03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

庚申草山・東中山 

2014年12月20日 庚申草山・東中山

前日が忘年会で二日酔い気味なので近郊の未踏峰めぐってきた。
中山峠の情報だと積雪は150CM。藪も大分かくれたと思うのでまずは、230号線途中の取りつけそうなポイントに駐車。
峠から旧道に入ると距離が長くなるので、ここはショートカットで!
DSCN6866_R.jpg

約1mの雪壁を越えて雪上へ
DSCN6864_R.jpg

まずは230号線の旧道を目指す!
まだ積雪は十分ではないですがなんとか行けそう
DSCN6870_R.jpg

密林~
DSCN6876_R.jpg

意外の下は硬いな~
積雪150CMはややモリぎみか!?(笑)
DSCN6877_R.jpg

旧道までの斜面はそこそこ急
DSCN6879_R.jpg

もう役目をとうの昔に終わった230号線の旧道
一本のトレースがあります。今日の朝方の跡だろうか~
DSCN6882_R.jpg

ひたすらしずかな森を行く
DSCN6885_R.jpg

トレースは東中山方面へ。
では自分も使わせてもらう。
どうやらトレース主は東中山のピストンのよう。
DSCN6887_R.jpg

東中山までは緩斜面の樹林帯です
DSCN6890_R.jpg

ひょろひょろのシラカバ林
DSCN6895_R.jpg

積雪がまだ十分でないのでたまに凶器が顔をだしてる!
滑走時は注意が必要です
DSCN6896_R.jpg

尾根上にでるとどんよりな天気~
DSCN6898_R.jpg

たまにはGPSに頼らずコンパスで!
DSCN6903_R.jpg

天気イマイチ
DSCN6919_R.jpg

東中山山頂!標識もきちんとあります!
トレース跡はここまで。
DSCN6924_R.jpg

天気も良くないのですぐに山頂をあとに
自分はついでに庚申草山まで足をのばす
DSCN6932_R.jpg

東中山山頂から北に向かと斜面の途中にある目印になりそうな大木
DSCN6936_R.jpg

まだ笹が結構顔をだしてる
DSCN6940_R.jpg

一旦旧道の途中にもどる
?今度はなんのトレースかな?
DSCN6948_R.jpg

動物も藪より歩きやすい道が好きなのね~
DSCN6954_R.jpg

眠らないアイツの足跡にも見えるが~
DSCN6961_R.jpg

前方に目指す庚申草山確認
コンパス合わす。
でも、途中まで林道に沿っていくのであまり意味はないけど・・・笑
DSCN6968_R.jpg

もっと積雪があればショートカットしたいところだが、まだ沢も埋まってなく細かなアップダウンをいくなら林道のほうが楽かな・・・
DSCN6969_R.jpg

林道分岐の丁寧に標識
そういえば2,3年前の初冬にこの先の中山小屋まで行ったな~
DSCN6974_R.jpg

林道にはまた違う動物のトレースが・・・これは鹿かな!?
DSCN6977_R.jpg

ところどころ小さな沢がまだでてます
DSCN6984_R.jpg

林道終点
DSCN6987_R.jpg

帰りは少々滑れそうな緩斜面
DSCN6993_R.jpg

もうひと降りすると純白の絨毯だな~
DSCN7000_R.jpg

前方にこの山のシンボル?の大岩登場
岩を直接登るのは結構きつそう。
高さが4~5M程度はあるかな~
DSCN7007_R.jpg

先に奥側の三角点のあるピークを目指す
DSCN7011_R.jpg

大岩の直登りを避けて巻く
北側の尾根から狙う
DSCN7013_R.jpg

尾根上に回り込む
DSCN7025_R.jpg

山頂三角点
DSCN7033_R.jpg

かろうじて眺望あり~
この山北側はキレてます
DSCN7034_R.jpg

続いて尾根を歩いて最高地点を目指す
DSCN7040_R.jpg

手前で板を脱いだら腹まで埋まる~笑
DSCN7043_R.jpg

岩頭上の最高地点
DSCN7045_R.jpg

岩頭を下りて、岩の下から滑走モードに
DSCN7054_R.jpg

樹林がコミコミ
無理やり滑り下りる~笑
DSCN7058_R.jpg

途中の緩斜面~
DSCN7060_R.jpg

軽く吹雪いてきた中ながーい林道をテクテク歩いて終了
DSCN7069_R.jpg

<登山データ>
■日時:2014年12月20日
■装備:日帰冬山登山装備
■時間:総行動時間 (休憩・写真含む)
938取りつきポント→1017東中山→1126庚申草山
■人数:単独
■途中会った登山者 
・なし
higashinakayama_convert_20141222141325.jpg
higashinakayamalog.jpg















スポンサーサイト

[edit]

« 卓球ナイト  |  卓球&ボーリングナイト »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spyama2525.blog.fc2.com/tb.php/463-41a434e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。