01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

双葉ダム773峰BC(京極) 

2018年1月28日 双葉ダム773峰BC(京極)

2年前に双葉ダムの工事が終了し95号線が途中まで入れるようになったので探検に出かける。笑
冬季はダム手前約2Kのゲートまで
DSCN6976_R.jpg

今日目指すのは773峰の南にある疎林地帯
ブログなどで適当なログは見当たらないのでどんな感じか楽しみ~
DSCN6995_R.jpg

直近の豪雪で林道も膝ラッセル
DSCN7013_R_20180128222734a31.jpg

林道で1時間汗をかく
DSCN7020_R.jpg

途中頼もしいMさんにラッセルを代ってもらう~
DSCN7022_R.jpg

雪が断続的に降り続く
前方に目指す大斜面
DSCN7040_R_20180128222738e31.jpg

とにかく雪深い
DSCN7045_R_20180128222728dfe.jpg

急登ラッセルでへばる~笑
DSCN7053_R.jpg

巨大マッシュ
DSCN7068_R.jpg

ふかふかすぎ・・・・汗
DSCN7059_R.jpg

斜度もあるので滑走予定面をピットチェック
問題なさそう
DSCN7075_R.jpg

ひたすら急登ラッセラ~
DSCN7104_R.jpg

板でこれだけ埋まるドパウダー~
DSCN7113_R.jpg

長い林道アルバイトが報われそうな斜面群
DSCN7118_R_201801282229209df.jpg

雪庇のきれたところから773峰の台地へ出る
DSCN7155_R.jpg

本当な本倶登山へのルート開拓予定だったが
この深雪時に行けるような代物ではなかった・・・・笑
DSCN7158_R.jpg

雪庇の間からご褒美タイム
DSCN7167_R.jpg

全身にスプレー浴びるようなふわふわ感
アクセスは長いが斜面はかなり遊べる
DSCN7177_R.jpg

帰りは下りラッセルをさけペーパナイ川の上流から95号線を目指す
これが裏目にでる・・・
地形図にない小沢がかなり多く苦労する
DSCN7201_R_20180128223119be6.jpg

双葉ダム1K地点に出る
DSCN7208_R.jpg

冬季閉鎖のゲートまで道路を滑走
*一般車ははいれませんがゲートからダムまでは除雪は入ります。
DSCN7211_R.jpg

道路を1K滑走してゴール
お疲れさまでした!
DSCN7213_R.jpg


<登山データ>
■日時:2018年1月28日
■装備:BC装備
■時間:登り3時間20分   下り 2時間20分   (休憩・写真含)
■人数:2人
■途中会った登山者 
・なし

futabalog.jpg

futaba.jpg


[edit]

ニセコチセ&ニトBC 

2018年1月27日 ニセコチセ&ニトBC

雪が降りまくっているので今シーズン3回目のニセコ
パノラマライン行き止まりからIN
ツアーや外国人ばかりです
DSCN6872_R.jpg

今日は雪模様です
DSCN6889_R.jpg

まずチセを南東のコルから登る
DSCN6892_R.jpg

一瞬見えるニト方面
DSCN6898_R_20180129220511dd2.jpg

チラチラニト
DSCN6905_R.jpg

まめつぶMさん
DSCN6906_R.jpg

ニセコローカルのJちゃんと二度目のセッション
今日はシューは埋まりまくり
DSCN6909_R.jpg

天気悪いので適当なところから落とす
DSCN6915_R.jpg

う~む。視界ふりょ~
しかし雪はさいこう!!
DSCN6918_R.jpg

激パウ
テンション↑Jちゃん
DSCN6929_R.jpg

続いてコルからニトに登り返す
DSCN6932_R_2018012922063183d.jpg

こちらも天気はイマイチ
DSCN6955_R.jpg

風も強いのでこちらも適当なところでやめる
DSCN6959_R.jpg

ふけ~~~!
ふかふか斜面満喫
DSCN6963_R.jpg

久しぶりの超ぱふぱふ面白かった~
DSCN6970_R.jpg

この先はつーこー止めよ!
IMG_0550_R.jpg

M&Jコンビ
IMG_0546_R.jpg

夕食は京極で穴場的焼肉屋さん
IMG_0557.jpg


<登山データ>
■日時:2018年1月27日
■装備:BC装備
■時間:5時間  (休憩・写真含)
■人数:3人
■途中会った登山者 
・多数

chisenito.jpg

chisenitolog.jpg

[edit]

狩振岳~双珠別岳(登山界)BC 

2018年1月20日 狩振岳~双珠別岳(登山界)BC

天気予報で一番よさそうな北日高へ
今日は冷え冷えです
道中外気はマイナス18度
IMG_0495.jpg

本日は未踏の二山
狩振岳から数年前強風で途中撤退している双珠別岳への縦走BCです
占冠の最終除雪地点
DSCN6442_R.jpg

朝陽が染まる狩振岳へ向けて畑をショートカット
DSCN6448_R_2018012117412335d.jpg

振り返るとトマムスキー場がきれいに
DSCN6452_R.jpg

森林地帯へ突入
DSCN6468_R_20180121174126810.jpg

予想より積雪が少ない
こりゃ帰りは藪スキーか!
DSCN6476_R_20180121174128e1d.jpg

目印の送電線を通過
DSCN6482_R.jpg

だいぶ雪も多くなる
DSCN6492_R.jpg

おやつかわりに赤飯
DSCN6496_R.jpg

この山域は雪が軽くラッセルしやすい
DSCN6501_R.jpg

動物の足跡が多い
DSCN6506_R.jpg

狩振岳がちらちら見える
DSCN6510_R.jpg

稜線も近づく
DSCN6525_R.jpg

眺望も効いてくる
DSCN6530_R.jpg

光がまぶしい
DSCN6537_R.jpg

日差しが入ってくると樹氷がきれいすぎる
DSCN6540_R.jpg

空とのコントラストが美しい
DSCN6542_R.jpg

さ~北日高のどんな眺望が顔をだすのか~
DSCN6550_R.jpg

予定通り1233の西に出る
晴天!
DSCN6552_R.jpg

青い空と真白雪原
DSCN6553_R.jpg

稜線からトマム山
DSCN6566_R_20180121174549952.jpg

十勝連邦もバッチリ!
DSCN6568_R.jpg

気温が低いので樹氷がすごいことになっている
DSCN6570_R.jpg

絶景稜線を狩振へ板を走らせる
DSCN6581_R.jpg

振り返る。晴天で今日はなにもかもが絶景
DSCN6584_R.jpg

ピークまであと少し
DSCN6600_R.jpg

この山域は滑り天国
DSCN6605_R.jpg

山頂へ導くように動物トレース
DSCN6610_R.jpg

直下はハエマツが少々顔をだす
DSCN6616_R.jpg

ほどなく山頂
十勝方面
未踏のオダッシュ山がお出迎え
DSCN6636_R.jpg

十勝平野
DSCN6638_R.jpg

照らされる国境稜線
鎮座する双珠別岳
近く見えるが3K弱ある
DSCN6640_R.jpg

とんがりニペソツ遠望
東大雪もばっちり
DSCN6647_R.jpg

今来たトレースがきれい
大斜面は最高の滑走場
DSCN6656_R.jpg

晴天狩振岳(動画)


トマム山~落合岳
DSCN6675_R.jpg

十勝連邦
DSCN6680_R.jpg

日高町方面
DSCN6681_R.jpg

大展望を堪能して双珠別岳に向かう
ハイマツやシュカブラを避けて少々標高を下げてフカフカ地帯を行く
DSCN6683_R.jpg

標高差200Mをまさかのシール滑走~笑
DSCN6696_R.jpg

中間コルから狩振岳を眺める
DSCN6701_R.jpg

今日はほんと大当たりの日だ
DSCN6718_R.jpg

標高約200M強の双珠別岳への登り返し
DSCN6729_R.jpg

この晴天を一人占めは贅沢だ
DSCN6738_R.jpg

飛行場?笑
DSCN6740_R.jpg

双珠別ロックオン!
ん?山頂に人が!
DSCN6744_R.jpg

もう一息
DSCN6756_R.jpg

山頂はこれまた大展望
DSCN6766_R_201801211750512c8.jpg

狩振方面
DSCN6774_R.jpg

遠くに狙っている同じ名称の双珠別岳。いわゆる林業界の双珠別岳
本日登頂のこの山は登山界の双珠別岳。
どっちか名前変えればいいのに・・・・笑
DSCN6771_R.jpg

山頂でお話した日勝7合目付近からいらっしゃったというテレマーカーの男性の方
山力の高い素敵な方でした。同じ歳&偶然自宅もご近所でした~
お互いブログ名交換したのですが、伺った名称で検索が出てこず・・・泣
もしブログみたら教えてくださ~~いませ~。
DSCN6762_R.jpg

約30分程度談笑して戻る
DSCN6780_R.jpg

予報とおりこれから天気が崩れそう~
DSCN6788_R.jpg

帰りは近道をして大きくトラバース
DSCN6818_R.jpg

本当はこの斜面一本滑りたいが、まだ先は長いのであきらめる
沢底まで滑ればかなりロングで楽しめそう~
DSCN6826_R.jpg

朝のトレースと合流(振り返る)
DSCN6836_R.jpg

天気は急速に悪化~
先ほどまでの抜けるような青空はいずこへ~
DSCN6852_R.jpg

滑走~
上はそこそこ疎林でかるかる~
下は藪山滑りです!笑
DSCN6854_R.jpg

送電線から先はほとんどオートマチック滑走で駐車ポイントまでらくらく
雪雲がくる直前にゴール!!
DSCN6866_R_20180121175604326.jpg

久しぶりに日高高原山荘で汗を流してそば太郎で食事
お疲れさまでした!
IMG_0530_R.jpg

<登山データ>
■日時:2018年1月20日
■装備:BC装備
■時間:登り3時間50分   下り 1時間50分   (休憩・写真含)
■人数:単独
■途中会った登山者 
・双珠別岳山頂でテレマークの男性

karifuri.jpg

karifurilog.jpg

[edit]

和宇尻山BC 

2018年1月13日 和宇尻山BC

一旦樺戸方面に向かうも途中から吹雪になり引き返す
夕方から新年会があり時間の制約があるので近隣の低山に作戦変更~
未踏の和宇尻山へ

オーンズをかすめて乗馬クラブの手前の林道から入山
DSCN6210_R_20180114145527dd1.jpg

林道には馬トレースがうっすら~
馬トレースは初体験!笑
DSCN6217_R.jpg

小動物の足跡が無数に
DSCN6234_R.jpg

林道を離れ一旦取り付く
DSCN6244_R_201801141455325ea.jpg

札幌近郊は晴
わずか数十キロで天気の差がすごい
DSCN6252_R.jpg

森林を抜ける
DSCN6268_R.jpg

急登が始まると少しだけ疎林になる
ツリーランが楽しみ
DSCN6290_R.jpg

前日の降雪で雪は軽かるパウダー
DSCN6311_R.jpg

急登ラッセルに汗をかく
DSCN6325_R.jpg

眺望最高
DSCN6331_R_20180114145756ba2.jpg

斜度が緩む
DSCN6341_R_20180114145758f67.jpg

日差しがきれい
DSCN6348_R.jpg

平坦地形に入る
DSCN6351_R.jpg

ほどなく山頂~
DSCN6385_R.jpg

石狩湾
DSCN6394.jpg 

眺望が良いのでまったりお菓子タイム
DSCN6406.jpg

定天?
DSCN6382_R.jpg

手稲山
DSCN6375_R.jpg

茂みの先が春香山
DSCN6388_R.jpg

下りはパウダーツリーランがGOOD
この山登り返しなく下りれてとても快適!
DSCN6430_R.jpg

あっという間に馬トレースに戻る
DSCN6439_R_201801141458136fb.jpg


<登山データ>
■日時:2018年1月13日
■装備:BC装備
■時間:登り2時間40分 下り35分(休憩・写真含)
■人数:2人
■途中会った登山者 
・なし

wausu.jpg

wausu2.jpg


[edit]

銀山BC 

2018年1月8日 銀山BC

約2日弱小樽ニシン釣りに没頭し、そろそろ飽きてきて赤井川界隈の小山へ
取りつきポイントは案外雪少なめ
DSCN5957_R_20180114132229032.jpg

来月脚の手術を控えてるので今シーズンは無理せず低山でノンビリハイクです。
DSCN5967_R.jpg

少々林道で汗をかいてから取りつきです
DSCN5981_R_201801141322325da.jpg

すぐに予定より一本東の尾根と気づくが、そのままこの尾根を利用することにする
周回ルートに変更~。笑
DSCN5993_R.jpg

標高も低いので積雪も1Mはなさそうです
送電線を通過
DSCN6001_R_201801141322351b5.jpg

タラの芽街道・・・
DSCN6010_R.jpg

標高あげるといい斜面が沢山でてくる
DSCN6046_R.jpg

Mさんも今シーズン2度目のハイク
DSCN6053_R.jpg

眺望はGOOD!
DSCN6071_R.jpg

滑りやすそうな沢は最近の気温上昇でことごとく割れまくっている・・
3月のような気温
DSCN6070_R.jpg

コルにでる
DSCN6080_R.jpg

山頂の電波塔見えてくる
DSCN6095_R.jpg

雪庇を乗り越して
DSCN6099_R.jpg

山頂~
羊蹄山は裾のみ~
DSCN6141_R.jpg

岩内・雷電岳方面
DSCN6122_R_20180114132533f89.jpg

積丹岳方面
DSCN6131_R.jpg

セッティングして~
DSCN6155_R.jpg

おとす~
DSCN6166_R.jpg

疎林たのしい~
DSCN6176_R.jpg

重パウ・・・・
DSCN6191_R.jpg

一本西の尾根下は雪不足で枝&小沢が邪魔する
DSCN6201_R.jpg

最後林道&取りつきポイントと合流~
DSCN6203_R.jpg

<登山データ>
■日時:2018年1月8日
■装備:BC装備
■時間:往復約4時間強(休憩・写真含)
■人数:2人
■途中会った登山者 
・なし
ginzan.jpg

ginzaz20180108log.jpg

[edit]

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

知人ブログ

GPV気象予報

現在の訪問者数

カウンター