03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

イドンナップ岳 

2013年7月20日 イドンナップ岳 ~サツナイ沢西尾根コース~
<北海道100名山>

以前から狙っていたイドンにいってきました。今年は新冠ダム東の登山口から作業道まで車で入れるとの情報。夏山ガイドで13時間20分なので、日の長い今い時期なら十分日帰り可能と判断してのアタックです。
まずはダム横の登山口。
DSCN8013.jpg

さらに車でブルトーザーで整地した作業道に進みます。
途中川を車で3回渡渉します。4WDで車高がある程度あれば行けるレベルです!
DSCN8016.jpg

作業道終点。5時入山です。先行者います。車からしてどこかのツアーだろうか・・・。ちょっと安心する。(笑)
DSCN8023.jpg

しばらく車で入れなかった作業道を行きます。
DSCN8029.jpg

ここから沢歩きです。このピンクテープが目印。
DSCN8030.jpg

薄暗いサツナイ沢右股をいきます~!巻き道もあるので登山靴で問題ないです。
DSCN8035.jpg

沢を離れ売山方面に登っていきます。一部作業道らしき跡があります。
DSCN8045.jpg

ところどころ笹の海を早速漕ぎます。それにしても噂とおりダニが浮遊しまくってます!
今回ダニ対策かなりしてますがヤバイです。泣
DSCN8050.jpg

第一の岩場にでます。ロープも多々あります。
DSCN8056.jpg

尾根を歩きながらP1050あたり。少しずつ樹林の合間から山並み見えだします。
日高らしい登って、降りてを繰り返します。
DSCN8077.jpg

第二の岩場にでます!両手をつかってよじ登ります!
DSCN8093.jpg

1404の南側を延々とトラバースするルートです。倒木、藪、道が荒れていて歩きにくいです。
また斜面で笹ですべり谷にずり落ちること何度か・・・。
DSCN8133.jpg

次なら次へとでてくる障害物に心がおれます。。。(^_^ )
この変で右足が痛み始めます。途中でやめることも頭をよぎります。
DSCN8137.jpg

新冠富士手前にでもロープ場で一気に標高をあげます。
DSCN8145.jpg

まずは新冠富士。最高の日高の山達がお出迎え!
ここで先行者をあいます。ツアーではなく小樽からきている御夫婦でしばらく山談義。(^_^ )
登山経験豊富で、バックカントリー、沢もやる素敵な御二人でした!
DSCN8159.jpg

さあ!ここから先がさらに藪、ハイマツ地獄です。
お二人もイドンまでいくとのことですが、自分が先に向かいます。
DSCN8158.jpg

まずはハイマツの海の先にある三角点を目指します。
枝にひっかかり、はね戻されの連続です。
DSCN8169_20130722110220.jpg

予想より踏み跡がりますが、それでもところどころこんな感じです。
まさにハイマツと格闘です!
DSCN8183.jpg

今にも藪で隠れそうな三角点到着。注意しないと見逃すくらいです。
DSCN8220.jpg

スタート地点の新冠ダムが綺麗。帰りの体力が心配だな~(笑)
DSCN8221.jpg

前回の山行で既に少し痛めていた右足が悲鳴をあげてますが、気合いを入れ直して最後イドンピーク目指してかきわけます。(^_^ )
DSCN8240.jpg

あともう少し。ここまできたら根性です!(笑)
DSCN8247.jpg

標識がない山頂。でも日高の奥深山を一人独占で贅沢な気分!
DSCN8260.jpg

憧れのカクエク、1839・・・。最高の眺望!
日高の主要な山達が疲れをいやしていれます。
DSCN8270.jpg

三角点方面振り返る。よく来たな~。(^_^ )
DSCN8267.jpg

ナメワッカ方面。
DSCN8276.jpg

幌尻~。いつか新冠林道から行ってみたいな~(^_^ )
DSCN8298.jpg

イドンナップ山頂から


もっと長くいたかったが、足が不安でペースをさらに落そうと思い20分で山頂をあとに。。
追い抜いてきた御夫婦に下山途中最後の沢の手前で再開!なんでもやはり新冠富士からイドンへのハイマツ海で足を痛め途中で引き返したそうです。
噂通りかなりきつい山行きで、その影響で次の日のマラソン大会はボロボロでした。

<登山データ>
日時:2013年7月20日
装備:日帰装備
時間:登り5時間21分 下り4時間26分 
500作業道終点→552第一の岩場→623P1050→640第二の岩場→836新冠富士855→948三角点1747→1021イドン山頂1040→1108三角点→1153新冠富士→1506作業道終点
人数:単独

idonnapu_convert_20130722093756.jpg

平面距離  15.7km
沿面距離  16.9km
総移動時間 10:14:55

最高標高 1755m
最低標高 436m

累計標高(+) 2396m
累計標高(-) 2322m

平均速度 1.5km/h
最高速度 29.6km/h
スポンサーサイト

[edit]

« 雌阿寒岳~阿寒富士 (周回コース)  |  新冠温泉 レ・コードの湯 »

コメント

イドンナップお疲れ様でした。
私の時は主稜線方向が隠れてたので、
HIROさんのレポートで楽しませてもらいました。
全般的に私の時よりブッシュが成長しているような・・
いずれにしても難関1つクリアーで着々ですねi-259

アウトドアズマン貴 #- | URL
2013/07/23 21:28 * edit *

やりましたね~

やりましたね~ 若いだけあり、足は早いですね!
自分も7/23に行きましたが、出発時間が遅く、新冠富士へも届きませんでした。近々アップします。

くじらの山旅 #Ar8n.TyM | URL
2013/08/27 09:35 * edit *

くじらの山旅さん

イドンお疲れ様です。あの山は自分的にもかなり疲れました。
何度も途中で辞めようかと思いながらでした。。。
晴天に背中をおされなんとかの登頂です。。(^_^ )

HIRO2525 #3/2tU3w2 | URL
2013/08/28 23:30 * edit *

貴さん
ほんとあの険しいルートを7時間台で往復してきた貴さんほんと凄すぎです!(^_^ ) 自分は途中から足は痛いわ、バテルワで今年一きつい山でした~(笑) でも大晴天で日高の奥深さを満喫できる山ですね~! まだまだ難関が・・・・(笑)

HIRO2525 #3/2tU3w2 | URL
2013/08/28 23:32 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spyama2525.blog.fc2.com/tb.php/285-43c01701
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。