年3月13日 前富良野岳BC

原始が原から前富良野さらに富良野岳南斜面を画策。
まずは富良野市街から一番手前に見える気になっていた前富良野岳は優先か?笑
懸念事項は果たして除雪がどこまで入っているか~それによって歩く距離が相当かわるな~
復帰5戦目でさてアキレス腱ちゃんが無事のよ~に!(^_^ )
今回は旧知の山仲間鉄人Kちゃん、滑りプロYさんの3人でロング狙って入山です。

富良野からポイントへ向かう途中~
綺麗な朝焼けと靄(写真ではあまりですが・・・笑)
IMG_6086.jpg

早朝北布礼別付近に向かい除雪状況を確認。
秋雲橋方面に向かう道路はかなり手前までしか除雪されてなし。。(T T)
該当する3本の道路を全て確認したがどこも似たような状況。
DSCN1844_R.jpg

ここは腹をくくって修行です。
秋雲橋手前約4.5Kからのスタートです。
1時間30はかかりそう。
それにしても目指す山遠すぎないか。。。。笑
DSCN1848_R.jpg

今日は天気は心配なし!
DSCN1854_R.jpg

前富良野岳ズ~~ム
待っててね!(^_^ )
DSCN1845_R.jpg

果てしなく林道(除雪されていない道路です)
DSCN1858_20160314200452629.jpg

やっと秋雲橋
DSCN1866_201603142004530cb.jpg

原始が原登山口
ここまですでに約2時間の修行
全員既に富良野岳まではやめよーオーラ。笑
今日は前富良野でいいんじゃん。。。。 はい。決定!笑
DSCN1869_R.jpg

ここで嬉しい出会いが!
インスタでフォローしあっている方と偶然遭遇~笑
素敵な出会いの感謝です!(^_^ )
彼は富良野岳まで行くとのこと。
DSCN1873_R.jpg

原始の夏道沿いをいくとテントが一張り
どこを目指したんだろうか~
DSCN1877_R.jpg

ここから一の沢、二の沢の間の尾根に舵をきります
DSCN1886_R.jpg

東にはトウヤウスベ山
DSCN1891_R.jpg

細く長く続く尾根
DSCN1896_R.jpg

夕張山地が美しい
IMG_6107_R.jpg

目指す前富良野が勇ましい
DSCN1899_R.jpg

そして今回滑ることができるのか?広大な二の沢
DSCN1905_R.jpg

1200m付近になると傾斜も強くなり岩が露出、カリカリな状況も出てくる。
DSCN1907.jpg

この先厳しくなると見て早めにシートラにし、足回りをアイゼンに変更
で、、これが失敗。笑
カリカリ、ズボズボの繰り返し。
深いところは膝上までぬかる
Yさんはスプリットにアイゼンで突破。←これが正解だった。
DSCN1909.jpg

なぜか標高があがるほどカリカリどころか深雪でぬかる状況。雪が飛ばされてない。
よくわからん。。
スキーアイゼンで十分行けた。
DSCN1911.jpg

大麓山もバッチリ
DSCN1919_R.jpg

眺望はかなり効いてくる
DSCN1912_R.jpg

一の沢は雪が少なめ。
却下。
IMG_6118_R.jpg

原始が原~大麓山
IMG_6122_R.jpg

なんとか稜線
1459方面
DSCN1923_R.jpg

大展望の中
Kちゃん
IMG_6229_R.jpg

めでたく前富良野岳ピーク。
予想以上に大変だったな。。。
富良野岳南斜面~
IMG_6153_R.jpg

旭岳、1499方面
かなりキレれている
IMG_6149_R.jpg

美瑛方面
IMG_6151_R.jpg

原始が原一望
最高の景色!
下ホロちゃん次回の宿題~
IMG_6182_R.jpg

山頂は風強し~
協議するもなく二の沢滑ってお帰りルートで!(^_^ )
すぐに滑走モードに
IMG_6216_R.jpg

二の沢滑降
広大で豆粒。
滑りプロY氏にダメ出しのライン~笑
IMG_6238_R.jpg

Kちゃんも
IMG_6244_R.jpg

二の沢落とし過ぎるとおそらく困難が~笑
ここは安全に1200m付近の尾根に戻るように滑る
そしてかんぱ~い!
IMG_6193_R.jpg

下りはうまいこと尾根上に地形図にはない林道跡?を見つけ秋雲橋まで快適に戻る
IMG_6201_R.jpg

そしてまた長い林道あるき。
緩やかな傾斜を利用して帰りは比較的ラクラク。
復帰後久しぶりの20kオーバーでヘロヘロでした。笑
IMG_6241.jpg

<登山データ>
■日時:2016年3月13日
■装備:日帰BC装備
■時間:9時間30分
■人数:3人
■途中会った登山者 
・スプリットボードの男性
・前富良野岳山頂で会ったスキーの男性
・原始が原小屋前で会ったテツさん
maefurano.jpg
maefuranolog.jpg

[edit]

湯元岩見沢温泉なごみ 

2016年3月13日 湯元岩見沢温泉なごみ

ヘロヘロ前富良野岳BC帰りに立ち寄り
リニューアルしてからなにげに未湯だった近隣温泉
以前より露天が豊富で良くなったな~
IMG_6208.jpg

食事セットで800円は安いかな。(^_^ )
因みに味は普通です。笑
IMG_6209.jpg

温泉データ>

場所 岩見沢市志文町345番地1
料金 日帰り 430円
方法 源泉循環
泉質 ナトリウム-塩化物強塩泉(弱アルカリ性高張性高温泉)
加温 あり
殺菌 あり

勝手評価>

泉質     ★★
雰囲気    ★★
お気に入り度 ★★

[edit]

ニセコビーナス~長沼~チセヌプリ 

2016年3月12日 ニセコビーナス~長沼~チセヌプリ

今シーズン初の山友Rくん、Tくんなどとセッション。
久しぶりの米国人のD氏、イントラのT氏、Mさんの6名でモフモフのニセコへ
ちょっとちょっとRくん天気悪いじゃね~の~笑
IMG_6083.jpg

とにかくこれから回復傾向とのことで入山
まずはビーナスの丘を目指す
DSCN1777_R.jpg

吹雪~
ビーナスいるのかいな~笑
DSCN1787.jpg

取りあえずRくんオススメの長沼滑降ポイント到着!(^_^ )
DSCN1798.jpg

長沼へ向けて滑降タイム。
視界があまりないのでこえ~な~笑
で、見えない中先頭のT氏2mの雪庇から空を舞う~
DSCN1801_R.jpg

Mさんギリギリで寸止め!
あと1mで落下。汗
DSCN1803_R.jpg

このコース超モフモフでおもろいな~(^_^ )
勿論全面結氷の長沼でランチタイム
DSCN1815_R.jpg

長沼から眺める6本のライン
IMG_5991_R.jpg

湖上を横断してチセ方面へ
IMG_5986_R.jpg

長沼からチセへ登りかえす
DSCN1823_R.jpg

チセ山頂でパチリ
IMG_6003_R.jpg

よく山友のK氏がやってるのマネしてみた。笑
IMG_6075.jpg

ベクターのりTくん
滑りも相変わらず素敵!
IMG_6011_R.jpg

得意の顔面ダイビングのMさん~笑
IMG_6020.jpg

今日はアタリだった。
IMG_6027.jpg

いつもキレキレの滑りのRくん
IMG_6032.jpg

モフモフで面白い!
IMG_6058.jpg

米国仕込みの滑りのD氏
IMG_6063.jpg

流石のT氏。上手いなぁ~(^_^ )
そして速い!
IMG_6054.jpg

Tくんいったい何の形だろーかー(笑)
久しぶりのニセコ満喫のBCでした!(^_^ )
皆さまセッションどもでした!
IMG_6053.jpg

<登山データ>
■日時:2016年3月12日
■装備:日帰BC装備
■時間:5時間
■人数:6人
■途中会った登山者 
・多数

[edit]

雄冬山BC ~SEA TO SUMMT ~ 

2016年3月5日 雄冬山BC SEA TO SUMMIT
~ケマフレルート~

復帰4戦目は昨年天候急変で途中敗退をしいられた雄冬山。
海抜0MスタートのSEA to SUMMITで目指す。
昨年行ったマルヒラ川ルートではなく最短のケマフレ川左岸からの入山。
さて今年は雄冬山の大絶景はみれるのかな~

廃屋が多いケマフレ集落をスタート
今日はストイックに一旦駐車スペースから下りて国道231の海岸海抜0から登り始める(笑)
DSCN1611_R_201603061056064c0.jpg

廃墟をいつくかすぎると・・・・
うわ。。。火葬場跡だった。。恐
DSCN1622_R.jpg

本日は午後に向かって登り坂の天気予報。
期待が持てる
DSCN1626_R.jpg

地形図では読み取れない小沢が多くルートどりに悩まされる
DSCN1634_R.jpg

早めに南の緩尾根に登る
DSCN1638_R.jpg

尾根上も相変わら厄介な小沢が多くまっすぐルートとれず
DSCN1646_R.jpg

オフユ川の派生沢をなかなか渡れず予定ルートを変更して、1075へ向かう北尾根からショートカットで行くことにする
DSCN1652_R.jpg

この尾根一か所かなり急
DSCN1658_R.jpg

今シーズン初のシートラ
DSCN1659_R.jpg

さらに四つん這いで登る
DSCN1661_R.jpg

日本海が広がる
DSCN1663_R.jpg

西は最高の天気
DSCN1670_R.jpg

マルヒラからの尾根
DSCN1674_R.jpg

急登地獄が終わったら素敵なハイキングが始まる
DSCN1677_R_20160306105821d9f.jpg

急登を四つん這いで登りきるMさん
IMG_5636_R.jpg

曲線美
DSCN1683_R.jpg

う~み~~~~
DSCN1685_R.jpg

雲に向かって登る
DSCN1690_R.jpg

去年登ったマルヒラからの尾根
尾根上に登っている単独の人が見える
IMG_5676.jpg

ショートカットで雄冬山目指す
DSCN1698_R.jpg

幻想的
IMG_5671_R.jpg

稜線上までくるとどんどん晴れだす。
ピークもバッチリ
嬉しくなる
DSCN1710_R.jpg

浜益岳こんにちわ
DSCN1717_R.jpg

いい山だな~
DSCN1720_R.jpg

白い山と雲、青い海
DSCN1718_R_201603061101130d9.jpg

海が濃い
IMG_5682_R.jpg

美しい~
IMG_5674_R.jpg

未踏の増毛天狗
IMG_5701_R.jpg

ピーク手前のコルで先にランチタイム
IMG_5685_R_201603061106563de.jpg

北西斜面
IMG_5705_R.jpg

滑降適地
IMG_5717_R.jpg

コルから先はカリカリ。
スキーデポしてツボ足で・・・
IMG_5714_R.jpg

アイゼンもってくれば良かった。。。
キックステップもカリカリでささらず、こえ~~~~。
DSCN1725_R.jpg

気合いの本日2回目の四つん這いで
360度絶景の世界へ
IMG_5723_R.jpg

山頂は意外と平
IMG_5771.jpg

暑寒~群別~浜益
全見え~
IMG_5747_R.jpg

群別&浜益
IMG_5759_R_201603061108310ab.jpg

北西斜面方面
IMG_5783_R_2016030611101391f.jpg

増毛方面
IMG_5768_R_20160306110833640.jpg

ピークからコルまで下り途中アイゼン&ピッケルの単独男性とスライド
さらにマルヒラからの単独男性とスライド
本日の雄冬山は3組でした。
DSCN1748_R.jpg

群別&浜益岳に乾杯!
IMG_5788_R.jpg

北西斜面も滑る予定だったが、途中のんびりしたのもあって今日はケマフレシュートのみの滑走にする
なんど見てもこの山域は美しい
IMG_5804_R_20160306111130f16.jpg

青い~
IMG_5823_R.jpg

1075ピークでセッティング
雄冬山と増毛の山達
IMG_5850_R.jpg

照らされる
IMG_5839_R.jpg

こんな晴天で来れたことに感謝
IMG_5832_R.jpg

ケマフレシュートにドロップIN
IMG_5861_R.jpg

海に向かって滑降~
IMG_5871_R.jpg

棒立ちMさん。笑
IMG_5867_R.jpg

独占~
IMG_5888_R.jpg

きもちー斜面だ
IMG_5907_R.jpg

お帰りルートはまたもや小沢がなかんか渡れず途中一回あきらめて板を外す
夕陽が素敵なケマフレ集落に無事帰還
IMG_5921.jpg

お!滑降斜面みえる
IMG_5918.jpg

下から見るケマフレシュート
DSCN1764_R.jpg

ズ~~~~ム。 わずかにラインが見える
DSCN1773_R.jpg

<登山データ>
■日時:2016年3月5日
■装備:日帰BC装備
■時間:7時間20分
■人数:2人
■途中会った登山者 
・シューの単独男性(ケマフレルート)
・マルヒラからのスキー単独男性

ofuyu.jpg
ofuyudata.jpg







[edit]

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター