03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

佐幌岳 山頂小屋泊 ~スキー場コース~ 

2012年11月23~24日 佐幌岳 1059.5M
<北海道100名山>

今回は佐幌岳山頂山小屋にて宿泊宴会すべく大量の食材、アルコールを気合いで運びます!(←といっても2人分)
ほか防寒対策、寝具などでおそらく25KG以上のザック重量。おもいわ~!
サホロリリゾートのホテルに入山届をだして出発。ちなみにスキー場は12月1日オープンでまだ人気がないです。
雪も10CM程度なんでつぼ足でスタート。
DSCN7308.jpg

まだ動いていないリフト下をいきます
DSCN7321.jpg

第一リフト終点を超えて南側馬の背コース?をいきます
DSCN7336.jpg

すぐに積雪も増え傾斜が急になりツボではきつくなり、スノーシュー装着
DSCN7342.jpg

ひたすら急なコースを登ります。途中から吹雪模様・・・・(笑)
DSCN7358.jpg

最終リフトの終点までやっときます。
DSCN7373.jpg

山頂へはコース外に出て北側からまわり込みます。重量があるためスノーシューでもズボズボです!(笑)
ラッセラ~。
DSCN7387.jpg

山頂!寒い&吹雪!
DSCN7389.jpg

山頂から西へ約5分で佐幌岳小屋みえてきます。約1Mの雪で埋もれてます。掘り出し用のスコップも持ってきましたが、常備されていていらなかったな・・・。
DSCN7402.jpg

早速薪ストーブ着火。夕食の準備です。
それにしてもすごく整備された小屋です。管理者に感謝です!
DSCN7405.jpg

酒、ジンギスカン、トン汁・・・。
DSCN7419.jpg

薪ストーブで焼き芋も!
DSCN7426.jpg

小屋内-5度。ストーブ焚いてもこんなもんです。外は相当やばいですね!(笑)
DSCN7425.jpg

2時間毎に薪番をして厳重に防寒着を着てかなり快適な一夜を過ごしました。名簿を見るとここ数か月宿泊した人いませんでした。(笑)
DSCN7406.jpg



<登山データ>
日時:2012年11月23~24日
装備:冬山小屋泊装備 アイゼン、スノーシュー
時間:登り3時間10分 下り1時間40分(写真・休憩含む)   
人数:2人 

sahoro20121123_convert_20131023130758.jpg

平面距離  7.0km
沿面距離  7.5km
総移動時間 05:40:06

最高標高 1068m
最低標高 401m

累計標高(+) 1045m
累計標高(-) 1051m

平均速度 1.2km/h
最高速度 8.5km/h
スポンサーサイト

[edit]

« 朝里岳~白井岳(途中)  |  東ヌプカウシヌプリ »

コメント

6月に登った時に佐幌山荘の中を覗こうとしましたが

湿気が高くモワァ~っとしていて、

戸口だけで中まで入らないで早々に退散しました。

晩秋の11月下旬となれば様変わりし、

マイナス5℃とはかなり寒そうですね!

なおすけ #- | URL
2012/12/18 09:59 * edit *

なおすけさん

ほんとこの小屋良く整備されていますよね~。(^O^)

でも上から下までトタンで覆われているのでただ風通しわるいですね!(笑)

夏は湿気すごいのなんか予想がつきます!

HIRO2525 #- | URL
2012/12/20 23:27 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spyama2525.blog.fc2.com/tb.php/141-5c7658d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。