05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

ハッタオマナイ岳 

2015年2月1日 ハッタオマナイ岳

以前から狙っていた穂別の奥深山ハッタオマナイ岳。
全道的に荒れ模様なのに関わらずこの山域は奇跡的に良い感じ。
今回は274号沿いの八幡林道から直接アタックし、1018ピークまで登り稜線歩きを長めにとる計画です。
DSCN7917_R.jpg

林道ゲートは解放されてますが、勿論積雪で車は入れません。
シュー&アイゼンかスキーか迷って結局スキーで入山
DSCN7919_R.jpg

適当に1018Mピークから伸びて来る尾根に向けて取り付きます
今年は雪が少ないです。
倒木などが進路を妨げます
DSCN7922_R.jpg

落葉林ぬけます。
標高が高くない山なので稜線までの道中樹木が混んで歩きにくいです。
DSCN7930_R.jpg

尾根は次第に細く、急になってきます
しかも雪が少なめで飛び出たブッシュをかわすのにスキーは結構苦労します
DSCN7937_R.jpg

今年は寒暖が激しく雪が安定してません。
風があたる面はにコンクリートのような硬さの箇所もあります
帰り沢を滑ってと思っていたが難しそう~(T T)
DSCN7967_R.jpg

稜線見えてきます
南側はガスに囲まれてます
DSCN7969_R.jpg

しかし急です。
シグをきりながら、たまにずり落ちたり~
やっぱスキーよりシューの方が良かったな~(笑)
DSCN7983_R.jpg

1018ピークまじか
DSCN7986_R.jpg

1018ピークからハッタオ方面~
目指すピークはみえません。しかし今日はこの後晴れる予報~
期待します!
DSCN7995_R.jpg

西側は晴れ間が!
坊主山がくっきり
DSCN8001_R.jpg

ここから稜線歩きです。
雪庇もすくすく育ってます
DSCN8007_R.jpg

遥か遠くにハッタオマナイ岳ロックオン。
DSCN8020_R.jpg

980ピークはトラバッてショートカット。
東に延びる尾根に針路をとります
DSCN8021_R.jpg

ほどなく大岩登場!
直進は厳しそうです
さて、どうするか・・・・。
DSCN8031_R.jpg

岩の西から巻く
DSCN8032_R.jpg

広々とした稜線
ここにきて晴れ~!
予報見事に当たったな~
DSCN8040_R.jpg

ハッタオと987ピーク、そこから伸びる大斜面
時間あれば滑りたいところ~
DSCN8059_R.jpg

東側は山だらけ~(笑)
遠くに日高国際スキー場もみえます
DSCN8064_R.jpg

来た道を振り返る
980ピーク南側は大斜面
DSCN8067_R.jpg

987から北東に伸びる大斜面の雪チェックする
かた~~い!ザ・コンクリート(笑)
DSCN8071_R.jpg

今日は雪質は最悪!(笑)
コンクリート状態か雪が溜まる面はいたるところが雪崩れてます
せっかくスキーで来たけど登りデー
DSCN8074_R.jpg

雪庇の上を行く
DSCN8088_R.jpg

987ピーク手前
クラック入ってまるで春先のような光景~
DSCN8092_R_201502021803276bc.jpg

坊主山やっぱ標高低いな~
987ピークから
DSCN8095_R.jpg

歩いて来た稜線振り返る
DSCN8098_R.jpg

さ~、ハッタオ目前!
DSCN8104_R.jpg

ここも雪庇崩れ落ちてます
DSCN8107_R.jpg

ここらの雪庇はどっちに発達すればいいか迷ってる感じ~(笑)
芸術的!
DSCN8119_R.jpg

見事に上から壊す!(笑)
IMG_2796.jpg

ハッタオマナイ山頂!
しかし時間かかったな~
今回はスキーは失敗でした。
シューのほうがよかったです
DSCN8133_R.jpg

南に続く尾根
滑ると気持ちよさそーなオープン斜面
DSCN8137_R.jpg

でも雪崩てます~(笑)
DSCN8138_R.jpg

眺望は良好です!!(^_^ )
DSCN8140_R.jpg

時間がないので山頂を約15分で後に
しばらく来たルートを戻ります
DSCN8148_R.jpg

途中の大岩は大きく西側から巻いたほうがよさそうです
(帰りはさらに西側から巻きました)
DSCN8176_R.jpg

せっかくなので帰りは980ピークから別なルートを画策します
西に延びる尾根を使います
DSCN8188_R.jpg

急な樹林が混んだ尾根おります。
スキーではきびい~
DSCN8194_R.jpg

沢の滑走を考えましたが、雪崩の巣窟。
今回は条件悪すぎなので滑走はあきらめる
DSCN8190_R.jpg

尾根上もパリパリ割れ落ちる
DSCN8200_R.jpg

最後は南寄りの八幡林道に下りてテクテク歩いて無事ゴール
この尾根を下りるのはお勧めできません~。ゲートに戻るには遠回り&標高大分損しますね~(笑)
今回のコンディションならシュー&尻ボードが最速でいけそーでした~(笑)
DSCN8222_R_201502021807041d6.jpg

<登山データ>
■日時:2015年2月1日
■装備:日帰冬山登山装備(山スキー)
■時間:総行動時間 登り4時間54分 下り4時間38分
642ゲート→650取り付きポイント→909 1018ピーク→933 980ピーク東→1008 842ピーク→1107 987ピーク→1136 ハッタオマナイ岳山頂1152→1315 大岩手前→1347 980 ピーク→1537林道→1630ゲート (休憩・写真含む)
■人数:2人
■途中会った登山者 
・なし

hattao_convert_20150201233908.jpg
hattaolog.jpg
 
スポンサーサイト

[edit]

« 菅野温泉  |  長沼温泉 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spyama2525.blog.fc2.com/tb.php/491-d5ba3566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。