05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

大麓山・トウヤウスベ山 

2015年2月21日 大麓山・トウヤウスベ山

地形図を見ていて以前から狙っていたマイナーな両山。
冬には滑るポイントも結構ありそうなので、厳冬期?にいくべくネットでみると登っている人もちらほらいる。
知人で山レコでお馴染みのPミンが今年登頂していて情報を確認して晴天予報の本日実行となりました。(笑)
なんといっても北海道一といわれる樹氷と主要な山が一望できる大展望が期待できるとの噂。
条件がよければ樹氷林を滑走できればベストと企む。

周回をルートを計画~装備はロング&キレている稜線あるきもあるので、BC装備に加えてアイゼン・ピッケル、いつもより多めの行動食類、そして時間との戦いになるので朝4時ライトでの入山予定。準備はバッチリだ!
さ~気合いをいれて~

----------------------------------
■今回の登山につきまして

・入山に関しては自然公園法第20条第3項を勿論遵守してます
・環境省の車馬等乗入れ規制制度(大雪国立公園乗り入れ規制)も遵守しています

*しかしながらいろいろなご意見があるのでログは控えます
-----------------------------------

はい!なんだかんだ手間取って6時すぎに入山!(T T)
チーン。。。。。
気合い空回り・・・・予定は未定ということで。。。。(笑)
ルートは状況に応じて調整しよ~
ゲート手前まで除雪が入ってるが、なんせ車を置くスペースがない。
車は乗り上げてなんとか置く
DSCN8757_R.jpg

まだ薄暗いなか林道を歩く
今年の富良野界隈はとにかく雪が少ない。
林道もご覧の通りで、森の中も既にブッシュがでてきてる。
さながら残雪期の登山のよう
でも、気温はマイナス14度で見た目とのギャップ大!(笑)
顔がつめてーーーー
DSCN8756_R.jpg

閉鎖されたゲートをすぎると早速地形図にはない沢に沿うように北に延びる林道が。この林道使ってみる
DSCN8762_R.jpg

途中林道は北と東へいく二股に
沢はすでにスノーブリッジに苦労しそうだったので、確実に渡れるうちに渡っておこう。二股を東に行き、すぐに尾根に取り付く
DSCN8772_R.jpg

緩やかな広大な尾根の裾は大量の小沢が走っていてる。
小沢をかわすように蛇行歩行状態。雪がたりないのか
DSCN8776_R.jpg

そしてもっと厄介なのがこれ。。。
大きな倒木がとても多い。雪がすくなく埋まってないのでパスするに疲れる。
DSCN8784_R.jpg

またまた地形図にない林道
しかも法面が急で登れない。
迂回させられる
DSCN8777_R.jpg

人があまり入らない森に朝日が
DSCN8793_R.jpg

森の住人は外出中のよう(笑)
お邪魔しま~す!
DSCN8817_R.jpg

標高上がってくると雪も安定してくる
DSCN8819_R.jpg

そして不思議な光景。
ちいさなウサギかリスの足あとが途中から幅10CM程度の滑走跡に。。。
もしや彼らの中でもボードがはやっているのか!!??
DSCN8828_R.jpg

いい感じの森林地帯
仮に同じルート戻ることになってもかなり滑って楽できそう~
DSCN8835_R.jpg

と、自分の約50CMすぐ横の樹木の下から白い物体が一目散に逃げる。
冬の野ウサギをこんな至近距離でみるのは初めてだ。
ちょっと得した気分
*一瞬の出来事で写真はありません
DSCN8836_R.jpg

少しずつ眺望がやっと出てくる
遠くに日高山脈が雲海に浮かんでいる。
今日は晴天、無風の絶好の山日和!
DSCN8853_R.jpg

大麓山東から南東に伸びる大きな尾根も見える
DSCN8858_R.jpg

この静かな森を帰り滑るのもいいな
DSCN8867_R.jpg

雪と空と木のみ
DSCN8870_R.jpg

今日はMさんはスプリッドボードで参戦
DSCN8871_R.jpg

稜線上にでた
目標バッチリ確認!
DSCN8872_R.jpg

東方面~
DSCN8873_R.jpg

南方面~
人の気配が全くない
DSCN8875_R.jpg

ん!? わ!!!
大麓山の南面ズーム・・・
うっすらシュプールが入ってる!!!!!
やはり樹氷林BCを考える人いるんだな~
それにしてここまで一切人気もなくトレースなにのにどこから。。。。
ま、数日前のラインだし、いずれにしてもあの樹氷林の滑走は格別だな!
DSCN8876_R.jpg

稜線から地形図にある林道方面に目をやると、、、、
なるほど。。。モービル痕
*モービルで山頂直下まで入り樹氷林BCを楽しんだと見える
DSCN8882_R.jpg

大麓山全貌
DSCN8883_R_2015022213220164b.jpg

森林浴をたのしみすぎて予定時間押し気味・・・
1230ピークは軽く東からトラバース
*振り返って撮影
DSCN8885_R.jpg

1178コル手前から山頂方向見上げる
樹氷がいっぱで素敵すぎる!
心の中で既に周回ルートはやめてここを滑ることで決定!(笑)
DSCN8886_R.jpg

ピーク西側もよさそう~
DSCN8904_R.jpg

1230ピークごしに浮き夕張山地
DSCN8917_R.jpg

ちょっとズーム!
今日はあまりの絶景に写真500枚くらい撮影~(笑)
DSCN8919_R.jpg

最後の急登り~
絶景すぎて同じ写真何枚も撮る!(笑)
DSCN8922_R.jpg

予想通りクラストしていてスリップしまくりでたまらずシーアイゼン装着
*帰りは気温上昇で柔らかく最高の状態に
DSCN8921_R.jpg

うひょ。
DSCN8931_R.jpg

樹氷達のお出迎え~
DSCN8940_R.jpg

最高の斜面
DSCN8945_R.jpg

山頂手前
DSCN8961_R.jpg

ハイマツの踏みぬき多し~
シューだと大変かも・・・・
DSCN8970_R.jpg

きたー!
お!なんと標識あり!
DSCN8976_R_20150222143009a11.jpg

厳冬期にこの快晴&無風のピークって、、、
もってるな~(笑)
DSCN8975_R.jpg

ウペペとニペに挟まれる下ホロ
境山もこのアングル初めてだな~
DSCN8979_R_20150222132827dd1.jpg

しかし絶景山だな
DSCN8980_R.jpg

十勝連邦~
DSCN8984_R.jpg

夕張山地~
DSCN8989_R.jpg

富良野岳ズーム!
DSCN9003_R.jpg

夕張山地ズーム!
DSCN9009_R.jpg

パノラマ ① 前富良野~日高方面
IMG_0770.jpg

パノラマ ② 日高方面~富良野岳
IMG_0771.jpg

下ホロ綺麗だ
DSCN9015_R.jpg

暑寒?まで見える!
DSCN9013_R.jpg

さ~時間と戦いなので次なるトウヤウスベに向かう
この天気と眺望なら何時間でも居れるな
次回狙っている前富良野岳
DSCN9021_R.jpg

目指すトウヤウスベ
DSCN9024_R.jpg

一旦圧巻の樹氷林を標高で150M落とす
しかしこの面は樹氷とハイマツで雪が薄く滑走は不可能
バリバリ踏みぬきながら下りる
DSCN9035_R.jpg

シールをつけたままスプリッドで下るのは難しそう~
DSCN9055_R.jpg

もはや樹氷ジャングル!?(笑)
DSCN9071_R.jpg

コルを過ぎて登り返す
DSCN9081_R.jpg

芦別岳が背後から応援!
DSCN9115_R.jpg

トウヤウスベ山頂
勿論標識はない
DSCN9129_R.jpg

このまま目の前の原始が原に向かって滑走も考えたが時間的に今日は無理~
ここまで約6時間30分。日没に間に合うか微妙になってきた。(笑)
ここは無理せず来たルートを効率的に戻ることにする。
DSCN9128_R.jpg

登りと違い滑走になると急に元気になるMさん。
DSCN9138_R.jpg

動物発見!
ラクダか!?笑
DSCN9147_R.jpg

日差しがまぶしい
DSCN9153_R.jpg

帰りのご褒美!
樹氷林滑り~
ちょうど良い硬さになっておもろい~!
DSCN9161_R.jpg

吸い込まれる~
DSCN9174_R.jpg

山頂からコルまでの圧巻の感動的斜面を堪能
1178コルからは林道や森の中など上手く使い、標高650Mまで緩斜面をほぼ滑り続ける
はや!!
一気に時間大幅短縮!
DSCN9190_R.jpg

斜度が緩んでからは林道を使う
DSCN9202_R.jpg

朝来たトレースに合流
下りが予想以上に滑れて日没までに余裕で下山!
DSCN9212_R.jpg

うっすら夕陽に染まる左に連峰と右に大麓山!
この山ほんと穴場だな。
眺望、滑走とても満足な山行だった
IMG_3270_R.jpg

帰りは富良野のくまげらでトンカツ~
IMG_0879.jpg

<登山データ>
■日時:2015年2月21日
■装備:日帰冬山BC装備・アイゼン・ピッケル
      (山スキー、スプリッドボード)
■時間:総行動時間 10時間9分(休憩・写真含む)
登り6時間34分(大麓山の40分のランチ休憩含む) 下り3時間16分
606入山→612林道分岐→623林道分岐→646地形図にない林道をクロス→937 1230ピーク東→1000 1178コル→1110大麓山1150→1240トウヤウスベ山1259→1357大麓山西滑走ポイント→1615駐車スペース
■人数:2人
■途中会った登山者 
・なし

 
スポンサーサイト

[edit]

« 音江山  |  フラヌイ温泉 »

コメント

これは羨ましい

hiroさんお疲れ様でした!
こんなに綺麗な山だなんて知らなかった…
ガスしか見えない日に行ったことが悔やまれます。
来年また行かなければ!

pakumin #mQop/nM. | URL
2015/02/22 14:38 * edit *

pakuminさん

どもです!しっかりルート参考にさせてもらいました!ありがとうございます!
地形図にない林道もpakuminさんのおかげで安心してチョイスできました!(笑)
ほんとここの眺望は最高でしたよ~!是非晴天リベンジしてくださいね~!

HIRO2525 #3/2tU3w2 | URL
2015/02/22 21:23 * edit *

ご無沙汰してますーwげんきそうっすね。うーん、羨ましい。もうちょっとで山に復帰するのでまたあそんでくださいね

kohe41 #- | URL
2015/03/02 21:34 * edit *

〇〇山は・・・

HIROさん ご無沙汰しています。

〇〇山とトウヤウスベ山、お疲れ様でした。

でも何故〇〇山なんですか?
大麓山だいろくさん・・・なんだと思うけど・・・

エバ #gHqx1pT. | URL
2015/03/03 17:37 * edit *

kohe41さん
どもでーす! 是非復帰した暁にはよろしくおねがいしまーす!
セッション楽しみデス!!(笑)

HIRO2525 #3/2tU3w2 | URL
2015/03/05 21:37 * edit *

エバさん

ご無沙汰しております。
そーなんですが、登ってはいけない山とおっしゃる方もいるもので・・・・・汗
いろんなご意見があるみたいで・・・・・(笑)

HIRO2525 #3/2tU3w2 | URL
2015/03/05 21:41 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spyama2525.blog.fc2.com/tb.php/501-481fe597
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。