03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

コイカクシュサツナイ岳~ヤオロマップ岳~1839峰縦走 

2014年8月2・3日 コイカクシュサツナイ岳~ヤオロマップ岳~1839峰縦走(2日間)
<日本100名山>

最近暫くガチな山へ行ってなかったので気合いを入れて1泊2日でコイカク~ヤオロマップ~1839峰。(^_^ )
なかなか連日で天気の良い週案がなく今回ようやく決行できました。
今年は札内川ヒュッテまで車で入れます。朝3時で駐車場は車がたくさん~
ほとんどが釣りの人達のようです。寝ずに現地入りしたので30分ほど仮眠。
DSCN1356[1]

ヒュッテ前に設置されている入山記録を見ると3組カムエク、1組1839峰方面に入っているようです
DSCN1367[1]

2日間でのタイトな予定なんで早速入山します。すでに予定より遅れてのスタート~笑
まずは灯りのないトンネルに吸い込まれていきます。その年によってはこの先まで車で入れることもあるようだが、、、
DSCN1361[1]

立派な登山口の案内標識
DSCN1393[1]

沢へ下りて行く林道
DSCN1396[1]

すぐにフキ林になる
DSCN1398[1]

沢にでました~。水量も少なめですね~(^_^ )
DSCN1404[1]

上二股までは沢靴です
DSCN1409[1]

右へ左へ適当に渡渉を繰り返し沢を詰めて行きます
DSCN1411[1]

雨量観測所
DSCN1422[1]

すぐ左手の土石流の跡??
DSCN1425[1]

ほどなく2段の砂防ダム。右岸に巻道ついてます
DSCN1432[1]

ゴルジュ帯~。ここも右岸に巻道あります
DSCN1456[1]

とても綺麗な水流です
DSCN1465[1]

上二股見えてきます。
取り付きポイントにはテープがついてます。
DSCN1494[1]

ここで足回り変えます。沢靴は袋にいれて木にぶら下げます。
登山靴で取り付きます。
DSCN1503[1]

確実な水場はここが最後なんで、2.8L水補充します。
これで調理用合わせ合計7.1Lの水。暑そうな二日間これでなんとか~
夜のお酒は別に1.6Lありますので肩にずっしりです~
DSCN1501[1]

さ~!気合いをいれて日本3大急登に挑もう!!(^_^ )
DSCN1515[1]

で、10分もいったら・・・・道消失。。。
げ!早速ロスった。笑
事前情報で前半藪が濃いというのが頭にあって気付くのが遅れてしまった。。。
右へ直角に行くべきポイントを開けた涸れ沢っぽいほうへ直進してしまったのが原因。
良くみれば右の木にテープが・・・(笑)
(帰りに撮影)
DSCN2183.jpg

力ずくで軌道修正。日高の木のような笹をなぎ倒して。。最初から余計な体力と時間つかってしまった。。。
DSCN1519[1]

標高差1000Mを斜度30度で登るこの急登~キツイ!重い!暑い!!!
なんどか服にダニがついては払う。。
DSCN1539[1]

なんとか稜線も見えだす
DSCN1557[1]

1300Mのテント場
DSCN1563[1]

で!早速やられました~(T T)
DSCN1573[1]

気を取り直してワッセワッセ・・・
DSCN1586[1]

コイカク沢が見えだす。左のピラトコミ山に標高で大分近づいたか~
DSCN1596[1]

1500M付近からはまさに壁に近いな。。(^_^ )
途中コイカク日帰りの男性と少々会話~
DSCN1624[1]

こりゃクライミングだな~
DSCN1620[1]

ザックおもて~~~~!
休憩も増えまくりです!笑
DSCN1606[1]

これでもか!!
DSCN1629[1]

コイカクの沢一望~
DSCN1636[1]

高度感抜群!
DSCN1638[1]

どうにか夏尾根頭確認!!
DSCN1648[1]

夏尾根着!しかし随分時間かかったな~
DSCN1680[1]

北側には1823峰、カムエクも!
DSCN1690[1]

コイカク方面
DSCN1696[1]

頭のテント場。ここ眺望もいいし風もあたらなそうでいいな~
3日間スケジュールならここだが・・・・
我々は先を急ぎます
DSCN1701[1]

日高らしい稜線を行く
DSCN1710[1]

途中の北大レリーフ
DSCN1717[1]

コイカク山頂にテントあり~
相方はここで幕営でいいんでないか~オーラ全開!笑
この時点で予定より約1時間強遅れてます~
DSCN1719[1]

ここで張ったらこの山(1839峰)は厳しくなるので、ここは気合いでさらに先にいきます
DSCN1730[1]

そして本日の目標のヤオロマップ岳までの稜線・・・
遠すぎる。。。笑
DSCN1729[1]

コイカクからヤオロはハイマツとの格闘多いです
DSCN1740[1]

1560Mコルからの登りかえし
DSCN1771[1]

コイカク振り返る
DSCN1766[1]

ヤオロの窓と1752ピーク方面
DSCN1760[1]

ヤオロの窓のテン場。2張りはできそうです
ここで男女二人組のコイカク山頂のテント方とすれ違い少々会話~
DSCN1778[1]

相方死亡中~笑
DSCN1789[1]

ヤオロの窓~下には雪渓が
DSCN1794[1]

ヤオロマップへの稜線・・・まだ遠い・・・
DSCN1812[1]

そろそろ限界か~今日はこの先の1752ピークでテントにするか~
DSCN1822[1]

1752ピークはなんとか1張り張れるスペースがあります
DSCN1869[1]

苦労して運んだ酒の出番がやっときます!
そしてよせ鍋の宴会。デザートやサラダなど今回は食事にぬかりはありません。
DSCN1857[1]

夕暮れ~目指す雲海に浮かぶ1839のシルエットがかっこ良すぎ~
DSCN1880[1]

サンセットと雲海のドラマに感動~
DSCN1882[1]

そして漆黒の闇に~気持ち悪いくらい静か~
DSCN1905[1]

1839さん明日はよろしくね!(^_^ )
IMG_8125.jpg

おやすみなさい~
DSCN1916[1]

そして新しい朝が~
DSCN1931[1]

今日は時間がさらにタイトです!日の出直前サブザックで軽量化してスタートです
朝日を浴びるヤオロマップ岳
DSCN1936[1]

ベースキャンプ振り返る
DSCN1952[1]

きた~!!
DSCN1940[1]

すがすがしい朝の・・・藪漕ぎ・・・(笑)
DSCN1955[1]

照らされるカール
DSCN1973[1]

カムエクさんおはよ~
DSCN1964[1]

ペテガリさんもおはよ~
DSCN1968[1]

ヤオロマップ山頂から1839。
ここだけガスが。。。。どーか晴れておくれ~
DSCN1988[1]

ブロッケン~
DSCN1991[1]

あら!話わかるね~1839さん!急に晴れだす!(^_^ )
しかし尖ってるな~
DSCN1994[1]

ヤオロから少し1839寄りのテント場。ここは一等地だな~
DSCN1999[1]

1781ピークを行く~
1839はなかなか近づかないです
DSCN2018[1]

なんかピーカンより、雲あったほうが美しいな~アート!(^_^ )
DSCN2020[1]

コイカク方面現在雲中でーす
DSCN2022[1]

おやじの落し物~
DSCN2030[1]

約100M急降下~。もったいないな~笑
DSCN2024[1]

1839までは結構キレキレです
DSCN2039[1]

最後のひと頑張り。登頂を拒むかのような鬼の急坂。てか崖・・笑
DSCN2057[1]

3点確保で草をつかんで体を引っ張り上げます~
DSCN2059[1]

ヤオロ方面振り返る~
DSCN2068[1]

念願の1839峰ピーク。
DSCN2087[1]



北側の歩いてきた稜線とカムエク
しかし遠かったな~
DSCN2022[1]

西側は雲海~
DSCN2090[1]

しかし我々にはのんびりする余裕はないです。
今日中に下山しなくてはいけません。
ここまで約15時間かかって、わずか20分で下山開始です~笑
落ちないでね~集中集中!
DSCN2101[1]

こんどはなかなか1839が離れてくれない~笑
DSCN2123[1]

ヤオロピークから振り返る
DSCN2137[1]

コイカクも遠い~日没までに戻れるのかな~(^_^ )
DSCN2140[1]

脚も痛い、亡霊のようにひたすら歩く~
途中単独男性と会う。
DSCN2158[1]

コイカクへの登りかえしは逆目のハイマツに脛パンチを何度もくらいアザだらけ~
ザックにつけてたマットもボロボロ~笑
DSCN2154[1]

途中デポしたザックを回収してやっと夏尾根頭
(テントは途中に会った単独男性のもの)
DSCN2167[1]

さ~今度は心臓破りの坂を一気に1000M下ります
DSCN2170[1]

落ちたらただでは済まないです
DSCN2177[1]

途中で水もなくなり上二股が待ちどおしいです
しかも今日も暑すぎる~
DSCN2181[1]

やっと癒されます~
DSCN2184[1]

沢の中をあえてじゃぶじゃぶ行きます~(^_^ )
きもちい~
DSCN2201[1]

やっと帰ってきた~
なんとか日没までに間に合って良かった!最後ダニチェックしたらまた腕の後ろにダニがささっていた~(T T)
それにしても2日間天気に恵まれ日高の自然と険しさ、美しさを単能でした!
でもちょっとあわただしかったので、このルート次回は3日間で余裕をもって行きたい~笑
DSCN2209[1]

途中会った登山者
・コイカク日帰りの単独男性(上二股取り付き直後)
・コイカク山頂テント泊に男女(ヤオロの窓付近)
・夏尾根頭でテント泊の単独男性(1752~ヤオロの中間)


<登山データ>
日時:2014年8月2・3日
装備:山泊縦走装備
・沢靴
・水類7.1L、酒類1.6L
・よせ鍋食材他
時間:総行動時間25時間29分
1日目 427札内川ヒュッテ→621上二股656→1008 1300Mテント場1042→1237夏尾根頭1303
→1316コイカク山頂→1318→1410 1560コル→1436ヤオロ窓テン場→1457→1543 1752ピーク(幕営)
(行動時間11時間16分)

2日目 414 1752ピーク→451ヤオロマップ山頂455→526 1781ピーク534→608 1702ピーク→719 1839峰山頂742
→927 1781ピーク→1003ヤオロマップ山頂1009→1041 1752ピーク1114→1248コイカク山頂1304→1315 夏尾根頭
→1409 1300Mテント場1421→1535 上二股1608→1827札内川ヒュッテ
(行動時間14時間13分)

人数:2人

1839_convert_20140804110429.jpg
1839log_201408042019458a9.jpg
スポンサーサイト

[edit]

« 積丹サバイバル 第三弾 (積丹某所)  |  芽室温泉 鳳の舞 »

コメント

はじめまして

三日ヤオロの山中でお話しさせてもらった単独のものです。青テントは私のものです。アドバイスありがとうございました。おかげで私も1839の山頂に立て無事に下山出来ました。二人ともヤオロまで1日で到着出来たみたいで強いですね!私は夏尾根頭で1日目は力尽きました。このページみたら崕山でも同じグループで登ってるようでお互いyoutubeでも山頂の動画をあげてるようです。なんか狭い世界って感ですね。今回私はダニには何も噛まれませんでした。たぶんお二方がダニを全部引き受けてくれたものだと思ってます。重ねてお礼申し上げます。今後ともお互い山登り楽しめると良いですね!たまに覗きにきます!

tripletto #Togd5OPA | URL
2014/08/05 14:22 * edit *

先日はありがとうございます!というか二度目だったんですね~(^_^ ) キリギシでもご一緒させていただいていたとは~ほんと山界は狭いですね!!笑 
triplettoさんのMIXI日記拝見しました~!あのときの状況がすべて繋がって把握できました!ほんと1839遠かったですよね~!しかもtriplettoさん出直すなんてすごいです!!
コイカクとヤオロの間のハイマツ地獄でgps取られたのですかね~?自分もあそこで服がボロボロになりました~ まったくハイマツのこのやろーーーですね!笑
また何処の山で~(^_^ )

HIRO2525 #3/2tU3w2 | URL
2014/08/05 18:27 * edit *

大変でしたね!

お久しぶりです!
いやはやガチな登山の記録を読まさせて頂きましたm(__)m
動画も拝見させて頂きましたが雲海と青空が綺麗で、ホント晴れてよかったですねぇ~。

イドンナップ岳をクリアしてからのコイカクシュサツナイ岳と1839峰の縦走だと考えているので、自分の場合はまだまだ先の登山になるかと思いますが今後のために色々と参考になりました。
無茶して日帰りを強行しようかと考えもしましたが、HIROさん同様に一泊で登るか、体力が落ちてしまったので安全に二泊で挑戦してみようと思います!

なおすけ #anEiTMBQ | URL
2014/08/12 12:11 * edit *

なおすけさん

ほんと御無沙汰しています。
ほんと1839峰は今年一番の山でした。その眺望と自然は必見です~(^_^ )
のんびり行かれるのがいいと思います。

100名山はあと8座ですがまだまだ難関が、、、またいろいろ教えてください!!

HIRO2525 #3/2tU3w2 | URL
2014/08/19 23:13 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spyama2525.blog.fc2.com/tb.php/418-d234c494
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。