07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

長万部岳 

2013年4月29日 長万部岳972M
<北海道100名山>

前日長万部公園キャンプ場で野営してからのアタック。
冬の出発地点は二股ラジウム温泉分岐からすぐ先の新英温泉跡地横です
早朝ともあってまだ誰も入山者いません。
DSCN3515.jpg

雪はシャリシャリ。多少ぬかるので林道スノーシューでいきます
まだまだ雪が豊富です。
DSCN3520.jpg

林道はクネクネしているのでショートカットして林間をいきます!
DSCN3541.jpg

約1時間でうすゆき荘跡。登山ポスト地点です。
雪で看板かなり埋もれてます。
DSCN3561.jpg

ここから夏道登山道はつずら折になっているので、そこはショートカットで沢沿いを中腹をいきます。
山スキー用の標識があってとても親切です!
DSCN3569.jpg

鉱山跡地の鐘
DSCN3577.jpg

848と長万部岳の中間コルに向かいます
はやくも大眺望が広がります!
噴火湾が青く綺麗すぎです!
DSCN3599.jpg

コルは雪庇が発達してます。
でも登るにはたいして苦労しません。
DSCN3612.jpg

コルからもう一度!GOOD!
DSCN3616.jpg

コルから948方面
DSCN3627.jpg

いよいよ最後の急登りです。
ルート取りがやや難しいです。
北側はかなり急ですし、夏道のある北東側は雪崩そうでいやな感じです。
その間を縫うように直登します。これまたアイゼンの方が良かったです!
気合いでシューで登りきります。
DSCN3645.jpg

途中かるく樹氷化してます。その氷が斜面に風で落ちてガラス破片の上を歩いているような感じ・・・。
その氷を食べてみましたがこれがまた旨かった!(笑)
DSCN3664.jpg

双耳峰のようなピーク。奥が山頂標識です
DSCN3667.jpg

今まで晴れていたのにピークについた瞬間ガスり始めます。
早々と撤収します。そしてまた下山したころはドピーカンになってました。
なんなんだこの仕打ちは!(笑)
下山途中で女性スキー2名組と男性スノーシューの方と会いました。この2組の方はたぶん山頂から最高の眺望おがめたんだろうな~(^_^ )
DSCN3681.jpg

長万部岳山頂


<登山データ>
日時:2013年4月29日
装備:冬山日帰り装備、スノーシュー
時間:登り2時間48分 下り1時間30分(写真・休憩含む)
    夏道登山口まで約1時間
人数:2人

osyamannbe20130429_convert_20130429200024.jpg

平面距離  10.8km
沿面距離  11.6km
総移動時間 04:28:34

最高標高 982m
最低標高 77m

累計標高(+) 1671m
累計標高(-) 1679m

平均速度 2.4km/h
最高速度 19.5km/h
スポンサーサイト

[edit]

« ルスツ温泉  |  乙部岳 »

コメント

こんにちは。
先日コメント頂いたあおフクロウです。

長万部岳辺りでも、この時期まだこんなに雪が残っているんですね。
札幌からだとちょっと距離があるので、なかなか足が向きませんが、冬にまた登ってみたい山の一つです。

あおフクロウ #YJcBLA6o | URL
2013/05/02 00:28 * edit *

あおフクロウさん

コメントありがとうございます!
この山域も今年は雪が多い感じですね~!
あおフクロウさんの魅力的な山行きはほんといつも参考にさせていただいております!勝手にいつもお世話になっております!(笑)

HIRO2525 #3/2tU3w2 | URL
2013/05/02 22:46 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spyama2525.blog.fc2.com/tb.php/243-d5405410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター