03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

トヨニ岳(東峰・南峰・北峰) 

2015年4月12日 トヨニ岳(東峰・南峰・北峰)

ブログ友達の同じく北海道100名山コンプリートを目指す剛脚タカさん「アウトドアズマン貴の徒然日記」に誘われて再度ピリカヌプリを日帰りで目指しました。タカさんは3年前の1967峰、群別岳、遊楽部岳、カムエクと過去4度山中で偶然会ってますが今回が初の登山セッションです!
さらに今回は経験が豊富な熟練の頼もしい山屋さんが同行してくれます!
マイナーピークをことごとく登っている「北のかもしかの山歩き」のOMさん、日本200名山も終わられている「私の登った山々の写真from中標津」のMOさんです!
しかし4人全員がこのピリカヌプリは未踏です。それほどかい?ピリカちゃん。。。。。。
自分は2週間前にもトヨニ南峰で撤退しているので今回は強力助っ人が3人もいるのでなんとか登頂したいものです!
しかし前日から朝方まで雨が降っていて果たして稜線はどんな状態なのか・・・

4時30に野塚トンネルで顔を会わせます!
今日はどーぞよろしくお願いします!!(^_^ )
DSCN1094_R.jpg

道中は長いので挨拶をして早速入山です!
二週間前よりかなり雪は少なくなってます
DSCN1104_R.jpg

今回はノーマルルートのキレキレポイントを避けて東峰経由で行きます
沢が大分でてきてます
DSCN1116_R.jpg

このルート今回はどんなに上手くルートとっても渡渉は避けられません
(2週間前は渡渉なしで戻れた)
DSCN1122_R.jpg

取り付く尾根が朝日に照らせている
DSCN1126_R.jpg

既に沢は長い眠りから目覚めてます
DSCN1127_R.jpg

SBをみつけて小沢を渡ります
DSCN1131_R.jpg

さ~ここから東峰までは鬼の急登です
DSCN1134_R.jpg

この辺は意外に雪にシューがかみ登りやすいです
ほぼ直登です
DSCN1144_R.jpg

主稜線も見え始める
DSCN1153_R.jpg

ひたすら続く急登~
リフターのついてないMSR(シュー)に初めて役不足を感じる~笑
アキレス腱が痛いわ~(T T)
DSCN1168_R.jpg

わっせわっせ~急登に汗が噴き出ます!
さすが大ベテランのMOさん、OMさん淡々と登ります!
DSCN1171_R.jpg

今のところ晴天です!
DSCN1176_R.jpg

1252まだかな~汗
DSCN1180_R.jpg

1252手前からは東峰の肩をロックオン
DSCN1192_R.jpg

ブログにいつも素敵な写真を載せてるMOさん
DSCN1209_R.jpg

東~南峰の吊尾根も見える
晴天だ!テンション上がる
DSCN1210_R_20150413230835f32.jpg

日高山脈主稜線
DSCN1212_R.jpg

引き続き絶景をバックに東峰目指す
DSCN1215_R.jpg

最高のビュー!!
DSCN1222_R.jpg

スーパー剛脚のタカさん先頭で東峰に登頂!!
しかしタカさんやっぱ速いな~!
DSCN1225_R.jpg

南峰までの標準ルートのキレ尾根
DSCN1226_R.jpg

十勝方面
DSCN1228_R.jpg

野塚岳方面
DSCN1229_R.jpg

ベテランのMOさんOMさんと日高の大展望!
DSCN1227_R.jpg

北峰と目指すピリカがばっちり!!
DSCN1230_R.jpg

南峰までの吊尾根
DSCN1237_R.jpg

雲の動きが激しい
DSCN1247_R.jpg

主稜線ガス中~
DSCN1249_R.jpg

吊尾根を南峰に向けていく
DSCN1252_R.jpg

途中からピリカ方面
待ってろよん!ピリカちゃん!ハート
DSCN1253_R.jpg

2週間前より雪庇が発達してる気がする
DSCN1258_R.jpg

トヨニ南峰ピークから野塚方面
DSCN1267_R.jpg

天を突く南峰手前のポコ
DSCN1266_R.jpg

トヨニ北峰とその後ろにピリカ
果たしていけるのか!?
DSCN1270_R.jpg

南峰ピークでシューをデポして軽量化する
足回りはアイゼンに
DSCN1272_R.jpg

前回撤退したのはこの辺かな~
やっぱり風が出てくる
DSCN1275_R.jpg

ガスが入ってくる
1432M付近のやや平坦なテン場
DSCN1278_R.jpg

おいおい頼むぞ~
DSCN1286_R.jpg

よしよし!(^_^ )
北峰まではいくつかポコ越え
結構登りかえします
DSCN1288_R.jpg

昨日の雪と風で雪庇がトンガリ稜線上は足の置き場に悩む
DSCN1290_R.jpg

ライン外したら「まっさかさーまーに落ちるデザイア」
←古いか。。(笑)
DSCN1291_R.jpg

あれが北峰ピークかいな?
DSCN1293_R.jpg

北峰ピークからかっこいいワンショット
DSCN1295_R.jpg

北峰からピリカへの稜線
この先の侵入を拒んでいるかのようにガスが立ち込める
DSCN1299_R.jpg

そして10M以上の風
しばらく4人で協議する
DSCN1306_R.jpg

うーむーーーー
DSCN1308_R.jpg

にゃーーーーーー
DSCN1314_R.jpg

さらに協議・・・・・
DSCN1316_R.jpg

エスケープルートがないこのルートでさらに悪化したらキビしい。。
DSCN1321_R.jpg

無理は禁物
ピリカはあきらめる
勇気ある撤退!
ここを今日の最終ピークとする
タカさんとワンショット!
DSCN1322_R.jpg

本日のパーティ
(強風で三脚が立てられず4人の写真はありません)
P10506721_R.jpg

来た道を戻る
DSCN1325_R.jpg

踏み外さないよう忠実に来たトレースを戻る
P10506741_R.jpg

ガス達よ!あっちへ行け!!
tmp_imgresize_R.jpg

南峰方面に戻るとガスが取れてくる
DSCN1335_R.jpg

南峰への戻りトレース
DSCN1339_R.jpg

途中から北峰振り返る
必ずまた来るよ!!
DSCN1357_R.jpg

本日二度目の南峰
DSCN1368_R.jpg

南~東の吊尾根でOMさんの知人の2名パーティの方と出会う
標準ルートの尾根には二人組の登山者が・・・
手を降ってみる~
DSCN1382_R.jpg

ズーム。
あとで山レコで気付いたが、この二人知人のyhaさん、shizuペアだったようだ!
山は広いようで狭いな~(^_^ )
DSCN1384_R.jpg

駐車場にもどったら数台の車あり~
聞くと野塚方面もガスだったらしい
DSCN1402_R.jpg

前日寝不足だったのもあって帰りはのんびり帰る
春の下界と冬の主稜線のコントラストが素敵だ
IMG_4275_R.jpg

日高らしい
明日は名馬か!?
IMG_4276_R.jpg

静内の龍巳で味噌ラーメン
なかなかのお味でした!(^_^ )
IMG_4288.jpg

締めは新冠レ・コードの湯
天気に翻弄された一日だったが、素敵な山人との出合いもあって最高の山行だった。
目的のピリカはまたもや行けなかったが、十分眺望も楽しめたし~
本日同行して頂いたタカさん、MOさん、OMさんありがとうございました!(^_^ )
IMG_4317.jpg

<登山データ>
■日時:2015年4月12日
■装備:日帰冬山登山装備(シュー、アイゼン、ピッケル)
■時間: 登り4時間23分 下り3時間2分   (休憩・写真含)
スタート地点05:10→05:23トヨニ川左股上二股05:30→08:43トヨニ岳南峰08:56→09:33トヨニ岳北峰09:48→10:31トヨニ岳南峰10:32→12:18トヨニ川左股上二股12:22→12:50ゴール地点G
■人数:4人
■途中会った登山者 
・トヨニ東峰~南峰の吊尾根付近でOMさんの知人2名組
toyoni20150412_convert_20150413193604.jpg
toyhoni20150412log.jpg








スポンサーサイト

[edit]

« 積丹ホッケ釣り&山菜  |  新冠 レ・コードの湯 »

コメント

お疲れ様でした

おはようございます
トヨニ岳北峰までお疲れ様でした。ピリカヌプリまで行けませんでしたが、お陰様で楽しい山行きでした。4月末にトヨニ岳を登っていられる方がいますが、ハイマツが出てきてこの時期も日帰りはきつそうです。足を引っ張りそうですが、又ご一緒に登りたいですね。スキーがあれば知床岳お付き合いさせていただくのですが・・・知床岳気をつけて行ってきてください。

Moです #mQop/nM. | URL
2015/04/14 06:52 * edit *

リンクさせていただきました

追伸
トヨニ岳北峰までのGPSログリンクさせていただきました

Moです #mQop/nM. | URL
2015/04/14 06:55 * edit *

Moさん
コメントありがとうございます!(^_^ )
こちらこそ楽しく登らせていただきました!
ご一緒させていただいて感謝です!
ピリカは条件のいいときに日帰りリベンジも・・・とも思いますが、山は逃げないので・・・笑
リンクありがとうございます!
今後とも何卒よろしくお願いします!

HIRO2525 #3/2tU3w2 | URL
2015/04/14 14:33 * edit *

教えて下さい

こんにちは
HIROさんが現在使っているスノーシュー何処のメーカーなんですか?

Moです #mQop/nM. | URL
2015/04/15 15:02 * edit *

こんにちは

先日はどうもありがとうございました。
ピリカ残念でしたね。
やはりトヨニ岳は東峰経由が渡渉と急坂が難ですが、細尾根よりも安全でした。ビビリの私はこちらがよいです。
それとスノーシューですがMSRの方が登攀力があると感じました。
私は急坂の途中で2回滑り落ちたし・・・・。
またどこか一緒しましょう。
でもピリカは何とかリベンジしたいですね。

北のかもしか #- | URL
2015/04/22 21:24 * edit *

MOさん

コメントありがとうございます!
シューはMSRのEVOです。自分のはリフターがついてないタイプなのであの急登にはやはりリフターがあったほうが楽と感じました!笑
登山仲間がいろいろなメーカーのシューを使ってますが、一番登攀力があるのはMSRですね~(^_^ )

HIRO2525 #3/2tU3w2 | URL
2015/04/23 00:08 * edit *

北のかもしかさん

このたびはほんとご一緒させていただきありがとうございます!
とても楽しかったです!
あの急登はコイカクの夏尾根並みでしたね~笑
是非またセッション何卒よろしくお願いします!(^_^ )

HIRO2525 #3/2tU3w2 | URL
2015/04/23 00:10 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spyama2525.blog.fc2.com/tb.php/518-c7a2fa33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。