05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

崕山(自然保護モニター登山会) 

2014年6月14・15日 崕山(自然保護モニター登山会)
<北海道100名山>

自然保護目的で入山規制で登りたくても登れない山「崕山」に行ってきました。
絶滅危惧植物が多く約15年前から入山できる唯一の方法「 崕山自然保護モニター登山会」。
応募3年目にして念願の当選通知がきました。今回は約4倍の倍率でした。(^_^ )
tousen.jpg

事前に求められたレポート提出など手続きをしてさあ1泊2日の登山会当日
昼過ぎに芦別市の星降る里百記念館に集合です!
初日は崕山や植物のお勉強、参加者挨拶など行いました。
kousyu.jpg

参加者は22人。やはり皆さん相当の登山経験者で高山植物に精通している人が多いです。
自分も参加しているHYMLの方も数名いました。
高山植物無知の自分もこれを機に少しずつお勉強していかなくては。。。笑
IMG_5958.jpg

記念館には大きな崕山のジオラマがあります。
館長からいろいろな説明を受けます。
IMG_5961.jpg

お!希少なキリギシソウ発見!!??
って、これは巨大ジオラマにある模型です。
岩や植物が本物そっくりに再現されています。
それもそのはず、この植物の模型1株でな、なんと30万円するらしいです。
そんな植物模型が数100以上。。。
す、すごい。。。。。
1日目は夕方に解散し明日に備えます。
kirigishiso.jpg

道の駅芦別から崕山入山ポイントまでは全員で約1時間マイクロバスで移動です。
座席のお隣の人は静岡からきた方で日本300名山、ヒマラヤ、キリマンなど登った方でお話しを聞きながら揺られます。
DSCN9159.jpg

入山ポイントに到着するとすぐに石灰質の恐竜の背びれの一番尻尾部分が見えます。
期待が膨らみます。目指すはさらに奥にあるはずの背びれの頂点です!(^_^ )
DSCN9167.jpg

さあ!出発です!
整備された登山道はなく沢を詰めるので、今回の足回りは長くつに、しゅろ縄をまき滑りやすい石灰質の岩にそなえます 
また、ダニ、ぶよが多いようなのでそちらも対策します!
DSCN9174.jpg

大きな渡渉は2か所ほどです。
DSCN9191.jpg

植物に特に詳しそうな方の近くに擦りよって登場する植物をいろいろ教えてもらいながら歩きます。
DSCN9181.jpg

咲いてきます~
DSCN9195.jpg

沢をどんどん分け入ります。
DSCN9206_20140616213608f9d.jpg

断続的に小雨が降った割りに水量はそれほど多くないです。
DSCN9213.jpg

漕ぎこぎ。。。
DSCN9221.jpg

沢の途中にある二枚貝の化石が入っている岩。
似たような岩は多々あります
DSCN9228.jpg

貴重な緑ニリンソウ
DSCN9232.jpg

芦別山岳会の吉○さん。親切に誘導してくれました。
DSCN9239_20140616214057b36.jpg

扇沢途中。石狩から参加の福○さん。化石博士!?


葉の回りが水滴で。。。。アートだ!(^_^ )
DSCN9244_201406162140576c6.jpg

四つん這いの急登。
DSCN9246.jpg

おおお!本物のアツモリソウ発見!
DSCN9256.jpg

次々登場する希少植物にテンション上がります。
DSCN9264.jpg

さらには福○さん、1億2500万年前の珊瑚の化石発見!
この方凄いです!(^_^ )
DSCN9267.jpg

確かに他の岩となんか違う!(^_^ )
DSCN9269_2014061621421052b.jpg

トカチフウロ←間違っていたらごめんない。。。笑
DSCN9274_20140616214204050.jpg

本当はこの方向に芦別岳が。。。残念
DSCN9278.jpg

タニウツギ←間違っていたらごめんない。。。笑
DSCN9283.jpg

エゾノハナシノブ←間違っていたらごめんない。。。笑
DSCN9285_201406162144410c3.jpg

お!見上げると崕山山頂が!
切り立ってるな~
DSCN9288.jpg

ピーク下で昼食タイムです!
ここまで約2時間
山頂狭いので3班に分かれてアタックです
DSCN9293.jpg

各班アタックし始めます。少し藪を分け入ると・・・
DSCN9299.jpg

最後の岩が
DSCN9301_201406162208454f7.jpg

アズマギクもちらほらあります
DSCN9303_20140616214601d02.jpg

きた~!3年ごしにやっと登頂
IMG_6098.jpg

あいにくの天気で眺望はいまいちだったが十分満足!
DSCN9320.jpg

山頂から


因みに3年前逆に芦別岳山頂から崕山を遠望したときはこんな感じで見えました!
DSCN4911_20140617232407e49.jpg

約10分滞在して次の班に山頂を譲ります
下山途中また発見!あつもり~!
7株目です!
DSCN9332.jpg

この山ならでは眺望
DSCN9346.jpg

極太アイヌネギ!こんなの見たことないな~
人が来ないから成長し放題か!?笑
DSCN9348.jpg

気のせいかすごく植物に詳しくなった気分!笑
植物わかると登山さらに楽しいな!
勉強しよっと!
下山後林道途中から振り返って最後にもう一度
DSCN9363.jpg

ずーーーむ!①
DSCN9373.jpg

ずーーーむ!②
DSCN9377_201406162150328af.jpg

記念館に戻り全体で最後の反省会をして今回の登山会終了となりました。
ほんと有意義な2日間だった!

<登山データ>
日時:2014年6月15日
装備:日帰沢装備
時間:登り2時間40分 下り1時間2分(写真・休憩含む)
人数:28人(2人)
*GPSログと写真の位置リンクは今回はあえてしません

kirigishi_convert_20140615224139.jpg

平面距離  6.0km
沿面距離  6.8km
記録時間 04:35:45

最高高度 1064m
最低高度 575m

累計高度(+) 1279m
累計高度(-) 1311m

平均速度 1.3km/h
スポンサーサイト

[edit]

« 芦別スターライトホテル  |  浜益温泉 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spyama2525.blog.fc2.com/tb.php/393-7091b62f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。