03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

キナバル山 ~TIMPHONE GATE~ 

2013年3月3・4日 キナバル山 4095M ~TIMPHONE GATE~

念願の東南アジア最高峰キナバル山に単独で行ってきました。
今回は時間の関係で2日間で登山を計画です。
1日の入山人数制限があるので山小屋の予約をとるのがまずは至難の業です。
あらかじめ小屋の予約がとれる日程で昨年から調整をしてやっと実現しまた!
憧れのラバンラタ小屋はやはりどう調整してもとれず、グティンラガン小屋での宿泊予定です!
初海外山ということもありテンション上がりまくってキナバル公園管理事務所に到着です
DSCN0408.jpg

事務所で入山の受付をし許可証を発行してもらいます
登山中は常に首から許可証をぶら下げます
そしてこの山必ずガイド同伴でなければ入山できないのでここでガイドを紹介してもらいます
自分のガイドはアヂューサという2人の子供を持つキナバル山から8k先の村に住むジモッティです!
DSCN0426.jpg

実質的な登山口のTIMPHONE GATEから入山です!ここで既に標高1866m。
ピークが4095Mなので標高差約2200か~!
DSCN0432.jpg

ゲートでは装備の確認がされ、不十分な人はここでレンタルできます。
自分は日本から小屋泊装備、防寒装備すべて持参したので用はないです・・・。
DSCN0435.jpg

登山道ほんとよく整備されてます。
迷ったりすることはないです。なんせガイド同伴ですし~(笑)
DSCN0455.jpg

約1k毎にチェックポイントがあり、トイレ、ゴミ箱もあります。
日本の山より整備されてます!
登りやすいな~!(^_^ )
DSCN0497.jpg

しかし階段が多い~!途中で膝を痛める人も沢山いるそうです。
DSCN0507.jpg

こんな食虫生物も!
DSCN0562.jpg

そして途中何人も遭遇するのがこの人たち。標高3200M以上にある山小屋まで飲料、食糧を毎日運ぶポーター達。
1日約30人が荷揚げしてるそうです
DSCN0568.jpg

すべりやすい岩斜面などももちろんあります!
アヂューサの現地の激しいナマリ英語と自分の中学生レベルの英語でキナバルのこと、ボルネオのこと、プライベートなこと盛り上がります!てかたぶんお互いの理解度は50%程度!(笑)
なんでも毎年結構人死んでるそうです。一番多いのは心臓発作らしいです。
あと怪我で運ばれる人もかなりいるそうです。中国人が装備、準備が不十分で事故が一番多いそうです。
DSCN0572.jpg

ガレ登場!
今日も100人以上の人がピークを目指してます!中国人、韓国人が多いこと!
日本人はといえば、この2日間で2名組の1パーティのみ会いました。
先週は60歳以上の10人パーティの日本人がいたそうな~。
DSCN0589.jpg

そしてほどなくあの宿泊することが名誉といわれる標高3273Mラバンラタが見えてきます!写真でみたのと一緒だ~!あ~あ!ほんとはここに泊りたかったなぁ~!(笑)
DSCN0608.jpg

すべての山小屋の受付や食事はラバンラタで行います。なので他の小屋の人は受付や食事のたびにここにいちいちこなくてはいけません。(すべて歩いて5分程度にあります)
さてとまずはチェックインを!
ん??????????
DSCN0617.jpg

ではNO1の部屋で~!
ん????ラバンラタのNO1の部屋?yes!あれ?グティンラガンでねーの?と言うわけはありません。(笑)
2、3度聞き返して・・・・。
超ーーーーーーーーーーーラッキー!神が舞い降りた瞬間!
たぶんドタキャンがでたのか理由は分からないがラバンラタに泊れる~~~!
小屋のチェックインは13時からで自分が到着したのは13時20分、到着したのは自分はおそらく2~3番目!?。
がんばってよかった~!
DSCN0620.jpg

NO1のドミトリー!
DSCN0679.jpg

早く到着したため時間があってラバンラタと周辺を探索~!


ラバンラタのテラス~!ここでサバティーを飲むのがすごく良かった~!
DSCN0674.jpg

夕食まで時間あるのでスープ!12rm(約360円)
売店ではドリンク、お土産、スナックが置いてます。ほんと充実してるな~!
これ全部ポーターが荷揚げしてるそうです!
値段が高いのはあたりまえ!?
DSCN0676.jpg

ラバンラタに泊るといつでもレストランで食べられます。メニュー
ほんと充実!
IMG_4365.jpg

小屋の裏の大壁!圧巻!あの壁ロッククライミングコースあるらしい・・・・。すご!
DSCN06801 (1)

トイレ、洗面、シャワー室。といってもシャワーは故障で水しかでません!
DSCN0690.jpg

そして天気がみるみる悪化。ガスに囲まれます。明日のピークアタックが心配・・・・。
DSCN0694.jpg

結構降ってるな~


夕食!全小屋の人は一気にラバンラタに集まります。大混雑な夕食
他の小屋の人は雨の中食事のたびにレインを来てわざわざやってきます!
ほんとラバンラタ泊でラッキー!(笑)
DSCN0701.jpg

ビュッフェで満腹で今日は早めに就寝。なんたって明日はご来光に合わせナイトハイクするので2時45出発です!
IMG_4338.jpg

ラバンラタの2階の廊下
IMG_4372.jpg

2日目1時30に起きて軽食をとり予定通り2時45分出発!
IMG_4378.jpg

暗闇をヘッドライトで岩を登っていきます。
心配した天気も嘘のように満点の星空がひろがってます!
ラバンラタから少しいくともう植物はないです。一面岩が広がります。
DSCN0713.jpg

最後のチェックポイント。
DSCN0723.jpg

真っ暗の中ライトを頼りにひたすら登ります
DSCN0737.jpg

景色もなにもわからないままついに~
日の出までまだ1時間もある~。寒っ!
ダウン、手袋、ニット帽着用です!
DSCN07481.jpg

4095Mはなんと2度です!下界は34度くらいあったのに~(笑)
防寒対策しないとヤバイです。
DSCN0754.jpg

約1時間待って。
DSCN0800.jpg

それにしても山頂大混雑!


あたりが見えてくるとそこはまさに天国!
DSCN0831.jpg

圧巻!しばらく山頂で寒さをわすれて・・・。
DSCN0849.jpg

綺麗すぎ~!
DSCN0850.jpg

ピークから


やっちゃいました!ナル写真。(笑)
DSCN0853.jpg

この景色忘れられません!
DSCN0851.jpg

ピークを見上げる


下山途中~


しつこく~!いいわ~!
DSCN0892.jpg

小屋に戻って朝食を食べて休憩して名残りおしいいが下界にもどります・・・・。
DSCN1005.jpg

<登山データ>
日時:2013年3月3・4日
装備:夏山小屋泊装備・防寒対策
時間:(写真・休憩含む)
・1日目4時間51分
830KINABARU PARK HQ(車)→840TIMPHONE GATE→902CARSON FALL→916KANDIS SHELTER→932UBOH SHELTER→954 2KPOINT→1004PONDOK LOWI→1028 3KPOINT→1041PONDK MENPENING→1158 3.5KPOINT(2634M)→1113LAYANG LAYANG(2702M)1126→1128 4KPOINT(2745M)→1151 4.5KPOINT(2898M)→1212PONDOK VISSOLA1230→1240PONDOK PAKA→1251 5.5KPOINT(3137M)→1321 RABAN RATA(3273M)

・2日目9時間15分
245RABAN RATA→345 7KPOINT (3653M)→350SAYAT SAYAT CHECK POINT→424 7.5KPOINT(3800M)→447 8KPOINT(3929M)→514 8.5KPOINT(4005M)→540LOWS PEAK(4095.2M)
640LOWS PEAK→720SAYAT SAYAT CHECK POINT→806RABAN RATA930→956VISSOLA→1027LAYANG LAYANG→1111LOWII SHELTER→1200TIMPHONE GATE

人数:単独
スポンサーサイト

[edit]

« 川上温泉  |  2013年3月17日 樽前山 ~141号ゲート前から~ »

コメント

海外っ!?

おぉ~~~、海外登山ですか!?
しかも、富士山よりも標高が高い4000m超えとは!

それに海外で御来光を拝めたなんて
ホント良かったですねぇ~。

兎にも角にも無事に下山できて何よりです。

ところで高山病は大丈夫でしたか?

なおすけ #anEiTMBQ | URL
2013/03/26 21:37 * edit *

なおすけさん

ついに海外デビューしてしまいました~!
山自体はたいしたことないですが初海外でテンションあがりまくりました~(笑)

3000越えで小屋、山頂帯在中はほのかに頭痛は感じましたが問題になるほどではなかったです!(^O^)

あの眺望は一見の価値がありますよ~!

HIRO2525 #3/2tU3w2 | URL
2013/03/27 19:37 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spyama2525.blog.fc2.com/tb.php/218-ccd9e723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。