03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

漁岳~厳冬期・漁林道コース~ 

2012年2月19日 漁岳~厳冬期・漁林道コース~
<札幌50峰>

前日から天気が微妙だったので朝4時に起きて天気予報のチェック。当初は漁岳~小漁岳の縦走を予定していたが、午後から雪雲がかかりそうなので、漁岳のみに変更。6時前に車で家を出発したが、食糧など買って結局漁岳林道ゲートを7時スタート。もちろん今日はまだ誰も入っていない。トレースは昨日のものらしきスキー跡。
取りつき予定ポイントまで約2Kのんびり歩く。朝日を浴びた稜線が美しい。
DSCF6841.png   DSCF6846.png  DSCF6861.png   DSCF6863.png


林道から取りつき急登。
早くも恵庭岳が顔を出す。C901ピークを踏んで稜線に向かう。
稜線まで1時間30分。ここまで順調なペース。稜線上は突然の突風。全面結氷のオコタンペ湖と真っ青の支笏湖のコントラストが神秘的。
DSCF6865.png  DSCF6868.jpg  DSCF6877.jpg  DSCF6882.jpg


ここからは稜線を延々とだとるルート。
目指す山頂はまだまだ遠い。1本の白樺が冬の厳しさをものがたっている。
山頂の天気やや心配。C1175は南側をトラバース。結構斜度があってしかもクラスト気味になっていて滑落注意。
途中トラバースしてきたC1175を振り返る。
DSCF6899.jpg  DSCF6903.jpg  DSCF6904.jpg  DSCF6910.jpg


ここまで来ると山頂ままじか。白色のみの山頂。山頂直下の急登を滑落と雪崩に注意しながら3時間30分で山頂到着。ド派手な山頂標識がお出迎え。でも厳冬期ので標識も若干寒そう・・。今シーズンに登りたい小漁岳、フレ岳かすかに・・。
DSCF6916.png  DSCF6923.png  DSCF6931.png   DSCF6946.png


帰り林道わきでビバーク練習。ツエルトはって疑似遭難。滑落、急な天候変化、怪我・・・。冬山はなにがあるかわからないので常に準備だけはしておく。
DSCF6978.png

950ピーク先の稜線





<登山データ>
日時:2012年2月19日
装備:スノーシュー
時間:登り3時間30分 下り2時間30分(写真・休憩含む)
人数:2人

(GPSデータ登りのみ)
漁岳20120219トラック(登りのみ)

総移動距離 5.6km
総移動時間 03:37:06

最高標高 1318m
最低標高 512m

累計標高(+) 957m
累計標高(-) 178m

平均速度 1.6km/h
最高速度 7.7km/h
スポンサーサイト

[edit]

« 八剣山 ~南口ルート~(途中断念)  |  札幌近郊を中心とした登山記録~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spyama2525.blog.fc2.com/tb.php/2-c4bf5373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。