03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

武華山・武利岳 

2013年10月5日 武華山・武利岳
<北海道100名山>

先週のトムラウシからも見えていて北大雪の気になる山達。
知人からの事前情報だと武利岳まで藪こぎ結構あるとのこと。
日が短くなったのでうす暗いうちから入山です。
登山口横に湧水があります。
DSCN0417.jpg

入山して10分程度でライオン岩コースと東尾根コースの分岐です。
今回はライオン岩コースから武華山登頂後前ムカから武利岳、帰りは東尾根を下りる周回ルートです。
DSCN0422.jpg

だいぶ明るくなってきました。深い森の夜明けです。
DSCN0423.jpg

結構急な登りが続きます。
DSCN0426_201310081542319c4.jpg

夜明けとともに北見富士が綺麗です。実は今日は下山後おかわりで北見富士にものぼる予定です。(笑)
DSCN0438.jpg

ライオン岩見えてきます!
DSCN0440.jpg

尾根上からライオン岩。
DSCN0446.jpg

やはりこの時期朝は寒いです。岩の東側を巻いていきます。
DSCN0450.jpg

ライオン岩を振り返る。その奥の大雪には白ものが。。。
DSCN0461.jpg

武華山は緩やかな優しい山容です。
DSCN0471.jpg

山の下部は紅葉真っ最中です。眺望よい稜線をいくとまもなく山頂です。
DSCN0485.jpg

次に前ムカを目指します。素朴な分岐の目印
DSCN0510.jpg

ここから一旦約300M下降します。前ムカから武利岳へのルートは細くところどころわかりにくいです。
DSCN0516.jpg

中間コルは笹やぶです。特に200m程度は道を探すのに苦労します。
DSCN0529.jpg

再び登り返すとグングン眺望がよくなりテンションあがります。
DSCN0545.jpg

切れた大眺望の稜線歩き
DSCN0553.jpg

ほんと気持ちがいいです。
DSCN0566.jpg

岩のへつり
DSCN0575.jpg

山頂。ここはほんと穴場です。大雪はもちろんトムラウシ、十勝岳連邦まで一望です。
もっと早くくればよかった。。(笑)
DSCN0592.jpg

北側の岩峰群
DSCN0599.jpg

武華山遠望。後ろに大雪&トム。雄大な山だ。
DSCN0601.jpg

武利岳山頂


<登山データ>
日時:2013年10月5日
装備:日帰り装備
時間:登り3時間43分 下り2時間36分
515登山口→529分岐→629ライオン岩→651武華山658→715前ムカ→735笹のコル→858武利岳941→1112前ムカ1128→1217登山口
人数:2人

muka_convert_20131008002831.jpg

平面距離  14.7km
沿面距離  15.7km
総移動時間 07:02:27

最高標高 1875m
最低標高 1130m

累計標高(+) 2098m
累計標高(-) 2148m

平均速度 2.1km/h
最高速度 26.1km/h
スポンサーサイト

[edit]

« 北見富士  |  糠平温泉 湯元館 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spyama2525.blog.fc2.com/tb.php/308-05324eac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。