05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

十勝岳 ~新得コース~ 

2013年11月2日 十勝岳 ~新得コース~

初冬の十勝岳へ~。せっかくだから今回のメンバー全員が未踏ルートの新得ルートでgo。
登山口までがなんせ遠い・・・・。札幌から4時間
登山口までの林道は結構荒れていたり、落石跡が多数で注意が必要です。
DSCN1507.jpg

まずは完全夏道です。雪を求めて尻ボーぷらぷら。(^O^)
DSCN1515.jpg

30分も歩くと雪が出現してきます。
DSCN1523.jpg

晴れ!でもピーク付近はガスがかかってます。ちょっと心配。
DSCN1527.jpg

このルートとにかくハイマツが行く手を阻みます
DSCN1536.jpg

最初の渡渉ポイント。滑りやすいので慎重に・・・。
DSCN1555.jpg

このあと藪でわかりにくいか所があります。
二つ目の沢に出てまた渡渉です。
DSCN1565.jpg

この沢の詰めると・・・。すごっ!!
巨大な雪渓トンネルです。
DSCN1572.jpg

もちろん近寄ります。沢の上部にには大きな滝が轟音を響かせています。
大自然を堪能です!
DSCN1575.jpg

慎重に中に入って写真。
DSCN1592.jpg

ポッカリ開いているか所も~
DSCN1581.jpg

30分程度はしゃいだあと、再びルートに戻ります。
ルート上から再度パシャ!
DSCN1573.jpg

そのあとハイマツが濃くなり、雪でぬかるようになったところでスノーシュー装着です。
DSCN1608.jpg

ハイマツにビンタされ、足を取られ、悪戦苦闘・・。
DSCN1610.jpg

ハイマツ地獄を越えるとガレ場です。
DSCN1622_20131106180105ce2.jpg

下ホロ、境山が美しいです
DSCN1624.jpg

白骨のような木が広がっています。
DSCN1631.jpg

ニペ、ウペペが一望です!
DSCN1638.jpg

サンクラストしてます。
DSCN1645.jpg

1700をこえたあたりからガス中に入ります。
風も出ててきて完全に冬山です~
1800上は視界も10m程度。
DSCN1664.jpg

ホワイトアウトに近い状態で登頂~。
エビの尻尾が厳冬期のよう・・・。
DSCN1684_201311061757411c2.jpg

下山は今シーズン初の尻ボーで激走~(^O^)
DSCN1705.jpg

下山尻ボー>




<登山データ>
日時:2013年11月2日
装備:冬山日帰り装備
時間:登り5時間3分 下り3時間34分 (写真・休憩含む)
627登山口→736最初の渡渉→803二つ目の渡渉→809雪渓遊び827→1003P1653横→1116稜線→1130山頂1141→登山口1515
人数:5人
tokachi20131102_convert_20131125140954.jpg
tokachi20131102data.jpg



スポンサーサイト

[edit]

« トムラウシ温泉 東大雪山荘  |  北湯沢温泉 湯本第一名水亭 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spyama2525.blog.fc2.com/tb.php/318-4ce145c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。