07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

盤の沢山(盤龍山)  

2013年3月20日 盤の沢山(盤龍山) 三角点標高893m中瘤928m最高点939m

定山渓方面から札幌に帰る途中いつも気になっていた恐竜の背骨のような山!盤の沢山(盤龍山)にいってきました。
DSCN2100.jpg

いろいろな情報から夏道がなくかなりの急登、そして深い藪・・・登頂のタイミングを見計らってこの時期の今日がチャンスとみてアタックです!
入山ポイントは盤龍山信仰院(市民の森)です。
DSCN2092.jpg

まずは市民の森らしい地帯を前瘤と三角点との間のコルを目指します
DSCN1900.jpg

今日は雪が締っていてラッセルになりません。ツボ足だとぬかるがスノーシューならちょうどいい感じです
DSCN1869.jpg

登り始めて20分くらいで早くも急登がはじまります。
雑木が密集していなければ雪崩が怖く登れない斜度です。
DSCN1903.jpg

ほんとシャレにならない斜度デス!(笑)
DSCN1917.jpg

コルまで出ると細尾根をいきます。情報とおり地熱で地面がでてる場所がいくつもあります
DSCN1928.jpg

鬼急登をヘロりながらなんとか肩まできました。
DSCN1936.jpg

細尾根上巨大な雪庇が沢山あります。ところどころ崩れていて危険です。
最善の注意をはらって進みます
DSCN1966.jpg

893Mの三角点到着。
でも最高地点はさらにずっと奥です。936Mの本ピークまで気合いです!
DSCN1975.jpg


とにかく超細尾根に木がたくさん生えてるので前進が大変です!
雪が行く手を阻み時には四つん這いで乗り越る険しさです
DSCN2011.jpg

両サイド崖。あぶねーわ!この上を慎重に乗り越ながら進みます
DSCN2022.jpg

はい!両サイド崖の上にこれ!巻くこともできないので約2Mの雪塊をスコップで崩し階段をつくってなんとかクリア。
DSCN2023.jpg

そして最高標高地点936Mに到着。ほんと険しかった~(^_^ )
この山三角点から先がさらに鬼です!(笑)
DSCN2045.jpg

本ピークにも標識あります!
DSCN2042.jpg

札幌岳方面
DSCN2048.jpg

鬼急登


939m本ピーク


<登山データ>
日時:2013年3月20日
装備:冬山日帰り装備、スノーシュー、シュリンゲ、スコップ
時間:登り2時間20分 下り1時間30分(写真・休憩含む)
715登山口→845 三角点893峰→935 最高標高地点950→1030三角点893峰1050→1120登山口
人数:2人

bannosawa20130320_convert_20130320230232.jpg

平面距離  4.9km
沿面距離  5.3km
総移動時間 04:11:43

最高標高 948m
最低標高 374m

累計標高(+) 811m
累計標高(-) 808m

平均速度 1.2km/h
最高速度 12.9km/h
スポンサーサイト

[edit]

« 羊蹄山BC ~京極コース~  |  川上温泉 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spyama2525.blog.fc2.com/tb.php/224-25f0b997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター