09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

トヨニ岳(南峰・東峰) 

2015年3月28日 トヨニ岳(南峰・東峰)

そろそろ残雪期登山をしたいところ~
全道的に天候はまずまずなので南日高へ
もし条件良ければ北海道100名山未踏のピリカヌプリ行きたいな!でも日帰りは厳しいだろうな~と思いながらトヨニ岳までは行きたいところ。去年この時期雪がすくなかったけど取り付きポイントの野塚峠の積雪は道路情報による尚240CM。ほんとかよ~と思いながら日の出前に現地につくと雪大量。(笑)
さ~どこまで行けるかな~

4時前に無人の駐車スペースに到着
情報通り雪結構あります
準備をしていると単独の男性がやってきて彼もトヨニ方面偵察にきたとのこと
DSCN0145_R_20150329120402630.jpg

真っ暗闇をライトで入山
雪がどんな状態かわからないのでまずはツボ足で
あ、熊すず忘れた。。。。もう活動してそーだな~笑
DSCN0146_R.jpg

わー、雪ゆるゆる・・・・20m進んで早速シュー装着(笑)
駐車場すぐ横の急な斜面を尾根に向けて直登します
深い急登腐れ雪ラッセルで早速難義する
DSCN0155_R.jpg

国道のあかりを眼下に
標高一気にあげる
DSCN0153_R.jpg

前方は漆黒の闇
DSCN0151_R.jpg

なんとか稜線上で日の出を迎えたいところだが・・・・
DSCN0170_R.jpg

シューでもズボズボぬかる悪い雪のなか東の空が薄ら明るくなるがペース全然上がらず
DSCN0173_R.jpg

主稜線まだか~
DSCN0176_R.jpg

野塚岳見え始める
DSCN0183_R.jpg

大分明るくなりライト消灯~(^_^ )
DSCN0203_R.jpg

もう少しで主稜線
DSCN0214_R.jpg

相変わらずズボズボ
DSCN0215_R.jpg

あちゃ・・・・間に合わなかった・・・(T T)
主稜線直前でお日様に先こされる!
DSCN0222_R.jpg

さてこの稜線上はどんな感じかな~
DSCN0227_R.jpg

1151方面
DSCN0228_R.jpg

目指すピリカ・トヨニ方面
DSCN0235_R.jpg

そして日高に新しい朝が~(^_^ )
それにしても綺麗すぎる
DSCN0231_R.jpg

霞みがかる野塚岳
DSCN0251_R.jpg

少々ガスがかかっているが目指すトヨニ岳もくっきり
DSCN0258_R.jpg

やっぱ早起きしてよかった!
DSCN0261_R.jpg

トヨニ方面のガスもとれて日高らしい稜線がクッキリ
DSCN0275_R.jpg

1251へ
日高らしい細かな登りかえし&細尾根が多い~
DSCN0291_R.jpg

谷深いな~
DSCN0298_R.jpg

朝日を浴びる稜線歩きは格別!(^_^ )
DSCN0292_R.jpg

1151手前から振り返る
DSCN0299_R.jpg

雪もかたそうだし、滑りそうだしここらで念のため足回り変更
しかしその直後またズボズボ地帯~
なんなんだ~
DSCN0302_R.jpg

岩場も
DSCN0306_R.jpg

この辺りはアイゼンでなければきつそう~
DSCN0309_R.jpg

トヨニの手前までは気が抜けないポイントがあるとの噂
DSCN0315_R.jpg

今来た稜線~
キレキレでかっこいいな~
DSCN0317_R.jpg

今日は自然に写真の数も増える!(笑)
この白い稜線を歩きたかった~
DSCN0331_R_20150329132054f9f.jpg

東峰との吊尾根も青空に映える
DSCN0339_R.jpg

雪庇もひょろひょろ~
ライン間違えると滑落というより転落だな~怖
DSCN0344_R.jpg

ピーク手前のコブか~!?
DSCN0347_R.jpg

冬の日高は素敵だな~
DSCN0348_R.jpg

実は今日は強風~
時より15mくらいの突風が・・・
細尾根は慎重にクリアしていく
DSCN0352_R.jpg

ま~しろ
DSCN0353_R.jpg

このルートの象徴的両方キレキレのここの数十mは緊張する
結構雪でせりあがっていてライン取りが難しい
風にもってかれないように慎重に
DSCN0357_R.jpg

無事クリア~
何度見てもカッコいい稜線だな~(^_^ )
DSCN0362_R.jpg

遠くに霞むピリカ~
お~い!遠過ぎないか~(笑)
DSCN0376_R.jpg

東峰を右手に
DSCN0385_R.jpg

トヨニ南峰ピーク!
さ~どーするか~
時間的にはいけそうだかピリカを目指すのか・・・・
選択肢は~
①このままピリカを目指す
②北峰まで下見に行ってみる
③ここをゴールでのんびり戻る
④この吊尾根を渡って東峰経由で周遊で戻る
DSCN0397_R.jpg

大展望をおかずに軽くランチをしながら考える~
(今来た主稜線)
DSCN0399_R.jpg

東峰への吊尾根
最近のものと思われるトレースがあります
DSCN0400_R.jpg

トヨニ岳南峰ピークから


風も強いし前半のズボズボで疲れたし今日は下見ということで・・・・
自分にいい訳を見つけて今日はこの先の北峰までにしよ~っと。(笑)
DSCN0414_R.jpg

コルに向かって下り始めると風が急に強まる~
あれ~拒否られてるの?(笑)
(写真は南峰方面)
DSCN0415_R.jpg

突風に煽られながら恒例の~
風速チェッ~~~ク!(笑)
ちょっと稜線の陰でこの風速~
場所によっては20m以上は確実に吹いている~
DSCN0422_R.jpg

や~めた~(^_^ )
南峰にもどって二度目のランチ~(笑)
DSCN0435_R.jpg

のんびり再度山並みを堪能して~
DSCN0437_R.jpg

どーせなら東峰からもどろう
今年雪多いから下の沢はSBあるだろうと予測~
濡れずに帰れますよ~に!(笑)
情報によるとSBないと5~6回は渡渉あるそーだが・・・・
途中から南峰方面振り返る
DSCN0451_R.jpg

東峰ピーク
DSCN0462_R.jpg

ピークから北東に続く尾根
DSCN0466_R.jpg

これから下りる南東の尾根
思ったより急だな~
DSCN0469_R.jpg

このトレースの方たちは東峰経由でどこまでいったんだろ~
と思いながら転げ落ちるように下る
DSCN0477_R.jpg

お、、、雪洞発見!
お泊りだったのね。。
DSCN0486_R.jpg

おじゃまさせてもらう~(笑)
テントでなく雪洞泊いいな~
数日前のものかこの暖気で天井が大分下がっている感じ
DSCN0482_R.jpg

腐れ雪に苦労しながらズボズボで突進
DSCN0498_R.jpg

沢まで下りた
予想通り雪が結構ある
濡れずに帰れそう~
DSCN0507_R.jpg

結構大きな沢だな
DSCN0523_R.jpg

熊さんも元気に活動中~
DSCN0532_R.jpg

駐車場に戻ると車がたくさん
入山時会ったトヨニ方面下見予定の単独男性の方も丁度戻ってました
さらにHYMLのサイさんと会ってしばし歓談
DSCN0536_R.jpg

帰りはアエルの湯
IMG_4037.jpg

念願のピリカヌプリは次回に持ち越しになったが日高満喫な一日だった
IMG_4038.jpg

日の出も夕陽も素敵だったな~
IMG_4041.jpg

<登山データ>
■日時:2015年3月28日
■装備:日帰冬山登山装備(スノーシュー・アイゼン・ピッケル)
■時間:総行動時間 6時間38分 (休憩・写真含)
358駐車スペース→429支尾根→539主稜線→555 1162→633 1251→745トヨニ岳南峰758→803 引き返し→810トヨニ南峰814→829トヨニ岳東峰839→829 1253→959沢→1036駐車場
■人数:単独
■途中会った登山者 
・帯広方面からの単独男性(駐車場で)
・MYMLのメンバーサイさん他(下山後駐車場で)
・会話はしなかったが駐車場には他数台の車あり

toyoni_convert_20150329132955.jpg
toyonilog.jpg

スポンサーサイト

[edit]

« あえるの湯  |  ワイス温泉 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spyama2525.blog.fc2.com/tb.php/512-f65d5010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター