FC2ブログ
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

オムシャヌプリ(西峰・東峰)・十勝岳(日高) 

2018年3月24日 オムシャヌプリ(西峰・東峰)・十勝岳(日高)

晴天予報の南日高。
2週前の大規模雪崩で通行止めだった天馬街道がようやく復旧。
翠明橋からの日高十勝岳~オムシャヌプリの周回登山を画策。
深夜札幌をでて仮眠をして6時30過ぎの入山。
さて今日はどんな日高の絶景を拝めるのか楽しみ。

翠明橋の駐車スペース
(このすぐ横の沢があんなことになっていることを知らず・・・汗)
DSCN8747_R.jpg

早速十勝岳へ続く長大な急な尾根に取り付く
DSCN8755_R.jpg

朝一激しく急登。一気に目が覚める・・・
DSCN8762_R_20180326214833875.jpg

足回りはシュー。
本日は滑りはありません
DSCN8764_R.jpg

一気に標高を稼ぐ
DSCN8766_R_20180326214836e93.jpg

翠明橋がどんどん小さくなる
DSCN8776_R_20180326214920761.jpg

雪はしまっている。すぐにアイゼンに変更。
今日はこの先足回り変更はなくアイゼンでした
DSCN8783_R.jpg

尾根は日当たり面は草が出ている
DSCN8792_R.jpg

朝陽がどんどーん
DSCN8797_R.jpg

早速オムシャ西峰から南へ延びる尾根
DSCN8823_R.jpg

雪解けは進んでいる
DSCN8825_R.jpg

危険のないところは草地をさけ雪道を行く
DSCN8841_R.jpg

第一目標の十勝岳チラホラ
DSCN8861_R.jpg

オムシャヌプリ西峰が鎮座
DSCN8862_R.jpg

日高らしい藪細尾根
DSCN8872_R_20180326215117ac3.jpg

浦河方面
DSCN8874_R_20180326215223d5b.jpg

まさにTHE DAY!!
DSCN8880_R.jpg

野塚岳東峰・西峰バッチリ
DSCN8885_R_20180326215226f63.jpg

樹木があるので怖さはない
DSCN8896_R.jpg

遠くにアポイ岳
DSCN8900_R.jpg

進路は野生動物に聞け!!笑
DSCN8911_R.jpg

やはりオムシャヌプリは3耳峰か!?
DSCN8914_R.jpg

標高もあがり進路は雪で満たされる
DSCN8936_R.jpg

うん!耳3つ!決定
DSCN8921_R_20180326215317de2.jpg

十勝岳大分近づく。
DSCN8936_R.jpg

あの稜線をぐるりと歩く予定
DSCN8947_R.jpg

国境稜線の山たち
オムシャ山頂から南へ延びる下山予定の尾根を確認する
雪はあるな~
DSCN8950_R.jpg

ミニ雪庇とアポイ岳
DSCN8959_R.jpg

山頂までのバイパス
DSCN8965_R.jpg

平坦に見えて意外とアップダウン~笑
DSCN8979_R_201803262154388ad.jpg

豆粒Mさん
DSCN8987_R.jpg

造形美
DSCN9001_R.jpg

映っていないがキツネがうろうろ
DSCN9015_R_2018032621555329e.jpg

この辺でオムシャヌプリと同目線くらいか・・・
DSCN9013_R_20180326215551ad0.jpg

今歩いてきた尾根
DSCN9021_R_20180326215554676.jpg

壮観
DSCN9038_R.jpg

もう一息
DSCN9068_R_20180326215708756.jpg

楽古岳登場
DSCN9070_R.jpg

広尾方面も
DSCN9079_R.jpg

ピーク直下
風が出てきている
DSCN9085_R.jpg

楽古岳へ続く国境稜線
DSCN9088_R.jpg

さ!ピーク・・・・
ではなくこれはニセ。
DSCN9096_R_20180326215803293.jpg

本ピークはその50m先
DSCN9105_R.jpg

とーちゃーく~!
DSCN9107_R.jpg

来た道
DSCN9115_R_20180326215808238.jpg

向かうオムシャ方面
山だらけ~
ピリカヌプリ、トヨニなど名峰が続々。
DSCN9116_R.jpg

楽古岳方面
DSCN9119_R_20180326215916056.jpg

これから下りる北側の稜線も結構急。
ストックからピッケルへ変更
DSCN9122_R_20180326215918206.jpg

よくきたね~
この辺から風が少々強まる
DSCN9138_R_2018032621592215e.jpg

予定時間を超過しているので少々写真を撮って前進する
IMG_1581_R.jpg

まずは壁。
一気に標高差250m下る
DSCN9150_R_201803262200377a9.jpg

日高十勝岳北尾根を下る


何度見ても飽きない
DSCN9145_R.jpg

急斜面苦手なⅯさん
滑ったら数百M落ちます。
慎重に~
DSCN9173_R.jpg

難所クリア~
DSCN9194_R_20180326220042455.jpg

どこまでも続く稜線
DSCN9193_R.jpg

青空と十勝岳
DSCN9234_R_20180326220154998.jpg

素敵な稜線が続く
IMG_1602.jpg

ほんと天気に恵まれた
最高の冬山日和
DSCN9248_R_20180326220156fae.jpg

オムシャを裏側から
DSCN9258_R.jpg

十勝岳ってほんとかっこいい
DSCN9267_R.jpg

長大テカテカ斜面
落ちたらタダでは済みません・・・汗
DSCN9270_R_20180326220200159.jpg

細かいアップダウンが続く
DSCN9287_R.jpg

奥の白い奴が1343峰
DSCN9293_R.jpg

風も少なめのここいらで・・・
(1343と1249の中間コル)
DSCN9304_R.jpg

お待ちかね山頂ジンギスカン!!
やはり格別
DSCN9308_R.jpg

最高のロケーション
DSCN9313_R.jpg

のんびりしすぎて雲が出てくる
十勝岳はガス中
DSCN9324_R_20180326221319266.jpg

先を急ぐ
1343峰目前
DSCN9335_R.jpg

日高らくし見た目より険しく時間がかかる
DSCN9330_R.jpg

Mさんいいところ立ってるね~
DSCN9368_R_20180326221323086.jpg

1343峰ピークからオムシャの双耳峰
DSCN9371_R.jpg

東峰に向けコルへ下りる
DSCN9375_R.jpg

登り返し
DSCN9387_R.jpg

東峰は結構な岩山
DSCN9409_R_201803262217192e6.jpg

ピークにはテーブル状の岩
のっかてみる
DSCN9425_R_201803262217206e9.jpg

下からⅯさん撮ってくれる
IMG_1574_R.jpg

オムシャのコルへ
標高差100m弱を一気に
DSCN9442_R.jpg

怒涛の登り返し地獄に疲れる・・・
DSCN9444_R.jpg

コルから十勝岳方面
DSCN9453_R.jpg

東峰方面
DSCN9448_R.jpg

気合を入れて西峰への最後の登り返しに挑む
DSCN9452_R.jpg

せ~てん日高
DSCN9462_R.jpg

西峰ピークから
野塚岳~ぜーん見え!
DSCN9475_R.jpg

もはや雲中十勝岳
しかしいいタイミングだった。
DSCN9494_R.jpg

オムシャヌプリ西峰ピークから


オムシャヌプリの南へ延びる尾根から翠明橋を目指す
DSCN9505_R.jpg

いい感じの雪で下りやすい
DSCN9511_R.jpg

張り出した雪庇に気をつけながらどんどん標高を落とす
DSCN9528_R.jpg

一部細いところもある
DSCN9555_R.jpg

翠明橋確認
DSCN9566_R.jpg

沢への降り口はかなり急
ん???なんかおかしい。。。??
DSCN9568_R.jpg

あれ?渡渉して利用する予定の林道が・・・
ええええ・・・橋も落ちて転がっている・・・汗
DSCN9569_R_20180326222202665.jpg

わ・・・沢が大変なことに・・・
DSCN9575_R.jpg

野塚の大規模雪崩時かな・・・
反対側も大変なことになっていた
DSCN9578_R.jpg

これに西尾根つかって下りたら下りれなかったかも・・・汗
DSCN9580_R.jpg

えぐれまくってすごいことに・・・
DSCN9593_R.jpg

林道なんぞ跡形もなく
なんとか翠明橋のトンネルよりなら登りきれるかな・・・
DSCN9598_R.jpg

クレバスのように口を開いた地形を右往左往しながらなんとか反対サイドまで渡り
DSCN9610_R.jpg

国道まで直接登りきったときは日没寸前・・・
DSCN9614_R_20180326222429923.jpg

御覧の通り林道はなく、かかっていた橋も完全に崩落しています。
DSCN9619_R.jpg

入山時全然気づかなった沢の雪崩。法面、林道の崩落
たまたま戻れたからよかったが、知っていたら十勝岳ピストンにしていたな~
しかし前回の落合岳に続き沢沿い絡みのルートの難しさ勉強になった山行でした

<登山データ>
■日時:2018年3月24日
■装備:BC装備
■時間:約11時間30分  (休憩・山頂ジンギスカン・写真含)
■人数:2人
■途中会った登山者 
・なし

omusya.jpg

omusyalog.jpg
スポンサーサイト

[edit]

« 観音山(様似)・蓬莱山(新ひだか町)  |  日高本線(様似~汐見)各駅巡り »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spyama2525.blog.fc2.com/tb.php/663-259975d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター