03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

雄冬山BC 

2015年3月8日 雄冬山

浜益10名山の名峰、そしてBCで素敵斜面がたくさんあるという噂の雄冬山へ行ってきました!
今回はマイナールートで入山して北西斜面を滑走予定です!(^_^ )
天気は良好で眺望も期待できそうです!
駐車スペースで単独の先行者が、、
あとから気付いたんですが、道北ヤブ山日記のオギノさんでした!!
自分はおぎのさんのブログを良く参考にしているのでもっとお話ししたかったな~(笑)

晴天の海抜0M日本海からスタートです!
まさにシートゥーサミットです!
DSCN9609_R.jpg

いきなりカリカリの急斜面をのぼり最初の尾根に取り付きます
DSCN9618_R.jpg

先行者のトレースを利用させてもらいます!
ありがとうございます!
DSCN9623_R.jpg

ほそっこーい痩せ尾根をいきます
DSCN9640_R.jpg

カリカリなんでスプリッドボードの二人はトラバースが結構大変そう~
DSCN9649_R.jpg

猿の腰掛??
DSCN9653_R.jpg

朝日がまぶしい
DSCN9662_R.jpg

予想以上にパウダーです!
DSCN9663_R.jpg

295付近は平坦地形です
DSCN9664_R.jpg

おむかえの天狗岳が素敵!
いつか登りたい一峰だな~
DSCN9672_R.jpg

紺碧の海をバックにわっせわっせ~
このあたりは帰りも結構楽しめそう~
DSCN9678_R.jpg

天狗岳をバックに急登
DSCN9681_R.jpg

655付近までくると目指す雄冬山がやっとバッチリです
本日狙う大斜面も見える
DSCN9694_R.jpg

いたるところよさそーな斜面がいっぱい
DSCN9700_R.jpg

さ~この先細尾根地帯です
DSCN9709_R.jpg

カリカリのところもあって慎重に~
DSCN9713_R.jpg

眺望良し!
DSCN9717_R.jpg

稜線へ続く細尾根~
日高のようだな~
DSCN9720_R_2015031100300530a.jpg

アイフォンの方が綺麗~(笑)
IMG_3710.jpg

Gさん雪庇崩さないでよ~(笑)
IMG_3660_R.jpg

西から低い雲がやってくる。。。。
嫌な予感~
DSCN9732_R.jpg

820M付近は平坦に近い
DSCN9739_R.jpg

横一列で行進~(笑)
DSCN9743_R.jpg

あれ?気付くと買ったばかりのG氏のヘルメットがない・・・汗
細尾根地帯で藪にひっかかり紛失か!?
テンション下がるG氏。(T T)
DSCN9745_R.jpg

天狗岳振り返る
DSCN9752_R.jpg

稜線まじか
DSCN9755_R.jpg

たどったルートがはっきりわかる
DSCN9762_R.jpg

やばい、、、ガスってきた
DSCN9769_R.jpg

にゃーーーー
DSCN9785_R.jpg

すぐ横が滑る予定の北西斜面
ホワイトアウト~~~(T T)
みるみる天候悪化で横殴りの雪も・・・・
DSCN9784_R.jpg

稜線直前の1050M付近でなくなく停滞
穴を掘って昼食をとりながら天候の回復を待つ
DSCN9793_R.jpg

ぜんぜんダメだ~(T T)
約1時間程度待つが一向に改善せず。あきらめて、来たルートを戻ることに
DSCN9795_R.jpg

視界がないので慎重に間隔を空けず滑りながら標高を下げる
DSCN9806_R.jpg

風があたる面はカリカリだわね
慎重に滑るEちゃん
DSCN9811_R.jpg

950M付近で雲下に出る
視界がでてくる
DSCN9814_R.jpg

滑り楽しむ
DSCN9822_R.jpg

例の細尾根地帯
DSCN9834_R.jpg

天狗をバックにとったつもりだが、、、
オイラ写真のセンス相変わらずないな~(笑)
DSCN9837_R.jpg

細尾根地帯は念のため板を背負う
DSCN9839_R.jpg

ん??
うおーーーー!メットーーーーー!
はっけーーーーん!!!
DSCN9845_R.jpg

細尾根の上で枝が上手いことキャッチしてくれてた!!
まさに奇跡の生還!!!
G氏元気復活!
DSCN9846_R.jpg

後半は重い雪に足がパンパン
DSCN9853_R.jpg

重いがたのし~
DSCN9858_R.jpg

Mさん死亡中~(笑)
DSCN9863_R.jpg

板を脱ぎたくないので無理やり茂みを突破!
ゴール直前で川に出る
DSCN9869_R.jpg

Mさん見事に踏みぬく
IMG_3684.jpg

今日は山だっけ?海だっけ?(笑)
目的の北西斜面は次回の課題になったが、楽しい山行きだったな~(^_^ )
DSCN9882_R.jpg

帰り増毛に行って新鮮な甘エビを買って、速効港で食べる!(^_^ )
あ!しょうゆは持ってきたのにワサビ忘れた。。。。(T T)
でもやっぱ増毛の甘エビはうま~~
IMG_3705.jpg

オーベルジュのトロン温泉
IMG_3708.jpg

タイミング良くサンセット!
IMG_3715.jpg

夕飯は4人全員同じくエビ天丼!(笑)
IMG_3737.jpg

<登山データ>
■日時:2015年3月8日
■装備:日帰冬山登山装備(山スキー)
■時間:総行動時間 7時間40分(休憩・写真含)
■人数:4人
■途中会った登山者 
駐車スペースで1名
「道北ヤブ山日記」→ http://ameblo.jp/kunbetu/

ofuyu_convert_20150311000510.jpg
ofuyulog.jpg
スポンサーサイト

[edit]

« オーベルジュ増毛  |  湯の花 朝里殿 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spyama2525.blog.fc2.com/tb.php/507-ca73ab6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。